モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イタリアのバーベキュー

イタリアでもバーベキューはグリリアータと呼ばれ夏に人気がある。
我が家は庭が狭いので、ステファノはしたがらないが、ワールドカップの試合がある夜などはあちこちの庭からバーベキューをしながら家族や友人とサッカー観戦をしている声が聞こえてくるので、その人気の高さが伺える。ちなみにワールドカップといえば、イタリアの最後の試合中、自転車で職場に向かっていたが、家々から聞こえる歓声や落胆の声で試合状況が手に取るようにわかった。イタリアでは試合を見なくても結果がわかる。やっぱりサッカーの国だと思う。

日本でバーベキューをすると、タレなどが登場するが、こちらでは骨付きの肉を豪快に焼いて、ローズマリーやセージなど、様々なハーブの入った塩で食べるのが主流。肉の味を活かすのはこのイタリア式だと思う。あの塩、本当においしい。

先日、ステファノの古くからの友人、マルコの家でのバーベキューに招待され、お邪魔してきた。
マルコの家は同じカルピでも郊外の一軒家。家の前の道も舗装されていないような所なので、煙もくもくバーベキューには最適。
d0140003_15313819.jpg

焼くのは男の仕事です。で、マルコのお腹、、相当キケンでしょう、、ステファノが細く見える、、、
d0140003_15325982.jpg

真ん中の鳥、、なんとかっていう畑によくいる鳥だって言われたけど、名前は忘れた。で、その「ひらき」のような姿が痛々しい。でももちろんバリバリ手で食べたけど。
マルコのウンチクによると、肉はお酢をローズマリーの枝で表面にまぶしながら焼くと焦げにくく、美味しく焼けるらしい。肉にこだわるマルコの家族はみんな太め。年頃の娘もかなり太め。でもその彼氏は超細くてイケメン。そしてマルコに負けずに食べていた。胃下垂?
d0140003_1535828.jpg

ボクはお肉は苦手だったので、フライドポテトとエルバツィオーネというほうれん草のパイとにんじんケーキだけ食べました。ちょっと不健康なディナーでした。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-06-28 15:48 | セコンド | Comments(4)

サンマリノ村の中国人社会

サンマリノ村にも結構な数の中国人が住んでいるらしい。
地元住人はどの家に中国人が住んでいるか知っているので、初めて私を見ると(中国人と勘違いして)「お前の家はどこだ?あそこか?あっちか?」と特定の場所を指定して聞いてくる。
全くもって失礼な話だけど、彼らにしてみれば「あの家には中国人が住んでいるらしいけれど、外出などで見かけることもないからどんな人が住人か知りたい」様子。だって中国人は少なくとも5世帯は住んでいるのに、ほとんど見たことがないから、、
村唯一の食品店でも買い物せず、バールにもピッツェリアにも来ない。
さすが世界中どこでも自国にいるように生活できる中国人、、。
一方私は「村唯一の日本人」としてかなり知られてきた。そしてイタリア人と結婚していることがわかると、みんな「お前の夫は誰だ?どの家に住んでいる?」と聞いてくる。
家の場所か姓で夫を特定できると思っているサンマリノ村の住人たち、、親切だけど、ちょっと疲れる、、

そんなサンマリノ村で最近、ちょっと中国人との触れ合いを経験してしまった。

先日、ルイジを連れて公園に行くと、中国の内陸部からそのまま抜け出してきたような日焼けしてるけれど頬が赤く、長い髪を無造作に束ねて黒のスパッツに派手な色の化繊のプリントブラウスを来たおばさんが、イタリア人のママ友と5人の子どもに囲まれていた。
私を見た彼女の顔は喜びに輝き、、「ニーハオ」と当然のようになまりのキツイ中国語で話しかけてきた。
どうやら彼女は財布をこの公園に落とし、それを子ども達が拾って警察に届けてくれたことに感謝して、子どもたちにお礼(アイスクリームをご馳走)しに来たらしい。
ところが、イタリア語ができないのでコミュニケーションがとれなくて困っている様子。

間に入って事情を聞くと
サイフを拾った子どもは4人だけど、それはその場にいる5人のうちの3人で、あとの2人は拾った当事者ではない。でもできればアイスは5つ欲しい、、
子どもの言葉がわからずにいた彼女に中国語で事情を説明すると彼女は5つのアイスクリームを買うことを快諾。子どもたちは大喜びで私とルイジに「サヨナラ」と日本語で挨拶して去って行った。

彼女はサンマリノ村の一軒家のニット工場を購入して住んでいるが、今は不景気のため、工場は稼動させず、ご主人は出稼ぎに行っているらしい。5年以上住んでいるのにイタリア語ほぼゼロ。ファッションなどもイタリア化しないのはすごいと思った。

彼女と正反対のタイプの中国人がサンマリノ村のバールで働いている。彼女の名前は「チン」。温州からイタリアに来て20年。イタリア語も投げやりな感じだが堪能で、毎朝老人の集うバールを一人で切り盛りしている。
チンにはルイジより2ヶ月後に生まれた男の子がいる。台湾の友人が持ってきてくれた中国語の育児雑誌をプレゼントした頃から色々話すようになり、最近はちょっと友達のような感じになってきて、一緒にピザを食べに行かないか、という誘いまで頂いている。
(彼女は中華料理店で働いた経験もあるけれど、使っている食材や厨房などを見て以来イタリアでは中華レストランを避けるようにしているらしい)
先日は「端午節だから」と手作りチマキまで頂いてしまった。
彼女のお母さんが作ったというチマキ、、八角の香りが強烈で日本の中華チマキとは違う、、でもその強烈な香りが、初めて台湾でコンビニに入った時の茶卵の香りを思い出させて、ちょっと胸が熱くなった。
これは是非お礼を、と畑でとれたキュウリを3本持って行くと、彼女は嬉しそうに生でバリバリ食べ始めた。
ああ、中国人とキュウリ。なんて懐かしい組み合わせ、、

イタリアに居ながら感じる中国の風。
d0140003_21531181.jpg

チンのバールのほうきを持てば、ほら、ボクも中国人みたい?尻割れズボンははいてないけどね、、

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-06-18 21:59 | その他 | Comments(14)

トラクター祭り

今週じゃなくて先週のネタだけど、、
先週、我がサンマリノ村でトラクター祭りが行われた。
いつも行く公園の脇の空き地に百台はあろうかという新旧のトラクターが大集合。

こんな水色っていかにもイタリア。そういえばまだヤンマーディーゼルの天気予報って健在なのかな?などと考えつつ会場を散策。
d0140003_14235853.jpg

一番の目玉は100年前のこの大型機械。
d0140003_1426066.jpg

その後会場に集まっていたトラクター達はポンポンと騒音と煙を出しながら町に繰り出す。そういえばたまにパトカーに先導されて走る「トラクタークラブ」の集団を見ることがあったけど、この予行演習だったのかな?
d0140003_14301892.jpg

夜になると、公園裏のサッカー場やテニス場の前の空きスペースで、出張レストランと出張バンドがやってきて、エミリア料理を食べながらエミリアの音楽を聴いて踊る人々、、
日本の祭りとは大分違うけど、これはこれでたまには面白かった。
私は踊れないけどね、、(踊っているのはご老人ばかりだったし)
翌日の日曜はいつもの公園が人が多すぎて遊びにくいから公園友達のサムエレと一緒にサイクリングでジェラートを食べにいった。サムエレは愛想がいい。ルイジは麦茶に夢中。
d0140003_14391592.jpg

おかわりちょうだい!
d0140003_14401639.jpg

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-06-14 14:44 | イタリア生活 | Comments(12)

ルイジのDVDコレクション

イタリアの子ども番組は微妙に不便な時間にやっているし、夏場はその時間、外で遊んでいることもあるので、ルイジはほとんどテレビを見ていない。
でも冬場に備えてお気に入りのDVDを見つけてあげようと、安いDVDを見かけるたびに買ってあげている。
(私の趣味でだけど)
イタリア語のものでお気に入りのものはpimpaという絵本についてくるのDVD。絵本の内容を朗読し、絵本の絵が微妙に動くだけのアニメとは言いがたいシロモノだけど、ルイジはかなり気に入っている様子。
またきかんしゃトーマスもお気に入り。興奮してくると、「高い!高い!」と甲高い声で叫んでいて母としてはちょっと心配、、なんの呪文だ?高い高い、、
日本語を覚えさせるためにも日本のアニメも購入しているが、ジブリ作品のDVDはほとんどが10ユーロ以下と安いのでうれしい。となりのトトロはルイジのみならずステファノもかなり気に入っていて、トトロが始まるとステファノもやってくる。
トトロって子どもの頃見たときは普通に面白かっただけだけど、海外で子育てしながら見ると、古き良き日本の風習とか、田舎の風景とか、家族愛とかで結構泣いてしまう。
年のせいで涙もろくなったのもしれないけれど、トトロは海外で見ると郷愁を誘うアニメだと思うのは私だけだろうか?
他にはステファノお気に入りの釣りキチ三平(これはルイジにはまだ難しいみたい)とか私のお気に入りのベルサイユのバラとか、1,9ユーロ投売りコーナーで見つけた科学忍者隊ガッチャマンとか、妖怪人間ベムとか、ハリケンポリマーキャシャーンとかマニアックなタツノコプロ作品など、ルイジの(私の)DVDコレクションはかなりなつかしのアニメにかたよっている。
ちなみに妖怪人間ベムを見たルイジはおびえて大泣きしていて、その夜はうなされた。
確かにアレは怖いよなあ、、、
アルプスの少女ハイジのDVD全集オリジナルリュック付で44ユーロとかも買いたいと狙っているけど、ルイジが女の子だったら絶対喜ぶだろうけど、男の子だしなあ、、
しかし、イタリアってなつかしのアニメDVDの宝庫?

ボクは今大人のイスに座るのが大好きだからどこでも自分で座っちゃう。
d0140003_14363334.jpg

お隣にもらったお古の三輪車。甚平で公園に行くと女の子にモテる。(1歳児にだけど)
d0140003_1439217.jpg

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-06-07 14:44 | 本、マンガ、アニメ | Comments(8)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧