モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本で手に入りにくいモノ 生パンチェッタ

我が家の食卓は、信州に引っ越してもやっぱりイタリアンが並ぶ。
和食はほぼNGのステファノが料理をするので、基本、ほとんど家ではパスタを食べる。
パスタは近所で買えるフィットチーネ、スパゲッティ、ペンネ、カッペリーニ、の4種が基本。
で、私が休みとかで余裕があるとラザニアとかニョッキとかパッサテッリとか手打ちパスタが登場する。
ラグーはステファノが大量に作って小分けにして冷凍するので、いつでも食べられる。
トマトソースも自家製(トマトも自分で育てたもの)が瓶詰めにされて大量にあるので、買うことはない。

で、困っているのが、パスタ料理のバリエーションのためによく使う生パンチェッタ、カルボナーラとかアマトリチャーナとかに使うヤツですが、あれが結構手に入らない。

近所のスーパーでは日本の普通のベーコンを売っていて、燻製が強いし、薄くスライスされすぎてたり、、
で、ちょっと大きめのオシャレスーパーには信州ハムの生パンチェッタ売っているんだけど、やっぱり水あめ?とかで甘みをつけてるのか
イタリアのパンチェッタドルチェとは味が違うし、あまり安くもないし、まあ、ベーコンよりはいいんだけど、正直イマイチ。
(でも、あるだけありがたいので基本はコレ使ってます。あくまでイタリアと比べてイマイチであって、日本のものの中ではいい製品です!)

以前ステファノがじゃがいもと生パンチェッタのオーブン焼きを作りたいといった時は、丸い生パンチェッタのスライスが見つからず、
東京のイータリーまで遠征して、1パック3000円以上払って購入。異常に高価なじゃがいも料理となってしまった。

で、去年からステファノが始めたのが自家製パンチェッタ作り。
我が家のキッチンに隣接した北側の6畳は、冬の間、食料品保存庫として使っていて、気温はいつも1℃から5℃くらい。暖かい日でも10℃は超えないんだけど、ここに入ると不思議な光景が、、
肉に直接そんなの刺していいのか?でも美味しかったけど。
d0140003_08551587.jpg

瓶詰のトマトソース以外に、青いトマトやナス、インゲンのソットオーリオ(オイル漬け)と青いトマトのジャムは大量に作って保存してある。イタリアン食べたい執念でそのうち生ハムもやってくれないかなあ??


[PR]
by mimicarpi | 2017-02-17 09:02 | 食材

宿開業準備 手続き編1

わが家の宿予定部屋の改装はあまりすすまない。
まず、ステファノがやる気になってくれないとすすまないんだけど、最近のステファノはなんか不機嫌で結構やっかいだ。

先日は客室にする予定の15畳のリビングダイニングの床の張り替えと畳替え、クローゼット作りに同意していたのに、いや、私たちの寝室の断熱工事が先だの床暖房工事するだの意見がコロコロ変わる。
なので、まあ、私一人でできること、まずは宿開業に必要な申請を済ませようと、ちょっと伊那市の合同庁舎内の保健福祉事務所まで行ってきた。

まず、開業の形態だけれど、一番手続きが簡単な「簡易宿所」に決定。
客室の広さが33㎡以下なので、宿泊者を10名以下にしなければならず、1名2畳以上必要という規定らしいので、定員は7名にするといいとアドバイスを受ける。(9畳はキッチンで6畳が畳の部屋なので4名くらいしか寝れないけど)

トイレや手洗いの数、布団の保管場所、専用出入り口の有無を図面で確認してもらい、とりあえず何も問題はなさそうなので、次回は記入した申請書類と2万3千円を持ってくるようにとのこと。
説明の時間も5分程度で本当に拍子抜けするほど気軽に始められそうな感じだった。

ただこの「簡易宿所」は食事を提供できない。
食事を提供するなら食品衛生法の関係で専用のキッチンや手洗い設備など非常に面倒な規定があるのだ。

ステファノが作ったイタリア野菜を宿泊するお客様に収穫してもらったり、食べてもらいたかったから、どうしようかと思案していたら、役所の方から「一緒に調理すれば食事の提供にあたらないのでセーフ」との助言が。
つまり、宿泊だけで食事の提供はない宿だけど、「イタリアの家庭料理を学ぶ」体験や「イタリア保存食づくり」体験をして、宿泊者からは食事代ではなく体験料を徴収するしくみは合法であるとのこと。う~ん。大丈夫なのかなあ?
大きなキッチン付きの部屋なので、確かに一緒に調理はできるけど。
そんなのやるなら近所のお母さんたちにお願いして野沢菜漬け体験とかもしてほしいかも。

しかし朝食はさすがに「体験」にするのも大変だし、提供できないからバリスタかなんか備え付けて、購入したパンを提供する、、例えば信州名物牛乳パンとか出して自分で食べてもらうとか??
考え始めると夢が広がるけど、ステファノ、早く機嫌なおらないかなあ。もう1週間くらい機嫌悪いんだよねえ、、
我が家1Fから見た南アルプス
d0140003_08403912.jpg
我が家2Fから見た中央アルプス
d0140003_08405052.jpg
ステファノにビシっと改装してほしい1Fリビング。なつかしい感じ。
d0140003_08411186.jpg

[PR]
by mimicarpi | 2017-02-14 08:45 | 宿開業まで


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧