モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

中国のお酢と冷やし中華

あいかわらず暑い日が続くモデナ、、夏になるとジリジリと肌を焼く太陽の感触がインドを彷彿とさせて、いつもインドに旅行したくなる。
楽しいインド旅行。子供が何歳になったら行けるのだろう、、。

そんなインド妄想以外にここ数日私の頭から離れなかったのは、「冷やし中華」。
冷やし中華って日本の夏って感じがして、一度イメ-ジするともうすごい勢いで食べたくなる。
(私だけでしょうか?)
特にゴマダレの冷やし中華だ食べたいけれど、家では毎日大量にとれるトマトやキュウリを消費する義務もあるので、やっぱりお醤油と酢ベ-スのタレで!と思い、早速近所の中華食材屋さんにお酢を買いに走った、、。
(うちにあるワインビネガ-やバルサミコではやっぱり和食には合わないので)

友人に「ボロ-ニャの中国食材屋さんにはミツカン酢も売っていた」という情報を聞いていたので、きっとカルピにもあるだろう、と踏んだのだが、結果は、、黒酢しかなかった。
カルピやモデナの中国人って圧倒的に上海周辺地域の人が多いんだけど、このカルピの「中国百貨店」PC、携帯から道教の神様の飾り物、鍋、炊飯器、テレビ、中国野菜、漢方薬、欧州華人新聞、豆腐、野菜の種、食材一般も揃っていて、ハウスのチュ-ブワサビも売ってるからミツカン酢もあると思ったけど、甘かった。別に千鳥酢が欲しいなんて贅沢は言わないから、せめてミツカン酢をおいてほしいなあ。

まあ、この黒酢、上海留学時代には小龍包などにつけると日本の酢より美味しかったし、中国風の「黒酢冷やし中華」も美味しいかと思い、早速家で調理してみた。
d0140003_1613617.jpg

キュウリの切り方が私のガサツな性格を物語っている、、。
体重が増加気味なので、野菜メインで玉子なしの冷やし中華。先日打っておいた中華麺で。
しかし、タレが、、やはり中国の酢は主張が強すぎていただけない。このお酢ってこんなに臭かったっけ?それとも腐ってる?
私の舌がイタリアの超ナチュラル味付けになれて変わってしまったのか、今では中国製の調味料のほとんどに不自然な味を感じて食べられなくなってしまった。

本日の教訓、、冷やし中華は「中華」と言えども和食なので、日本の酢を使ったほうが美味しい。日本帰国時に美味しいお酢を買ってこよう。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-13 16:08 | イタリアン以外
<< 妊娠18週 初めての胎動 戌の日 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧