モデナの食卓 Da Stefano


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿をはじめました。キッチン付き民泊Da Stefano。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

宿の予約はairbnbか下記のメールでどうぞ。
miwakokageko@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

在留資格認定証明書と東京入国管理局

移住予定日まであと10日を切った。
主人は税金類や保険の支払いや友人との食事に追われている。
銀行口座もインターネットバンキングできるようにしたし、荷造りも着々としているが、一つ大誤算だったことが主人の在留資格認定証明書。
実は申請を8月、一時帰国時に日本でしたのだが、3-6ヶ月で発行されるといわれていた在留資格、なんと9月末に届いたのだ。
「流石日本のお役所。イタリアと違って仕事が速いね」と大喜びで受け取った在留資格認定証明書。発効日は9月30日。そしてじっくり読むと「発効日より90日以内に上陸しないと無効になります」という文字が、、、
9月30日から90日以内に上陸、、、だとすると12月末までに日本入国しないとダメってことになる。
主人は1月にイタリアの税金や保険の支払いをしなければならないので、1月10日以前には出発できない。そこはハッキリしていたから申請書類には入国予定日を1月15日としっかり記入していたのに、入国予定日には無効になる書類送ってくるかな?普通、、、、
とちょっと驚きながら国際電話で確認すると、
「品川の入国管理局永住部門まで書類を持ってくれば再発行してくれる」とのこと。
大切な書類なのでなくならないように、イタリアに来ていた母に持って帰ってもらって、品川まで持って行ってもらうと、母の帰国日の関係もあって10月末の申請になるけれど、1月15日の入国に間に合うように書類が届くか聞くと
「こちらのミスでもあるの早く発行します」との返事。
さすが日本。と安心して母に10月21日に再申請してもらった。

が、12月になっても在留資格認定証明書は届かない。
再びイタリアから電話すると、「これは12月末には発送できます」との返事。
で、待ってみたけど、まだ届かない。で、1月も5日となった今日電話してみたら、「これは最終段階に入っているので今月末には発送できます」とのこと。

こんなこともあるかも?と日本入国の航空券は往復で買っておいたから良かったけど、これ、片道の航空券だったら入国すらできないから出発日変更しなきゃならないところだった。

とりあえず入国時は短期滞在の3ヶ月扱いで入国して、1月末に書類が届いたら東京入管で直接在留資格の変更をすることになるけど、主人は書類が届くまで働けない、、、
8月に申請していてこの仕打ちってちょっとひどくない?
日本だと思って油断していたー。
まあお役所はみんなそんなものなのかね?一般企業なら許されないミスだと思うけれど、、
と毎回イタリア時間早朝5時に起きて国際電話する私はちょっと頭にきて「10月21日に再申請する前に確認したら、そちらのミスだから早く発行してくれるとの話だった」と言うと「他の案件より早く処理してるんです」との返事。確かに「早めに発行する」と言われただけで「絶対間に合います」とは確約されてないけど、仕事も決まってるからと事情も説明したのにさあ、、
d0140003_1455748.jpg

遅くなったけど、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
最近のルイジはプラレールを階段に設置して遊ぶのがブーム。階段、遊ぶには寒いと思うけどなあ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-01-05 14:20 | 日本移住
<< 最後の難関?子どものパスポート ルイジとイタリア鉄道 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧