モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

最後の難関?子どものパスポート

ルイジのパスポートは生後3ヶ月に日本へ一時帰国するために取得したものだ。
写真は当然生後3ヶ月のときのもの。
日本のパスポートは5年、イタリアのものは10年の有効期限のものを受け取った。
(現在はイタリアでは新生児には3年有効のものを発行しているらしい)
3ヶ月の時の写真と10歳ではもう本人か判断するのは不可能だろう、とは思っていたが、2歳現在でもルイジの顔はずいぶん違う。
イタリアのパスポートは毎年1回、40ユーロくらいの収入印紙を貼らないと使えないらしいので、日本への出発に備えてステファノはその収入印紙を買いに警察まで行った。
そして、ルイジのパスポート用の印紙を購入しようとした際に、「子どもの顔がかわっていたら出入国拒否されるぞ」と言われ、現在のルイジの写真を見せたところ、「これは絶対アウトだからすぐに新しいパスポートを申請しろ」と指示された。
そのため、私達は出発までちょうど1週間となった金曜日の朝一番、ルイジの新しいパスポートを申請してきた。
来週木曜日の朝8時半に受け取れる、と言われているが、出発前日。間に合うのかね?

私は入国ならともかく、両親そろってイタリアから出国する際に出国拒否されることはありえない、とかなり強く主張したのだが、ステファノは警察が言うのだから、と新パスポート申請を決行。
私が一人で子どもを連れ帰るなら、父親から子どもを奪って祖国へ帰る母親?疑惑で出国拒否される可能性があったとしても、家族三人に出国しようとしてるのに拒否される可能性ってほとんどないと思うけどなあ、、
そして、万が一木曜日にパスポートが手に入らないと、ルイジの航空券は無効となってしまうだろう。(日本パスポートは名前が違うし、航空券はイタリア名で予約しているので)
しかし、ステファノは絶対間に合うと強気。以前会社の同僚がアフリカ出張の前日にパスポートを申請して当日に受け取ったのを見たことがあるからだそうだ。
(もちろんカルピではできないのでモデナまで出向いて会社が手配したそうだけど。)会社が頼めば
何気に小回りきくのかな?イタリアの役所?
そんな訳で移住前の最後の大仕事はルイジのパスポート。ああ、ドキドキ。
ちなみに生後3ヶ月時と現在のルイジの顔の違いはというと、、、
d0140003_18111380.jpg
d0140003_18192255.jpg

確かに同一人物かわからないよな?逆に言うと、いいの?日本のパスポート?
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-01-08 18:23 | その他
<< 無事着いてます 在留資格認定証明書と東京入国管理局 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧