モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ヴェネトでポレンタ

昨日の日曜日、お天気もなかなかよかったので、あまり遠くないどこかへドライブへ行こう、という話になって、ステファノの釣り友達が住むパドヴァ県の丘陵地帯に行ってきた。
パドヴァ県、と言っても我が家から車で1時間半ほどの場所。カルピってエミリアロマーニャでもかなり北なので、ロンバルディアにもヴェネトにもとても近い。
そんな訳で軽いドライブがてら到着した丘の上のレストランで私はサルシッチャと黒トリュフ、グラナパダーノのポレンタ、ステファノは猪のポレンタを食べた。
d0140003_16285038.jpgd0140003_16291598.jpg










しかしこのレストランのカメリエーレ、すごいヴェネトなまりで私は聞き取りに結構苦労した。
ヴェネトって近いけれど、本当にアクセントが違うんだなあ、と実感。
その後ステファノの釣り友達と合流して、普通の街中の川で釣りが始まった。
ステファノの釣り友達のこの青年、25歳で日本企業の工場で働いていたらしいが、この不景気の煽りで自宅待機になってしまい、夜はピッツェリアでピザ職人の補助の仕事をしているらしい。別れた彼女の名前を漢字で刺青してしまっている典型的なイタリアの若者だけど、人柄はとても良いようだ。(そしてやっぱり釣りが大好き)
しかしイタリアの工場って本当に簡単に首切りするんだなあ。先日もたしかヴェネトでパナソニックの工場が閉鎖になってみんな騒いでいたし、日本企業もイタリア工場維持は難しいのだろう。税金も高いし、人件費も高いし。労働力として優秀か疑問だし。
フィアットの車はイタリア生産でなくチェコ生産になってから大分質が上昇して、故障が減ったというウワサもあるくらいだし、、。(私たちがシトロエンのC1を購入したのもトヨタのチェコ工場生産と聞いたからだし)

ちなみに釣りした川は左の写真。レストランは右の写真のようなところにあった。
d0140003_16443614.jpgd0140003_16445840.jpg










しかし本当に普通の川だ。なぜわざわざここまで車で1時間半もかけて釣りに来るのだろうか?ステファノ曰くここでは大きなルッチョ(川カマス)が釣れるらしい。釣り友達は先日2キロ以上の大物を釣ったと写真を見せてくれた。確かに大きい。
しかし残念ながら昨日の日曜日は魚も寝ていたのか、何も釣れず。まあ、そんな日もあるのだろう。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-11-17 17:03 | 小旅行
<< タリアテッレの謎 最後の検診 胎盤の老化 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧