モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

イタリアの牛乳事情 ラッテ クルドの衝撃

ルイジが生まれてから育児で精一杯であまりニュースを見たり、遊んだりしていなかったが、昨日はお友達が我が家に遊びに来てくれた。
幸い雪は雨にかわっていたが、寒かったし、日曜日に近所の牧場で買ってきた牛乳があったので、ラテマキアートでも、、と牛乳について話ながらコーヒーを淹れていた。

そこで、日曜に牧場の牛乳スタンドに行ったらスタンドの販売機の上に「4度以下の場所で3日間が賞味期限。飲用する場合は必ず沸騰させること」という注意書きが貼られていたことを思い出し、「誰かお腹壊しちゃったのかな-」と言うと、お友達から衝撃的な話を聞いた。

「だってラッテクルドは殺菌とかされていないものだから昔は売ってはいけなかったけれど、最近売られるようになって、でも若い人とかはそのことを知らないから沸騰させずにそのまま飲んでお腹壊したりするんだって言ってたよ」
確かに、、言われてみればわざわざラッテ(ミルク)にクルド(生の、加熱されていない)という言葉をつけているのは、本当に加熱殺菌していないからなのか!!

全く知りませんでした。私も「さすが搾りたては美味しい」と思いつつゴクゴク飲んでました。
低温殺菌とかでもなく、全く殺菌されていない牛乳を売っているなんて、想像もしなかった。でも、確かにあの牛乳、3日過ぎたらへんな匂いがして、分離が始まり、7日たつとチーズのようになってしまう。「自然な感じでいいなあ」と思っていたけれど、ちょっと自然すぎ?

ちなみに私はいつも購入当日はそのまま飲み、2日目以降は加熱し、3日目以降は料理に使っていて、この牛乳でお腹を壊したことはないし、購入当日母にも飲ませちゃったけれど、母も大丈夫だったようだ。
しかし「沸騰させないと飲用できない牛乳」って日本人は想像しないよなあ??
殺菌されていない、本物の搾りたて牛乳を売っているって、さすがイタリアは奥が深い。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-02-03 17:07 | 飲み物
<< 乳児湿疹と母乳の関係 イタリアで布おむつ >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧