モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

イタリアの地震のこと

日本ではそれほど話題になっていないけれど、実はモデナ近郊で大きな地震が頻発している。
始めは5月20日。ネットのニュースでそれを知ったステファノはすぐに親戚や友人に連絡をとった。
その時点では震源地から2キロほどのところに住む従姉の家族と叔母の家族が、家が壊れてテント生活をしているという話で、気の毒には思ったけれど、ステファノの家のあるカルピにはそれほど被害はないようだった。

そしてその後の29日の余震。また、近くで余震があった、心配だ、とメールや電話をするも、、近所の友人や親戚にも全然電話が通じない。2,3日過ぎてやっと何人かと連絡がとれたが、カルピの自宅付近は相当被害が出ているようだった。

まず、ステファノの長屋(築200年くらい)は屋根に被害があり、消防の安全確認ができるまで立ち入り禁止。
このため、7世帯あったご近所はほとんどが、公園のテントに移る。(1家族だけ畑にテントを張ってそこで暮らしているらしい)
余震が続いているので、ほとんどの企業もお休み。我が家の管理をしてくれていた友人はテントに行きたくなくて、自宅の敷地の車で生活中。彼女はカルピの某有名服飾メーカーで働いているが、やはり工場にもかなり被害があり、2週間はお休みになったらしい。そして、ご両親はスイスの親戚のところへ避難させてしまった。

震源から程近いマントヴァ、モデナ、フェッラーラの州境近くに点在するステファノの親戚たちは幸い全員無事だけど、4家族ほどテント生活中。しかもミランドラに勤めていた従兄は自宅も会社もほぼ全壊らしい。家も会社も失うって、本当に気の毒だ。

私たちは幸い、日本に来ていたから、テント生活は免れたし、職も失わずにすんだけれど、ステファノのカルピの友人たちも週2回だけ4時間勤務とか相当仕事を減らされているらしい。
もともと景気の悪かったヨーロッパだけど、この先どうなってしまうのだろうか?
結婚したとき160円だったユーロ、もう100円切ってるし、、

ステファノは家の被害状況がわかったら、自分で帰って屋根の修理をする気のようだが、仕事もそんなに休めないだろうし、誰かにお願いして修理をしてもらったほうが航空券の金額を考えるといいような気もする。
でも自分の家がどうなったのか見たいだろうし、止められないけれど、、
家の修理代とか一時帰国代とかその間の私の仕事のこととか考えると本当に頭が痛い。
そんなことを言うなんて、被害者の方の苦しみを思えば不謹慎なんだけど。
どうか、一日も早く、地震がおさまりますように。

悩みも多いけれど、休みの日は釣りでリラックス。
d0140003_14161972.jpg

ルイジに川釣りはまだ早いので釣堀です。
d0140003_14165273.jpg

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
# by mimicarpi | 2012-06-05 14:22 | イタリア生活

駒ヶ根周辺の国際結婚カップル

引っ越して1年ちょっと。完全に共働きでがんばっているため、あまり活動範囲は広がっていないし、友達も飛躍的には増えないし、保育園のママ友達もなかなかできない(ステファノが送り迎えだもんね)けれど、それなりに情報は入ってきて、知り合いも少しずつできてきた。

まず、知り合ったのは中川村に住む日伊カップル。庭にピザ小屋があるのがなんともイタリア人らしい。主人は初めて言葉の通じる人に会い、とてもうれしそうで、しょっちゅう電話で連絡をとりあっているし、あちらには子どもが4人いるので、ルイジもよく遊んでもらっている。
それから私の会社にはなんとガーナとの国際カップルがいる。こちらも子どもがいるので、ルイジは遊んでもらって、その隙に私は彼女とおしゃべりできるので、楽しくおつきあいさせてもらっている。

りんご農家をしているイギリスと日本のカップルにも引っ越してすぐ知りあい、色々情報を頂いた。

そして、昨日はなんとインド人と日本人のカップルに会ってきた。こちらのインド人はアーユルヴェーダのサロンをしているのだ。ご主人はなんちゃってアーユルヴェーダではなく、本場インドでケララマッサージヤアーユルヴェーダを習得していて、(修了証みたいなのがかざってあった)以前はデリーでサロンをしていたこともあるそうだし、東京から移住してきたばかり、震災後一時避難をしていたなど共通点も多くマッサージを受けに行って、話が盛り上がってしまった。
で、肝心のマッサージだが、すごくいい。リラックスしすぎてキケンなくらいだ。
しかも価格はものすごく良心的。台湾ですご腕マッサージ師ブルース(最近じゃ有名になってテレビに出てた)のところに通っていた頃を思い出した。

その他、会ったことはないが、ステファノのイタリア料理講座に参加してくれた中にはチベット人と結婚しているという人までいた。

田舎とあなどっていたけど、おそるべし。チベット人なんて滅多にお目にかかれなくない?

国際結婚でなくても各地から移住してきた人には面白い人たちが多い。主人の職場であるキッチンガーデン田切の近くにはなんとイタリア人の僧侶?のような人が住んでいて、いつも全身オレンジの服を着ている。なんでもヨガの先生であり、NPOで奉仕活動をしているそうなのだが、初めて話を聞いた時にはかなりあやしいと思った。
その家の前を通るとオレンジのサリーを身にまとった女性が掃除をしていたりして、本当に不思議な空間だ。(普通の農村の古民家にオレンジのインド服の人たちだもんね)

その他山奥にひっそり一人で住んでいる元フランス外国人部隊のヨーロッパ人(国籍不明)の存在もウワサに聞いている。何かの任務だろうか??

新しい土地で新しい人との出会いは何にせよ楽しいものだ。
私たちもがんばらないと、と刺激をうける。
[PR]
# by mimicarpi | 2012-05-11 11:22 | 日本移住

日本生活1年を振り返って

日本に来たのは去年の春だった。

1月からの移住計画が、震災の影響で一度イタリアへ避難したり、そのため、就職を決めていた農家さんとのお話を一度白紙に戻したり、ただでさえ、少ない移住資金をイタリアとの往復でさらに使ってしまい、もう移住なんてあきらめたほうがいいのかも、とも何度も思った。

私はとりあえず1年フルタイムで働いてみたが、ホテルの仕事は同僚も良い人たちで、何とかやってこれた。(こちらももちろん大変なことは沢山あったけど)
小さなリゾートホテルではあるけれど、たまにはイタリア人や中国人が来て、語学を活かせるチャンスもあるし、フルタイム勤務は大変だけど、今では家事はほとんどステファノがしているので、(というか、お互い休みの日はその人が家事担当。それ以外は一緒にする感じ)なんとかなっている。

ステファノは大きな農業法人でバイトを週3回からはじめたが、夏以降はほとんど平日毎日働かせてもらえるようになり、収入も安定してきた。
去年は一年目で、その会社の人手が必要なところでの仕事、(お米やお蕎麦、ネギ、ペペロンチーノの収穫、農具の修理、薪割り、肥料作りなど?)もうなんでもやっていた。
彼なりに学ぶところは多かったらしいし、社長さんもステファノにとてもよくしてくれていて、夢へ向かって大きく前進しているようだ。
今年は直売所の近くにあるハウス内にイタリアのトマト作り、露地のペペロンチーノの増産、イタリア野菜とハーブ畑をまかせてもらえるらしく、将来は自分でイタリア野菜をつくりたいステファノにはピッタリの仕事だと思う。

ちなみにこの農業法人さんの企画で、ステファノはイタリアの家庭料理講座を2回ほどした。
今月、もう一度やるようで、これも収入的にも彼のモチベーション的にも結構良いものなので、本当にありがたいと思う。
ステファノの夢である農家+ホテル経営の夢については、農業については順調にすすんでいると思う。
農家だけでは食べていけそうにないから、しようと言っていたホテル計画については、遠い道のりだ。今はとにかく家探し中。

月4万円で家、蔵、竹林、棚田つきの家があって、ステファノはそこが一番気に入っているようだが、私は職場まで車で30分近くかかることと、家の前の道が小型自動車しか通れない幅で、(うちのオンボロファンカーゴでギリギリな感じ)雪とかが降ったら通勤できなさそうなのが怖くてあまり乗り気ではない。しかも地すべり警戒区域だし。(田舎の傾斜地はみんなそうみたいだけど)
たとえそういう家を借りても、お風呂とかトイレは手を入れないと人を泊めるのは難しそうだと思うし、まあ、色々考えるところはある。

まあ、ステファノが気に入る家がみつかったら

1 農家民宿(イタリア野菜が買える田舎のベッド&ブレックファースト)
2 1日一組限定の完全予約制農家レストラン(僻地なので希望すれば格安で泊まれる)
3 農家のカフェ

のどれかができたら、という感じで話している。
あくまで副業的にするので営業時間が長いカフェは厳しいね、というのが私たちの考え。
私も当分今の仕事を続けたいしね。
d0140003_7361024.jpg

ルイジはすっかり日本人!節分で鬼のお面つくりました。後ろで鬼を演じるステファノ。お面よりコワイ、、、
[PR]
# by mimicarpi | 2012-03-11 07:40 | 日本移住

地下鉄博物館

冬は私の職場もヒマだ、ということで、長期休暇をお願いした1月中旬、ルイジがノロウイルス?みたいな細菌性の胃腸炎になった。
3日ほど吐き続け、何も食べられない。その後、オムツでも対応できないような下痢が始まり、ついに入院することに、、
幸い点滴入院1日で帰れたけれど、実はこの1週間の休み、できたらイタリア、ダメなら東京の実家へ帰ろうと思っていた休みで、、
ステファノは最低イタリアに10日くらい行かせたかったので、先に帰してしまっていたので、病気のルイジと休みを過ごすことに、、、
ステファノがイタリアに発ってからの3日は、母にルイジをみてもらっていたのだけど、その時もルイジはぐったりで、、、なんだか最悪の休みになってしまった。
ルイジが吐かなくなってから、3日だけ東京に帰ったけれど、やっぱり体調が悪いのか、私から離れようとせず、、買い物もロクにできない状態で、、
パパがいないことも不安をあおるらしく「パパー」とすぐ言うし、、
でも、東京でルイジが一番喜んだのはここ、葛西の地下鉄博物館。
線路に沿ってを歩くルイジ。
d0140003_1458811.jpg

運転はお手の物?
d0140003_150294.jpg

かわいいお顔して!というと最近「にこぉ」といいながら首を曲げてこのポーズ。
d0140003_1524724.jpg


パパが帰ってきて、すごく元気になったルイジだけれど、私は1年ぶりの長期休暇が散々な感じに。
来年は絶対休みらしいことしたいなあ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
# by mimicarpi | 2012-02-09 15:06 | 小旅行

在留資格の更新

ステファノの日本在留資格、イタリアで言えばペルメッソのようなものだけど、去年の1月から期限が1年だったために、更新に行ってきた。
入国管理局での更新手続きにはなるのだけど、駒ヶ根の近くの入管は、県庁のある長野。130キロ以上あって遠い。高速使っても2時間くらいの道のりだった。
山梨の甲府、もしくは名古屋のほうが短時間で着けるのでは?とも思ったが、手続きは県の入管または品川の東京入管でしかできないと言われ断念。おとなしく長野入管へ行くことに。

手続きは期限の3ヶ月前からできるとのことで、12月10日前に家族全員の記載のある住民票、私の戸籍謄本、日本入国から1年経っていないため公的な税金の書類が用意できずその代用で私と主人の給与明細コピー、家族全員の保険証コピー、主人のパスポートと外国人登録証を持って入管へ。
待ち時間ゼロで手続きし、帰宅。
その後3日ほどで延長許可の葉書が来て再び入管に出向くと、また待ち時間なしですぐ3年分の在留許可が下りた。

もう、イタリアでのクエストゥーラでの面倒を考えると、本当にスムーズだし、東京入管の混雑と比べても、誰もいなくていつも待ち時間のない、長野入管。素晴らしすぎる。
しかもこの更新時に「結婚してずいぶんたってるし、ご主人、日本入国から1年以上たったらすぐ永住資格に更新できますよ」と親切に永住資格申請用の書類までくれる。
あのスムーズな手続きならまた永住資格をもらいにくるのも苦じゃないよなあ。

やっぱり色々な公共のシステムは絶対日本のほうがいい。
イタリアは気候もいいし、食事も美味しいし、個人的には良い人が多いと思うけど、なんで公共システムがあんな感じなのかなあ。

そんなイタリアへ、色々な保険や税金の支払いがある主人はちょっと帰国することに。
今回悩んだのは、イタリアのC1(オートマ車)を売るかどうか。
小さくて、小回りも利いて燃費も良くて、2万キロも走ってなくて、本当に気に入っている車だけど、使わないまま何年も過ぎるのは勿体ないということで売ろうかな、と。
でも近所の主人が使っている中古車屋さんによるとイタリアも経済が本当に悪く、車も売れないとのことだし。

私は休みが7日しかなく、中5日しかいられないのに航空券に10万円以上かけたくないので、ルイジと日本でお留守番(東京へは帰るけど)
航空券も色々見たけれど、希望の日程で一番安かったのがアリタリアの東京ミラノ往復11万円ちょっと。ANAが12万5千円。
マイルも貯めてるし、その差なら返金騒動のこと考えてもANAでしょう、今回もANAを利用することに。
しかし日本発の燃油サーチャージってなんであんなに高いの?みんな税金が6万以上で8万とかしてるのに本当にびっくりした。
そして、1ユーロ100円を切る円高の今、色々お買い物も頼みたいけど、主人も8日しか帰らないから頼みにくいし。ちょっとがっかり。今度帰れる時までユーロ積み立てでもするかなあ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
# by mimicarpi | 2012-01-02 09:06 | 日本移住


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧