モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ボート会議

皆様にご心配をおかけしましたが、、我が家のボロボート、無事でした。
d0140003_1755126.jpg

でも最近の雨でボートの中にも水が溜まっていて、それを一所懸命バケツで汲みだすステファノ。ボ-ト用に汚れの目立たないシャツを選んでいたけれど、暑い日にその色は失敗だったのでは?

会議では、ボ-トオ-ナ-側からテレビカメラと照明の設置を要求。管理人側から来年度の管理費の値上げと大型ボ-ト所有者への特別料金の提示などが話し合われた。
大型ボ-トについてはクレモナ市から環境保護のために大型ボ-トへ課金する方式が採用されたから、と言っていたけれど、税金ではないようだった。だいたいあそこはマントヴァ県なのに、なぜ?とも思うけれど、大型ボ-ト所有者はたった2名。彼らと話し合って決めてもらえば、私たちには関係ない。

この会議、出席者はもちろんみんなイタリア人でその場の外国人は私一人。街の中心には移民が沢山いるけれど、こういう郊外のリゾ-ト地(有名観光地でないところ)には地元のイタリア人しかいないので、非常に目立つ。
私も小学生くらいの男の子に凝視され、けっこう居たたまれなかった。
ステファノと牛肉の買出しに出かける、トスカ-ナの(農場主兼肉屋オ-ナ-経営の)アグリツ-リズモに泊まる時も、いつも他のイタリア人たちのあからさまな視線が痛い。
このアグリツ-リズモ、7家族が住んでいる小さな集落にあり、そりゃ外国人なんか来ないようなところだ。
でもあまりにジロジロ見るのも失礼だと思うけど、、。(もう慣れたけれど)

とりあえずボ-トが無事だったので、ほっと安心。ジェラ-トを食べながら帰途についた。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-06-23 17:20 | イタリア生活
<< 妊婦とフンギ(きのこ) トマトソース考 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧