モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ルイジと保育園

ルイジが保育園に通い出して1ヶ月。
すっかり慣れ毎日楽しそうに登園する姿を見ると微笑ましい。
家から2キロほどのところにある田んぼの中の保育園へは朝8時半に車で送って行き、ステファノの仕事が終わる5時過ぎまで預かってもらっている。
登園するとまずは園内で遊んで、おやつ、散歩、11時からお昼を食べて12時から2時間ほど昼寝をし、また園庭で遊んで、おやつを食べ、親の迎えを待つ生活をしているようだ。
ルイジの言葉はものすごく進歩していて、しかも日本語とイタリア語をちゃんと使い分けていて、本当に感心する。
土日は基本的にステファノと過ごすのでイタリア語で話すし、保育園や私とは日本語で話すので、語彙数はどちらも同じようなものだと思う。
電車、いっちゃったね、とか、チョコ食べるの、とか2語文がしっかり言えるようになったので意思の疎通もとりやすくなり、本当に良かった。
ちなみに山にかかる雲を見て、いつも「ふーもふーも」と言っているのは日本語の雲と言いたいのかイタリア語の「煙」の意味なのかちょっと考えてしまう。
きっとイタリア語なんだろうな、、
服も自分で着ようとするようになったし、だんだん赤ちゃんから子どもになっていく様子を見て、嬉しくもあり、寂しくもあり、、
先日は保育園の親子遠足で飯島町の公園へ行ったのだが、おたまじゃくしに夢中で、「ちゃかなー、ぺっしぇ、ほしいのー」と言いながら捕まえる様子がすごくかわいかった。
d0140003_8104389.jpg

d0140003_8114423.jpg

ちなみにこれが保育園のお庭。タイヤの感じがなつかしいし、使い古した消防車とかが置いてあってちょっと東京にはもうない感じ。
d0140003_816579.jpg

ちなみに保育園に払っているお値段は、
6月までが2009年度の収入に基づいて算出されていて、ステファノのユーロベースの給与(月2500ユーロくらい)から換算して月3万4千円。7月からは去年の収入(ステファノ無職)で換算するので、なんと月3400円!!これで給食代も込みとは、、、!!
これにプラスして、我が家は共働きで延長保育も頼んでいるので、延長代月5000円。
保育園代はイタリアより日本のほうが確実に安い気がする、、3歳以上はともかく、2歳児はみんな月500ユーロ弱払ってたもんなあ、、

イタリアと日本、どちらが生活しやすいか色々見ながら家族で考えて行こうと思う。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-06-07 07:56 | 出産、育児
<< ステファノの仕事 駒ヶ根の休日 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧