モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

宿開業準備 手続き編1

わが家の宿予定部屋の改装はあまりすすまない。
まず、ステファノがやる気になってくれないとすすまないんだけど、最近のステファノはなんか不機嫌で結構やっかいだ。

先日は客室にする予定の15畳のリビングダイニングの床の張り替えと畳替え、クローゼット作りに同意していたのに、いや、私たちの寝室の断熱工事が先だの床暖房工事するだの意見がコロコロ変わる。
なので、まあ、私一人でできること、まずは宿開業に必要な申請を済ませようと、ちょっと伊那市の合同庁舎内の保健福祉事務所まで行ってきた。

まず、開業の形態だけれど、一番手続きが簡単な「簡易宿所」に決定。
客室の広さが33㎡以下なので、宿泊者を10名以下にしなければならず、1名2畳以上必要という規定らしいので、定員は7名にするといいとアドバイスを受ける。(9畳はキッチンで6畳が畳の部屋なので4名くらいしか寝れないけど)

トイレや手洗いの数、布団の保管場所、専用出入り口の有無を図面で確認してもらい、とりあえず何も問題はなさそうなので、次回は記入した申請書類と2万3千円を持ってくるようにとのこと。
説明の時間も5分程度で本当に拍子抜けするほど気軽に始められそうな感じだった。

ただこの「簡易宿所」は食事を提供できない。
食事を提供するなら食品衛生法の関係で専用のキッチンや手洗い設備など非常に面倒な規定があるのだ。

ステファノが作ったイタリア野菜を宿泊するお客様に収穫してもらったり、食べてもらいたかったから、どうしようかと思案していたら、役所の方から「一緒に調理すれば食事の提供にあたらないのでセーフ」との助言が。
つまり、宿泊だけで食事の提供はない宿だけど、「イタリアの家庭料理を学ぶ」体験や「イタリア保存食づくり」体験をして、宿泊者からは食事代ではなく体験料を徴収するしくみは合法であるとのこと。う~ん。大丈夫なのかなあ?
大きなキッチン付きの部屋なので、確かに一緒に調理はできるけど。
そんなのやるなら近所のお母さんたちにお願いして野沢菜漬け体験とかもしてほしいかも。

しかし朝食はさすがに「体験」にするのも大変だし、提供できないからバリスタかなんか備え付けて、購入したパンを提供する、、例えば信州名物牛乳パンとか出して自分で食べてもらうとか??
考え始めると夢が広がるけど、ステファノ、早く機嫌なおらないかなあ。もう1週間くらい機嫌悪いんだよねえ、、
我が家1Fから見た南アルプス
d0140003_08403912.jpg
我が家2Fから見た中央アルプス
d0140003_08405052.jpg
ステファノにビシっと改装してほしい1Fリビング。なつかしい感じ。
d0140003_08411186.jpg

[PR]
# by mimicarpi | 2017-02-14 08:45 | 宿開業まで | Comments(2)

ルイジのイタリア語 mamalife

今回のイタリア帰国でとっても良かった変化が一つ。
それはたった2週間の滞在でもルイジのイタリア語が目に見えて上達したこと。

我が家はステファノが日本語を話せないので、家庭内では基本イタリア語で会話している。
でも、ルイジは学校も保育園もバッチリ日本で行ったので、もちろん日本語のほうが得意。
なので三人でいるとき、私に話しかける場合など、どうしても日本語でしゃべってしまう。
何度、三人の時はイタリア語で、と言い聞かせてもほとんど効果ナシ。
しかもほぼステファノ以外とイタリア語を話す機会がないので、たまに、別のイタリア人に話しかけられても、日本語で私に助けを求める始末だった。

今回の帰省はクリスマスシーズンだったので、子供たちもお休みで家にいて、近所の子供と遊ぶことができた。
それにステファノの親戚に沢山会ったので、イタリア語で会話をせざる得なかった。

そのためか、滞在中からルイジはかなりイタリア語を積極的に話はじめ、帰国後もかなり話している。
何よりうれしいのは、イタリア語の寝言を言うようになったこと。

私が大学時代中国語を学んでいたころ、先生に「中国語の夢を見るようになったらそれなりのレベルになってきたと思っていい」と言われたのを覚えている。
確かにある程度不自由なく話せるレベルにならないとその言語をしゃべっている夢は見ないかも。
(私も中国語とイタリア語の夢は見るけれど、英語の夢は見ないし)

来年も何とかして帰らせてあげたい。国際結婚、日本在住、共働き家庭はどうやって時間を作っているのかなあ、、日本の会社、長期休暇とりにくいし、イタリアは遠いし、、


d0140003_13255673.jpg
大きくなったルイジ。もう8歳。フレッチャロッサに乗りたくて、ヴェネツィアから入国してみました。

[PR]
# by mimicarpi | 2017-01-31 13:32 | 出産、育児 | Comments(0)

イタリアへ里帰り1

リフォームネタの前にちょっとだけ、2016年を振り返って、、
2016年は日本移住以来初めて、イタリアでクリスマスを過ごしました。

実はステファノの高齢の親戚の体調が良くなくて、お見舞いもあるし、
移住して5年以上が経過して、空き家になっている自宅も手入れや修理が沢山あり、
ステファノは20日ほど里帰りしました。

2011年に日本に移住してから、

東日本大震災があり、

すぐにイタリア北部地震があり、(被害は少なかったけれど、やはり修理は必要で)

でも毎年税金払いにイタリアに帰省しても8~10日程度だけで、、
まとまった家の修理や手入れができずにイラついていたステファノ。
やっと色々できて満足した様子でした。

ちなみに長屋の我が家ですが、大通りから3世帯はイタリア人の住居。

そして我が家は日本×イタリア家族。
その奥はパキスタン家庭。(私が結婚した頃イタリア人が売却した)
その隣はルーマニア人。(イタリア人が去年売却した)
その奥にできたアパートにはなんと近所のバールを購入した中国人がやってきました。

1軒外国人が住むとその隣はイタリア人には売れないから、外国人だらけになるという話、
本当かも、、、
ステファノも家を売りたいんだけど、売ったら絶対外国人しか買わないだろうなあ、、

私は結構隣のパキスタン人、好きだけど。
親日だし、何しろ出かけることが少ないので、泥棒が入りにくなるみたいだし。子供が学校に行って言葉もよく通じるしね、、
d0140003_09284803.jpg
d0140003_09302680.jpg
久々に満喫したカルピの街歩き。イタリアで3番目に広いというピアッツァ。走りたくなる。



[PR]
# by mimicarpi | 2017-01-27 09:32 | イタリア生活 | Comments(0)

今年こそ、宿始めます!

2011年に日本に移住してきて、共働き、車1台でがんばって、
2014年夏に中古(農家)(ボロ)住宅を購入しました。

間取りも外観も好きではないけれど、
とにかく景観がよく、中央アルプスも南アルプスもよく見えるのと、
私の職場に7キロ、ステファノの職場に1キロの立地条件が気に入りました。
(安かったし)

2014年12月までに、天井の穴をふさいだり、汚い壁紙を張り替えたり、
暗い古い鉄製の照明をとりかえたり、割れた窓ガラスをとりかえたり、
空き家だった時に凍結して割れてしまった家中の蛇口をつけなおしたりして、
2015年からなんとか修理した1階の1部屋に住み始めました。

そしてステファノが一番気に入っていた2階の20畳のリビングダイニングは
キッチンもIKEAでイタリアの家と同じように4つ口コンロと大きなオーブンを入れ、
二重断熱の壁にして、床も壁も張り替えて、1年近くかけてリフォームしました。

2階のリビングと2階の子供部屋、主寝室に移り住んだのが2016年。
薪ストーブが主な暖房であるこの家のために庭に薪小屋をつくったり、
味噌蔵として設計されていた部屋をトマトソースや野菜のオイル漬けの倉庫にしたり
コツコツ自宅を作り続けています。(ステファノが)

で、今年の私の目標はというと

今年こそ、1階のリビングダイニング(15畳)の内装を少しおしゃれにして
念願の宿をはじめてみたい!

仏壇置き場をクローゼットにして、押し入れをテレビの入る収納にして、
勝手口を専用入口にし、その横の味噌蔵をシュークロゼットにすれば
専用キッチン付きでお客様を迎える部屋ができあがるんです。
1階にはほかに使っていない和室が3つあるけれど、そちらは後にして、とりあえず1部屋仕上げる!
宿のコンセプトもターゲットもあるんだけど、長くなるので、それはまた今度書きたいと思いますが、
とにかく自分に言い聞かせるためにも久々にブログを更新してみました。
がんばるぞ!
d0140003_22101687.jpg


d0140003_22114612.jpg



[PR]
# by mimicarpi | 2017-01-25 09:42 | 宿開業まで | Comments(4)

プール参観

すっかり更新をサボってしまっているこのブログ、、
夏のリゾートホテルは本当に忙しくて、12時間立ちっぱなしのしゃべり続けな状況が続き、しかもお休みも月6日のみだったのでブログを更新する気力など全くなく、、、
本当にこの仕事を続けられるだろうか?などと悩みながらも、なんとか一番忙しい時期は越したので、久々にPCに向かう時間がとれました。

この夏、私がしたことといえば、少ない休み中行ってきたルイジの保育園のプール参観くらいのもの。
d0140003_6144681.jpg
d0140003_6152729.jpg

これ、公立保育園のプールなんです!!
駒ケ根市の公立保育園にはすべてプールがあるそうで、本当に環境は東京とは大違い。私の行ってた幼稚園はプールなかったし、水遊びしてもビニールプール程度だったし、、
ここの保育園では基本的に天気がよければ毎日プールに入るし、そのほかに泥遊び(これは洗濯がすごく大変)などもあり、本当に楽しそう。
プール参観の終わった後には給食参観もあり、こちらも見学してきました。
d0140003_6193362.jpg

今年4歳になるルイジ。着替えもトイレも食事も一人でできるようになり、本当に育児はラクになった。そのかわり、おもちゃやお菓子がほしい時のしつこさなどは小さい頃にはない激しさで、結構疲れる、、
保育園は本当にアクティビティがいっぱいで、9月にはすでにりんご狩り、遠足と2度、バスで出かけさせてもらい、乗り物好きのルイジは満足な様子。
イタリアの保育園に行かせてみたかったとも思うけれど、駒ヶ根の保育園にも十分満足してます。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
# by mimicarpi | 2012-09-09 06:31 | 出産、育児 | Comments(2)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧