モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

タグ:民泊 ( 4 ) タグの人気記事

キッチン購入と解体作業

春休み中は私が休みの平日はルイジと過ごしたり、休日は仕事が忙しかったりだけで、あまりブログを更新できなかったけれど、
改装作業、始まりました!
とりあえず長くてふるーいキッチンを取り外し、廃棄物処理屋さんを呼んで捨てる箱?みたいなのを持ってきてもらって。

キッチンはIKEAで購入。
淡いグリーンのハイグロスタイプで、配管の位置を変えずにできる一番短いサイズ、210cmにしました。
賃貸仕様なので価格をおさえて、見積もったら21万円だったのですが、ステファノがお客様が入っていないときにトマトの保存食作りに使うと言い出したのでシンクとレンジフードのグレードを上げて、約27万円に。
今週末に届くのがとても楽しみ。

床材と壁紙はサンプルをとってあるので、キッチンが届いたら色合わせをして決めてオーダー。
畳の表替えとキッチンと畳の部屋の間仕切りは見積りはとってあって、間仕切りの戸はセミオーダーになるみたいなので、これから打ち合わせです。

夏から営業できるかな??
その答えはステファノのみぞ知る。

d0140003_10433759.jpg
d0140003_10434742.jpg
今こんな感じだけれど、キッチンが入ってどうかわるのか??

[PR]
by mimicarpi | 2017-04-06 10:47 | 宿開業まで

働くママの悩み

イタリアに住んでいた時はステファノがフルタイム勤務で私がパート勤務だった。
祖父母が近くにいないので、とにかくステファノが稼いで、私がルイジの面倒を見ながら少し稼ぐスタイル。

長野に引っ越して、ステファノと私が逆転した。
私がフルタイム勤務(しかもホテルなのでシフトがあって土日も勤務)でステファノがパート勤務。
私の母は東京なので、やっぱりステファノがずっとルイジの面倒を見ていて、できる範囲で働くスタイルだ。

ルイジはすでに2年生。幸い毎日18時まで放課後は同じ学校の敷地内にある児童館(学童保育)に行っている。
私の仕事は18時にはなかなか終わらないので、ステファノが17時までの勤務でルイジを迎えに行く。
土日もステファノがルイジを見ているので、私は帰宅してから何をしたか聞くだけだ。
で、ルイジの宿題の作文に母は登場しない。
いつもお父さんと釣りに行ったとか、車を作ったとか、天竜川までサイクリングしたとかお父さんの話ばかり。

イタリアで、「ルイジがこんなにかわいいのに、仕事ばかりしてちっとも一緒にいられない!!」とキレて会社を辞めたステファノ。
今、とっても彼の気持ちがわかる。私ももっとルイジと遊びたい!!

で、土日も平日も休みなくルイジの面倒を見ているステファノ。
全くプライベートの自由な時間がないとちょっとイライラしている。
多分当時の私の気持ち、わかってくれたかな??

私は基本、ホテルの仕事が好きだけど、できれば土日休める仕事がいいなあ、と本当に毎日考えている。
今年こそ始める予定の宿はとりあえず週末限定にするつもりなので、休みならばステファノのお手伝いができるし、、
でも今の仕事辞めたらうちの生活は全く成り立たないし、、

東京に住んでいれば、以前働いていたような日本語学校などのように土日休みの職場も見つけられたかもしれない。
しかし、ここではそんな選択肢は皆無。カレンダー通り休みたければやっぱり工場勤務かな。

東京とここでは選べる仕事もかわってくる。私の中国語、オリンピックに向けて、東京に住んでいたら活用できただろうに、、
爆買い中国人に色々売る仕事してみたかったなあ、、不動産とかブランド品とか??(あ、それも土日休みじゃないか)

悶々と色々考えていても、とりあえずステファノが東京に住みたくないのは変わらない事実なので、ここでできるだけ楽しく過ごす方法を考えるしかない。

とりあえずは、自宅で宿を初めて、ステファノに経営してもらい、ステファノの年収が増えたら私の事も考えようっと。
d0140003_08461021.jpg
休みの日には、ネットで宿予定部屋改装用の床材などを選んでます。これは2Fの床。ステファノはしつこく床暖を入れたがっていたので、高級フローリングを入れて数年で張り替えになったらイヤなので、サンゲツのフロアタイルを選んで、既存の古いフローリングの上に貼りました。これ、木じゃなくてビニールっぽい素材だけど、リアルでしょ?ネットで「ヘリボーン床」なるものが人気なのを見てそんな風に貼ってもらいました。でも20畳あるので、これでも材料費で7万くらいはしたから、ちょっと数年で張り替えはイヤだなあ、、
1Fは和洋室なので大正モダン?を目指してもう少し濃い色の床にしようかな。タタミはフチなしにして、冬はコタツを入れたい、、



[PR]
by mimicarpi | 2017-03-01 09:01 | 出産、育児

宿開業準備 手続き編1

わが家の宿予定部屋の改装はあまりすすまない。
まず、ステファノがやる気になってくれないとすすまないんだけど、最近のステファノはなんか不機嫌で結構やっかいだ。

先日は客室にする予定の15畳のリビングダイニングの床の張り替えと畳替え、クローゼット作りに同意していたのに、いや、私たちの寝室の断熱工事が先だの床暖房工事するだの意見がコロコロ変わる。
なので、まあ、私一人でできること、まずは宿開業に必要な申請を済ませようと、ちょっと伊那市の合同庁舎内の保健福祉事務所まで行ってきた。

まず、開業の形態だけれど、一番手続きが簡単な「簡易宿所」に決定。
客室の広さが33㎡以下なので、宿泊者を10名以下にしなければならず、1名2畳以上必要という規定らしいので、定員は7名にするといいとアドバイスを受ける。(9畳はキッチンで6畳が畳の部屋なので4名くらいしか寝れないけど)

トイレや手洗いの数、布団の保管場所、専用出入り口の有無を図面で確認してもらい、とりあえず何も問題はなさそうなので、次回は記入した申請書類と2万3千円を持ってくるようにとのこと。
説明の時間も5分程度で本当に拍子抜けするほど気軽に始められそうな感じだった。

ただこの「簡易宿所」は食事を提供できない。
食事を提供するなら食品衛生法の関係で専用のキッチンや手洗い設備など非常に面倒な規定があるのだ。

ステファノが作ったイタリア野菜を宿泊するお客様に収穫してもらったり、食べてもらいたかったから、どうしようかと思案していたら、役所の方から「一緒に調理すれば食事の提供にあたらないのでセーフ」との助言が。
つまり、宿泊だけで食事の提供はない宿だけど、「イタリアの家庭料理を学ぶ」体験や「イタリア保存食づくり」体験をして、宿泊者からは食事代ではなく体験料を徴収するしくみは合法であるとのこと。う~ん。大丈夫なのかなあ?
大きなキッチン付きの部屋なので、確かに一緒に調理はできるけど。
そんなのやるなら近所のお母さんたちにお願いして野沢菜漬け体験とかもしてほしいかも。

しかし朝食はさすがに「体験」にするのも大変だし、提供できないからバリスタかなんか備え付けて、購入したパンを提供する、、例えば信州名物牛乳パンとか出して自分で食べてもらうとか??
考え始めると夢が広がるけど、ステファノ、早く機嫌なおらないかなあ。もう1週間くらい機嫌悪いんだよねえ、、
我が家1Fから見た南アルプス
d0140003_08403912.jpg
我が家2Fから見た中央アルプス
d0140003_08405052.jpg
ステファノにビシっと改装してほしい1Fリビング。なつかしい感じ。
d0140003_08411186.jpg

[PR]
by mimicarpi | 2017-02-14 08:45 | 宿開業まで

今年こそ、宿始めます!

2011年に日本に移住してきて、共働き、車1台でがんばって、
2014年夏に中古(農家)(ボロ)住宅を購入しました。

間取りも外観も好きではないけれど、
とにかく景観がよく、中央アルプスも南アルプスもよく見えるのと、
私の職場に7キロ、ステファノの職場に1キロの立地条件が気に入りました。
(安かったし)

2014年12月までに、天井の穴をふさいだり、汚い壁紙を張り替えたり、
暗い古い鉄製の照明をとりかえたり、割れた窓ガラスをとりかえたり、
空き家だった時に凍結して割れてしまった家中の蛇口をつけなおしたりして、
2015年からなんとか修理した1階の1部屋に住み始めました。

そしてステファノが一番気に入っていた2階の20畳のリビングダイニングは
キッチンもIKEAでイタリアの家と同じように4つ口コンロと大きなオーブンを入れ、
二重断熱の壁にして、床も壁も張り替えて、1年近くかけてリフォームしました。

2階のリビングと2階の子供部屋、主寝室に移り住んだのが2016年。
薪ストーブが主な暖房であるこの家のために庭に薪小屋をつくったり、
味噌蔵として設計されていた部屋をトマトソースや野菜のオイル漬けの倉庫にしたり
コツコツ自宅を作り続けています。(ステファノが)

で、今年の私の目標はというと

今年こそ、1階のリビングダイニング(15畳)の内装を少しおしゃれにして
念願の宿をはじめてみたい!

仏壇置き場をクローゼットにして、押し入れをテレビの入る収納にして、
勝手口を専用入口にし、その横の味噌蔵をシュークロゼットにすれば
専用キッチン付きでお客様を迎える部屋ができあがるんです。
1階にはほかに使っていない和室が3つあるけれど、そちらは後にして、とりあえず1部屋仕上げる!
宿のコンセプトもターゲットもあるんだけど、長くなるので、それはまた今度書きたいと思いますが、
とにかく自分に言い聞かせるためにも久々にブログを更新してみました。
がんばるぞ!
d0140003_22101687.jpg


d0140003_22114612.jpg



[PR]
by mimicarpi | 2017-01-25 09:42 | 宿開業まで


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧