モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ルイジ1歳11ヶ月 低体重検査終了

ルイジも1歳11ヶ月になり、来月には2歳になると思うと本当に月日が過ぎるのは早いなあ、と思う。元気で大きな病気もしていないが、とにかく体重が増えないからと、小児科医から指示されてセリアック病の検査を2回したが、結果は陰性。
現在は87センチ、10キロとやっと10キロ台にはなったけれど、イタリア基準で言うとやっぱり痩せているらしく、念のため、もう一度ということでモデナの総合病院で再び検査をしてきた。
予約は昼の11時半から。いつもなら公園から帰って昼ごはんを待っている時間、彼は初めて見る病院で検査をされることになった。
結果、大暴れ!
身長測定は大人3人が必死で押さえつけて終わらせ、体重はどうやってもうまく量れないので、ステファノが抱っこで計測するハメに、、
両親の身長測定などもして診察は30分以上に及び、裸で勝手にドアを開けて出かけようとするルイジを捕まえておくのも大変だったのだが、、

結果はやっぱり異常なし。
医者も疲れた様子で「これだけ動くなら体重も増えないでしょう」とのこと。
かかりつけ小児科医用に出してくれたレターに異常なしとのことが書かれていたほか、なぜか将来の予想身長がかかれていて、ちょっとドキドキ。
ちなみに175センチだとか。
ステファノはイタリア人にしては小柄だけど、あまり伸びないのねー。
私は日本人にしてはかなり身長は高いほうなんだけど。

ルイジはいつも小児科に連れていくととにかくドアを開けて逃げようと大暴れするので、新生児期のあだ名「サムライ」は卒業して「ツナミ」と呼ばれている。
早く落ち着いて座っていられるようになるといいんだけど。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-11-30 00:01 | 出産、育児

移住準備中(資金編)

日本へ移住を考え始めてから、夢見がちなステファノをサポートするべく、具体的に計画をしたのは私だ。

ちなみにステファノの移住計画はこんなだった、、
イタリアの家を売る
→日本の田舎に大きな古民家と畑を購入
→農業をしながらアグリツーリズモ経営。湖の近くで馬を放して、ボートを3,4台所有して宿泊客に乗馬や釣りを楽しんでもらう。

私が修正した計画
1年限定で日本に住んでみる。できれば農家に就職して農業技術を学ぶ
→生活が軌道に乗ったらイタリアの家を売り、日本に家購入を考える
→農家で働いて技術や適正を確かめて、それでも独立して農業をするつもりなら、農地を取得し、収入を補うためにも農家民宿の経営も考える(リスク回避のため農業はステファノだけがして、私は仕事に出るのが理想。厚生年金も増えるしね。)
→農業や民宿で得られる収入が5年以上安定していれば、私も仕事をやめ、専業農家と農家民宿でやっていく。民宿経営については、ボートはともかく、馬は忘れてほしい

この不景気で私達夫婦それぞれの資産は(株や投資信託が値下がりしたために)結婚当初の半額以下になってしまっていて売りに出したくない状況。手持ちの現金は少ないし、子連れで一文無しになる訳にもいかないので、かなり綿密に計画を練った。

まずは移住候補地の家賃や物価、保育園の料金なども考えてステファノか私かもしくは夫婦2人で働いて月20万円以上の収入を得られる仕事を探した。
家族三人、なんとかやっていける金額を20万として、それが得られる可能性が高い地域を移住第一候補とした。
そして、東京の実家からそこへ引っ越して実際給与を得るまでに必要な生活費を大体60万円と計算して、それに最低限の中古車を購入することも考えて私が日本円で80万円、用意した。
入国日から1ヶ月以内に有力な仕事が見つからない場合は潔くイタリアへ帰国することも考慮して、航空券は往復で購入。ステファノには1ヶ月以内に仕事が決まらない場合は帰国するからがんばるよう葉っぱをかけた。
航空券はイタリアで購入したので、ステファノが払った。3人で1500ユーロ。こうやって考えると私達のお試し日本移住計画のための資金は100万円弱、ということになる。
日本での資金は日本円なので、私が用意し、ステファノはユーロを円にはなるべく換金せず、現金を8000ユーロ以上は口座に残していくことにした。日本で職が見つからなくてイタリアに戻った場合、この資金が尽きる前にステファノが仕事を見つけられるように、と考えた金額。
この1年、バイトしかしていないステファノだが、求職活動をしなくても仕事の誘いが4つはあったので、まあ日本行きに失敗してもイタリアで何かしら職は得られると思う。

日本入国からなるべく早く仕事をはじめられるよう、ステファノには一応仕事を見つけてある。まだ実際現地に行って面接していないから100%その仕事ができるかはわからないけれど、イタリア野菜を作る、というステファノにはピッタリな仕事なので、面接で断られないかぎり、とりあえずステファノはそこで働くことになると思う。
そして農業を学び、独立し、アグリツーリズモ経営、、と思い描いた夢のとおりにステップを上がれるかは私達夫婦のがんばり次第。ダメだったとしても日本で共働きして少しでも余裕があったら、イタリア帰国に備えて円高のうちにユーロ買っておこうっと。

d0140003_232034.jpg

パパとガルダ湖散歩
d0140003_23204868.jpg

お花食べる?と差し出す先には
d0140003_23211811.jpg

白鳥、、
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-11-17 23:29 | 日本移住

移住準備中(航空券編)

秋のイタリアはなんだか曇りの日が多く、せっかく夫婦無職でヒマがあってもあまり遊べない。
ステファノは1ヶ月の契約のトレヴィーゾでの仕事を2週間で終わらせて以来、再び家でのんびり過ごしている。彼は家でのんびりできるけれど、私はきっちり3食ステファノの食事を考慮してイタリアンを作ったうえに、ステファノが釣りに行っている間も一人で孤独に育児、育児から開放されるのは日本語を教えに行く夜だけという生活にストレスがたまり、週1度はどこかへ遊びに連れて行くようステファノにせまり、天気の良い日には小旅行を楽しんだり、ステファノの親戚への挨拶へ行ったりでなんとなく過ごしている。

昨日の日曜はウナギを食べにいきつつ、フェラーラ在住の2人の伯母へ挨拶に行った。
ボローニャとマントヴァの親戚にも会いにいったので、残る親戚はローマのみ(遠い!!)
来年のお試し移住が上手くいったらステファノは日本に永住する気なので、全ての親戚に挨拶しておきたいらしい。
私としては1年もつか相変わらず疑問なんだけどね。

先週した移住準備と言えば、航空券を購入したこと。
1月にはルイジも2歳になっているので幼児料金(大人料金の70%くらい)がかかるので、金額もかさむし、なるべく安いものを探す。
エミレーツ航空のミラノ発成田行き片道航空券一人420ユーロが最有力だったが、我が家からミラノの空港まで3時間かかり、ドバイで乗り継ぎ3時間待つことを考えると体力的に不安が、、
そこで見つけたのがボローニャ発成田行きのトルコ航空。ボローニャまでは我が家から1時間弱。ボローニャからイスタンブール乗り継ぎで東京まで15時間(乗り継ぎ時間1時間)。
これならほとんどヨーロッパの航空会社と同じような所要時間で到着できるし、スターアライアンスだからANAのマイルもたまる。
しかも税込み一人500ユーロ(往復料金だけど)

トルコ航空のサービスがどうかはわからないけれど、ちょっと新しい航空会社を使うワクワク感があってうれしい。最前列の良い席もウエブで予約できたし、結構いい航空会社なのかな?
15年くらい前に乗ったエアインディアとかは傘が欲しいと思うほど天井から水が落ちてきてつらかったけど、今度はそんなことはないように祈る。
d0140003_0444649.jpg

ばあばに買ってもらった長靴、大活躍中!雨の日も散歩できてウレシイ!!
[PR]
by mimicarpi | 2010-11-16 00:47 | 日本移住


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧