モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

鴨とステファノ ガルダ湖にて

昨日は本当に天気がよく気温も20度前後と行楽日和だったので、ガルダ湖までドライブに行ってきた。ガルダ湖は夏の間はものすごい混雑で、途中の道の渋滞がすごいので、行かないようにしていたのだが、10月に入ったし、人も少ないだろうと思ってのこの行動、、しかしみんな考えることは同じようでやはりすごい渋滞だった。特にドイツ人!40%くらいの車がドイツナンバーなんですけれど?
途中、湖沿いの道を15キロ進むのに1時間かかり、「自転車より遅いよ」と二人でげんなり、、
お目当てはいつものレストランでの魚三昧の食事だけど、予定より30分遅れで到着。カワカマスのケッパ-風味とマスのマリネのポレンタ添えを食べてからナゾの魚のムニエルをレモンで食べた。(この魚、辞書にないから全く理解不可能。やはり湖の淡水魚らしい)
パンナコッタのカラメルソ-ス添えを食べて、満足し、湖畔を散策。
d0140003_15223090.jpgd0140003_15225088.jpg










そこでかわいい鴨君に出会い、エサもないのにエサをやる素振りを見せて鴨と戯れるステファノ。この鴨、本当に人懐っこく、ずっと私たちの後を「エサくれ-!」って追いかけてきた。ステファノが「中国人につかまったら食べられちゃうぞ」と心配していたけど、、、
d0140003_15405027.jpg我が家の近くの排水溝(農業用水?)やため池でよく中国人がうれしそうにザリガニ釣りをしているのを見かけるのだけど、あれはイタリア人には脅威らしい。
確かにイタリア人もザリガニを「川のエビ」とか言って食べるけれど、うち近所の汚い排水溝から釣ったものは食べられないらしい。(パスタにして食べて病院に送られたアルゼンチン出身の同僚はいるらしい)しかし中国人はよく嬉しげに釣って持ち帰っている。さすが「肥溜め直送の人糞で有機ザリガニを育てて出荷する」中国人だ。(詳しくは猛毒大国 中国を行くという本に書いてある)
帰り道では車から中国人の野草狩りを目撃。「中国人がナゾの野草を摘んでいる。あれ、イタリア人は食べないけど、どうやって食べるんだ?」と聞かれて困った。「知らないけど炒めるんじゃない?」と答えておいた。田舎でも中国人はたくましい。
ちなみに妊娠30週を過ぎた私は急激に体重が増え、服も着られるものがほとんどない。
買いたくないけど、買わないとダメかも、、。
ついこの間まで168円くらいだったユ-ロが141円まで来ているから、冬服、何か買いに行こうかなあ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-10-06 15:56 | 小旅行
<< バスタブがない家のベビーバス ベビー服選び >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧