モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本での手続き

日本についてからもうすぐ2週間。この2週間、体調不良で寝込んだ1日以外は毎日出ずっぱりだ。
まず、予定通りに在留資格認定証明書が届かなかったためにビザを申請せず、普通の観光客のように「短期滞在」の資格で入国したステファノのために、品川の入国管理局へ「資格変更」の手続きに行った。
ステファノの場合、「短期滞在」から「日本人の配偶者等」という資格への変更。
実家にはすでに「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書が届いていた(つまり審査済み)だったので、それをもって、資格変更の申請用紙を記入し、提出。1週間ー1ヶ月の間に自宅に葉書が届くから、それを持って再度入管へ来るようにと言われた。
葉書は4日後には届いた。早い。やっぱりイタリアより仕事が早いよ。日本人。
申請時も100人待ちだったけれど、1時間の待ち時間で済み、ステファノなんかどんどん番号が進むからトイレに行くのも躊躇していたくらいだ。(イタリアなら5時間くらいかかりそう。100人待ち)
葉書をもって再度入管へ行き、4000円の収入印紙とパスポート、葉書を提出すると、10分後には新しい在留資格を張ったパスポートを返され、ステファノのいわゆるイタリア的に言う「滞在許可」取得終了。
この在留資格の変更のほかにしたことは

1 杉並区への転入手続き。外国人登録証の申請(イタリア的にはレジデンツァ)
2 国民健康保険への加入。外国人登録後すぐに役所で済ました
3 国民年金への加入。仕事をはじめてすぐ加入することにし、手続き見合わせ中
4 イタリア免許→日本免許への切り替え。窓口で「イタリア免許取り上げられると思うけどいい?と聞かれ怖くなって中断。万が一挫折して帰国した場合免許なしじゃやっていけないし)情報収集後再開予定。

たったこれだけのことでも、2歳児を連れてこなすのは本当に大変で、1日一つの手続きをこなすのがやっと。さらに移住予定地山梨にも行って、ステファノの就職もOKとなったので、これから引越し準備に取り掛からなければならない。
私にオファーがあった仕事の面接にも行ったし(しかもそれも山梨)家でゆっくりする時間はほとんどない。
2月中に全て終えることができるだろうか、、いやあ、、毎日本当に大変だ。

そんな訳でなかなかマメに更新はできないと思うこのブログだけど、コメントを頂いてとっても励みになっています。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-01-28 08:35 | 日本移住

無事着いてます

日本についてからあっという間に1週間が過ぎた。
出発4日前にルイジが発熱、良くなったと思ったら2日前深夜にまさかの蕁麻疹!
全身かきむしって叫ぶルイジを救急病院へ連れて行き、夜明けに帰宅し、8時半にはパスポートを取りに再び出かけ、出発前日なんとかパスポートを取得。
出発前は本当にドキドキの連続で、日本までの飛行機についても不安でいっぱいだったけれど、、
いざフタを開けてみたら、あら、なんて快適、トルコ航空。
まずボローニャ出発が午後なので、10時過ぎにタクシーに来てもらい、全ての荷物を詰め込み、出発。
まだ就航間もない路線のせいかチェックインにも列ができていなくて待ち時間ほとんどナシ。66キロの荷物を預け、1キロ当たり20ユーロという超過料金を覚悟するも何も言われず、一人8キロまでという機内持ち込み荷物用のキャリーバックも10キロあったのだが、「本当はもう少し軽くないとダメですよ」の一言で免除され。
ボローニャーイスタンブール2時間10分の間に出た機内食は野菜がたっぷりでかなり美味しかったし、(特にナスの鶏肉詰めトマトソースが美味しかった)デザートのチーズケーキもアメリカ系航空会社のものみたいに甘すぎなくて食べられた。何より2時過ぎの腹ペコの時間帯にちゃんとした機内食が出てうれしかった。ヨーロッパ線はパンとかお菓子しか出ないからね、、
イスタンブールでの乗り継ぎ1時間は確かにあわただしく、走るように乗り継いだけれど、しっかり間に合ったし、飛行機は新しくて快適で、(そりゃ乗務員の気遣いやサービスはいつも利用してたANAとは比べられないけれど)スリッパやポーチ(靴下、アイマスク、歯ブラシ、リップクリーム入り)のサービスがうれしかった。何より座席がガラガラで後方では真ん中の3席を一人で使ってベッド使用にしている人が10人以上いて、しかも飛行時間10時間40分と短い。
これで往復500ユーロなら本当にお得と大満足だった。

日本についてからは引越し荷物を解いたり、面接に行ったりと忙しく過ごしているけれど、家族みんな元気なので、日本の皆様、是非遊んで下さい。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-01-23 07:49 | 日本移住

最後の難関?子どものパスポート

ルイジのパスポートは生後3ヶ月に日本へ一時帰国するために取得したものだ。
写真は当然生後3ヶ月のときのもの。
日本のパスポートは5年、イタリアのものは10年の有効期限のものを受け取った。
(現在はイタリアでは新生児には3年有効のものを発行しているらしい)
3ヶ月の時の写真と10歳ではもう本人か判断するのは不可能だろう、とは思っていたが、2歳現在でもルイジの顔はずいぶん違う。
イタリアのパスポートは毎年1回、40ユーロくらいの収入印紙を貼らないと使えないらしいので、日本への出発に備えてステファノはその収入印紙を買いに警察まで行った。
そして、ルイジのパスポート用の印紙を購入しようとした際に、「子どもの顔がかわっていたら出入国拒否されるぞ」と言われ、現在のルイジの写真を見せたところ、「これは絶対アウトだからすぐに新しいパスポートを申請しろ」と指示された。
そのため、私達は出発までちょうど1週間となった金曜日の朝一番、ルイジの新しいパスポートを申請してきた。
来週木曜日の朝8時半に受け取れる、と言われているが、出発前日。間に合うのかね?

私は入国ならともかく、両親そろってイタリアから出国する際に出国拒否されることはありえない、とかなり強く主張したのだが、ステファノは警察が言うのだから、と新パスポート申請を決行。
私が一人で子どもを連れ帰るなら、父親から子どもを奪って祖国へ帰る母親?疑惑で出国拒否される可能性があったとしても、家族三人に出国しようとしてるのに拒否される可能性ってほとんどないと思うけどなあ、、
そして、万が一木曜日にパスポートが手に入らないと、ルイジの航空券は無効となってしまうだろう。(日本パスポートは名前が違うし、航空券はイタリア名で予約しているので)
しかし、ステファノは絶対間に合うと強気。以前会社の同僚がアフリカ出張の前日にパスポートを申請して当日に受け取ったのを見たことがあるからだそうだ。
(もちろんカルピではできないのでモデナまで出向いて会社が手配したそうだけど。)会社が頼めば
何気に小回りきくのかな?イタリアの役所?
そんな訳で移住前の最後の大仕事はルイジのパスポート。ああ、ドキドキ。
ちなみに生後3ヶ月時と現在のルイジの顔の違いはというと、、、
d0140003_18111380.jpg
d0140003_18192255.jpg

確かに同一人物かわからないよな?逆に言うと、いいの?日本のパスポート?
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-01-08 18:23 | その他

在留資格認定証明書と東京入国管理局

移住予定日まであと10日を切った。
主人は税金類や保険の支払いや友人との食事に追われている。
銀行口座もインターネットバンキングできるようにしたし、荷造りも着々としているが、一つ大誤算だったことが主人の在留資格認定証明書。
実は申請を8月、一時帰国時に日本でしたのだが、3-6ヶ月で発行されるといわれていた在留資格、なんと9月末に届いたのだ。
「流石日本のお役所。イタリアと違って仕事が速いね」と大喜びで受け取った在留資格認定証明書。発効日は9月30日。そしてじっくり読むと「発効日より90日以内に上陸しないと無効になります」という文字が、、、
9月30日から90日以内に上陸、、、だとすると12月末までに日本入国しないとダメってことになる。
主人は1月にイタリアの税金や保険の支払いをしなければならないので、1月10日以前には出発できない。そこはハッキリしていたから申請書類には入国予定日を1月15日としっかり記入していたのに、入国予定日には無効になる書類送ってくるかな?普通、、、、
とちょっと驚きながら国際電話で確認すると、
「品川の入国管理局永住部門まで書類を持ってくれば再発行してくれる」とのこと。
大切な書類なのでなくならないように、イタリアに来ていた母に持って帰ってもらって、品川まで持って行ってもらうと、母の帰国日の関係もあって10月末の申請になるけれど、1月15日の入国に間に合うように書類が届くか聞くと
「こちらのミスでもあるの早く発行します」との返事。
さすが日本。と安心して母に10月21日に再申請してもらった。

が、12月になっても在留資格認定証明書は届かない。
再びイタリアから電話すると、「これは12月末には発送できます」との返事。
で、待ってみたけど、まだ届かない。で、1月も5日となった今日電話してみたら、「これは最終段階に入っているので今月末には発送できます」とのこと。

こんなこともあるかも?と日本入国の航空券は往復で買っておいたから良かったけど、これ、片道の航空券だったら入国すらできないから出発日変更しなきゃならないところだった。

とりあえず入国時は短期滞在の3ヶ月扱いで入国して、1月末に書類が届いたら東京入管で直接在留資格の変更をすることになるけど、主人は書類が届くまで働けない、、、
8月に申請していてこの仕打ちってちょっとひどくない?
日本だと思って油断していたー。
まあお役所はみんなそんなものなのかね?一般企業なら許されないミスだと思うけれど、、
と毎回イタリア時間早朝5時に起きて国際電話する私はちょっと頭にきて「10月21日に再申請する前に確認したら、そちらのミスだから早く発行してくれるとの話だった」と言うと「他の案件より早く処理してるんです」との返事。確かに「早めに発行する」と言われただけで「絶対間に合います」とは確約されてないけど、仕事も決まってるからと事情も説明したのにさあ、、
d0140003_1455748.jpg

遅くなったけど、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
最近のルイジはプラレールを階段に設置して遊ぶのがブーム。階段、遊ぶには寒いと思うけどなあ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-01-05 14:20 | 日本移住


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧