モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

病院三昧

日本へ来てまず私が風邪をひき、それからルイジが流行のノロウイルスのようなお腹に来る病気をもらい、共に日本で病院デビュー。その後、来日したステファノも風邪や時差ボケでしばらくダウンし、土曜日からやっと家族みんな元気になったので、ミシュランに掲載されて話題になった高尾山や我が家から1時間ちょっとで行ける澤乃伊酒造の酒蔵見学など、西東京の日帰りお出かけを堪能したら、あっという間に今日はハワイへ出発の日。

家族みんな元気になったので、7時間のフライトも元気に乗り越えられる、、と信じたい気分。
この3週間は私はとにかく家でのんびりし、近所の児童館へデビューしたり、ルイジは日本で初の検診を受けさせたり好きな和食を沢山食べたりですごしたけれど、ステファノは他人の家(私の実家)で気疲れしているだろうし、ハワイで思いっきり楽しんでくれたらいいなあ。

ところで私は風邪に続き日本で耳鼻科のお世話になったのだが、どちらもあまりの薬の多さにびっくり。
イタリアって薬の量が少ないと思う。
ルイジがかかった小児科でも子どもに3種類も薬が出て、(解熱用と吐き止めの座薬各1と胃腸薬の粉薬)解熱の座薬ですぐ元気になったからほかの薬は使わなかったけれど、みんなこんな小さな赤ちゃんにも沢山の薬をあげるのだろうか?とちょっと疑問に、、

私もまだ授乳しているから薬は極力控えたいのだけど、耳鼻科でも3種も薬を出され、一応授乳中OKのものらしいけれど、ひるんでしまう、、

そんなこんなでのんびりのブログ更新ではあるけれど、家族みんな元気で日本満喫中です。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-01-25 09:48 | その他

帰国しました

正月のローマ旅行はもう人ごみで大変で、、
やっと自宅に帰ったらまもなく日本帰国というスケジュールでバタバタしていてなかなか更新できなかったけれど、、すでに東京です。

今回も一人でルイジを連れてフランクフルト経由、ANAで帰ってきました。
家を出たのは昼11時。ボローニャでランチしながら離乳食を食べさせ、14時過ぎにフランクフルトへ出発し、フランクフルトでは4時間あまりの乗り継ぎ時間を夕食(ルイジには離乳食)、空港散策、乗り継ぎ待ちのほかの人とのおしゃべりなどでしのぎ、21時過ぎに飛行機に乗り込んだ頃には昼寝なしで騒いでいたルイジは流石にぐったりで、なんとか11時間のフライトでも6時間ほど眠ってくれました。
なので、バシネットはとりあえず確保してよかったです。

おもちゃや着替え、離乳食で抱えきれないほどの荷物を持っての乗り継ぎ帰国だったけれども、乗り継ぎのフランクフルトでも到着した成田でも係りの人にとても親切に荷物などのお手伝いをしてもらい、疲れたけれど、快適な帰国でした。

しかし家で待っていたのはルイジの時差ボケ地獄。
0時から就寝するも眠りが浅く、4時頃から熟睡し、正午近くまで眠り続けるという状態、、
はっきり言って私がヘロヘロです。
何日で時差ボケがなおってくれるかなあ、、

今週は時差ボケと向き合いつつ、小児科にグルテン不耐症についての意見を聞きに行ってみたり、近所の一時保育可能な保育園を見学したりしながらのんびり生活し、ステファノが到着する来週から本格的に活動していきたいと思います。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-01-12 17:40 | その他

セリアック病

痩せすぎルイジの検査結果がやっと出ました。
小児科医からは小麦粉を食べると栄養を吸収しなくなる症状が疑われる、、?と聞いていたけれど、まあ、全然心配していなかったので、何も調べず、28日に検査結果を取りに行くと
3つのテストのうち1つが陰性、もう一つが疑わしい、最後の一つが陽性!!
素人にはまったくわからないので当然かかりつけの小児科医に持って行って見せました。

結果、、
セリアック病(グルテン不耐症)は現状で陰性だが、要素はあるから将来なる可能性はある、とのこと。
セリアック病って日本ではあまり知られていないけれど、イタリアでは結構多く患者がいるそうで、「麦のグルテンを摂取すると、小腸の内膜が変化し、栄養が吸収できなくなる」不耐症だそうです。
アレルギーではなく遺伝性の自己免疫疾患だそうです。遺伝性の場合が多いそうなので、親戚にセリアック病患者がいないか散々聞かれましたが、まったく思い当たりませんでした。

セリアック病になってしまったら、食事からグルテンを排除すれば小腸の機能は元に戻り、患者は健康になるそうなのですが、イタリアにおいてグルテン除去食は本当に厳しいと思います。
ピザもダメ、パスタもダメ、パンもダメとなると友達との外食はリゾットか中華くらいしかできないでしょう、、
そういうイタリア人の話を結構聞いていて、気の毒に思っていましたが、ルイジにも将来的に発病する可能性がないとは言えないそうなので、とりあえず幼児期はなるべく主食をご飯にしてあげよう、と思いました。

今回ルイジがこの検査を受けたのは体重の増加が悪かったからですが、本当のセリアック病では便がひどく変化するそうです。小児科医にも便に異常がないかしつこく聞かれたのはこのためだったのか、と今さらながら思い当たりました。

日本ではほとんど聞いたことがなかったセリアック病。海外で子育てすると、新しく知ることが沢山あります。
ほっとしたところで、我が家は3日ほどローマの親戚訪問&観光に行ってきます。

それでは、皆さん、良いお年を。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2010-01-01 00:18 | 出産、育児


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧