モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

イタリアの離乳食2

ちょっと前の話になるが、ルイジの6ヶ月検診に行って、「手作り離乳食」の指導を受けた。
日本と違いそうなので参考に作り方を紹介しようと思う。

材料 
じゃがいも
にんじん
セロリ
カンソウ
ズッキーニ
サヤインゲン

エキストラバ-ジンオリーブオイル
パルミジャーノレッジャーノ
セモリナ粉
離乳食用肉の瓶詰め

作り方
野菜類をじっくり煮込み、「ブロ-ド」(ダシ)を作る。
ブロ-ド200ccにオイル、すりおろしたパルミジャ-ノチ-ズ、肉を各スプーン1と離乳食用セモリナをスプ-ン2を入れて出来上がり。

注意
初日はブロードのみを食べさせる。
翌日はブロ-ド+ジャガイモのペ-スト。
翌々日はブロ-ド+ニンジンと野菜を1種類ずつ足していく。(アレルギーを把握するため)
肉はウサギ、ひつじ、鳥などの白い肉から開始すること。
食後にリンゴか洋ナシのペ-ストを食べさせる。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-28 16:38 | 出産、育児 | Comments(2)

タコの溺れ煮

母から送ってもらった荷物で届いたマンガに夢中でしばらくネットから遠ざかってしまい、更新できませんでした。(この年でもマンガに夢中って、、)
マンガから現実世界に戻って、冷蔵庫がカラなことに気付き、昨日買い物に行ったら、猛烈に魚介類が食べたくなり、久々にス-パ-の鮮魚コ-ナ-で生のタコを購入。大きめだったから800gもあって14ユ-ロもしてしまい、結構散財してしまったけれど、気を取り直して3回はタコ料理を堪能しようと思います。
私の昼食用にタコご飯、タコときゅうりとワカメの酢の物は決定メニューだけど、ステファノのも食べさせるには、やっぱりイタリアン、、ということで、南イタリアの料理だからこのあたりでは食べたことないけど、「タコの溺れ煮」に挑戦しました。
d0140003_15225671.jpg

フタ付の鍋にタコを平らに敷きつめて、イタリアンパセリ、ニンニク、唐辛子、プチトマトを入れ、オリ-ブオイルをタコが浸るくらい入れてフタをきっち閉めて1時間煮込んだだけの料理。
私は土鍋で料理してみたけど、これが、タコがすごくやわらかくなり、タコから出た塩気とトマトの甘みでとっても美味しい。
日本式のプリっとしたゆでダコも好きだけど、これはこれで新しい発見。
残ったソ-スはパスタに絡めてもパンにつけて「スカルペッタ」してもおいしい。

しかしタコって地中海沿岸とアジアくらいでしか食べないから、多くの欧米人はタコが食べられないっていう話を聞いたことがあったけど、(アメリカ人が食べないのかなあ?)イタリアではよくタコを食べるし、ステファノがイタリア人でよかった-。
彼は日本で食べるタコ焼きも大好きだしね。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-27 15:40 | セコンド | Comments(4)

ソリエラのサグラ(お祭り)

昨日の日曜はステファノが早朝から釣りに行きたいと言うので、釣りに行ってきてもらい、昼過ぎから家族3人昼寝などしてダラダラすごした。

夕方、友人マリアとその彼からステファノへ電話が入った。
「昨日ソリエラのサグラでトルッテローニ食べたんだけど、たった2ユ-ロですごく美味しい。今日も食べに行くんだけど、一緒にどう?」とのお誘い。
サグラとはいわゆる日本のお祭りのようなものだ。街によっては「アスパラガス祭り」とか「いのしし祭り」とか「うなぎ祭り」とか名産品にちなんだサグラをしていて食いしん坊のイタリア人には好評のようだ。
ちなみに昨日のサグラは正確に言うと「ノッテビアンコ」という夏至にちなんだ夏祭りらしい。

ソリエラはモデナとカルピの中間に位置する小さな町だ。ステファノは幼少時代、ここソリエラ市の管轄になるリミディという町のはずれに住んでいた。
で、電話をくれたマリアもリミディに住んでいてカルピで働いている地元の友人だ。ちなみにステファノはカルピに住んでソリエラで働いている。本当に地元密着型だよなあ。イタリア。
d0140003_17284877.jpg

街には屋台が沢山でていた。と言ってもアンズ飴とかソ-スせんべいとかジャガバターとかではなく、手作りの人形とかアフリカから仕入れたような雑貨とか絵とか食べ物以外がメインだ。
で、食べ物は地元の農家が直売しにきていて、、果物やチ-ズ、サラミやバルサミコの屋台も出ていた。
これらは食べ歩き用でなく、あくまで食材としての販売だ。
その場で食べられる食べ物は市が主催でお城付近で売っていた。お城の前の広場でニョッコフリットというモデナ名物の揚げパンのようなものにサラミをはさんだものを食べ、いざトルッテローニを買いに並ぶ。
マリア曰く、「昨日は1時間待ったのよー」
ディズニーランドも真っ青。そこまでしてパスタ、食べたいのかね?
d0140003_17293645.jpg

で、これがそのトルッテローニ。トルッテローニとは一般的にリコッタと野菜の詰め物が入った手打ちパスタで生ハムやモルタデッラ、パルミジャーノの詰め物のトルッテリーニより大きめのパスタだ。
ちなみに8月過ぎにはカボチャの詰め物をした「カボチャのトルッテローニ」も出回る。あれも相当おいしい。
トルッテローニはバタ-ソ-スが一般的だが、ここではバルサミコ風味に仕上げていた。
そして太陽の形のパスタが混じっているのは、、ソリエラ市のシンボルが太陽のマ-クだからだそう。

夜9時過ぎ、ルイジがさすがに疲れて愚図るのでステファノをせっついて家へ帰ろうとしたが、次々と知り合いに出会い、話し込むのでちっとも駐車場に近付かないからイライラした。

地元主義もこういうときちょっと不便だ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-22 17:45 | イタリア生活 | Comments(10)

ズッキーニ

我が家の畑には毎年1株だけズッキ-ニを植える。
ズッキーニって日本では割と高めの野菜だし、私は知らなかったのだが、ものすごく効率よく収穫できるのだ。ちなみに近所の中国人の家ではズッキ-ニを20株くらい植えていて、中華料理屋に出荷しているらしい。農家じゃないのにセミプロだな。(お隣のパキスタン人は色々植えて自分たちで食べてる)
我が家では6月から3.4ヶ月くらい毎日1.2本のズッキ-ニが収穫できる。
新鮮なズッキ-ニはとても美味しいけれど、さすがにこれだけ収穫できると飽きる。まだ7月にもなっていないのに、私はもう、ちょっぴりズッキ-ニに飽きてきた。
ちなみに近所へのおすそ分けもどんどんする。けど、2日に1回はズッキ-ニを食べていると思う。

この1ヶ月にしたズッキーニのメニューは、、

アンティパスト
ズッキーニとドライトマトとサルシッチャのトルタサラ-タ(キッシュ)
ズッキーニと小エビのキッシュ
ズッキーニと夏野菜のマリネ

プリモ
ズッキーニとサルシッチャのトマトソ-スのパスタ
夏野菜とジャガイモのショ-トパスタ
エビとズッキーニのパスタ

コントルノ
ズッキーニのグリル
ズッキーニのフライ
ズッキーニの炒め物
夏野菜の煮込み(ラタトゥユ?)

セコンド
ズッキーニとパンチェッタのフリッタ-タ(イタリア風オムレツ)
冷やしズッキーニの煮込みトマト風味
ズッキ-ニとサルシッチャの蒸し物
ズッキーニと夏野菜のカレー

d0140003_15502722.jpg

これはズッキーニ、ナス、タマネギ、パプリカ、トマトの煮込み。大量に作っておいて、そのまま肉料理に付け合せたり、パンチェッタと合わせてオムレツにしたり、パイ生地にのせて焼いたり変幻自在。
超手抜きだけど、便利な料理。
賽の目に切ったり細長く切ったりするけど、細長いほうが写真栄えしたかも。

皆さん、他にズッキーニを使ったおすすめメニューがあったら教えて下さい。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-20 16:01 | 食材 | Comments(6)

おはようスパンク

イタリアでは日本の古いアニメがあいかわらず人気だ。
釣りキチ三平が釣り好きの多いイタリアで人気なのは納得だし、アタックNo,1やキャプテン翼が人気なのもサッカ-やバレ-ボ-ルが人気だから納得できる。
永遠の名作ハイジも有名だし、イタリア原作のカリメロ、なんとなく無国籍っぽいみつばちマ-ヤが人気なのも不思議とは思わなかった。

でも、「おはようスパンク」のTシャツをよく見かけるのは不思議で仕方ない、、
だって「おはようスパンク」ってかわいいと思えない、、
確か元々の設定も「ブサイク犬」っていう設定だったと思う。
日本でもハイジとかと比べたら知名度低いんじゃないかな?スパンク、、
私は主題歌歌えるけどさ、、でもそれほど好きじゃなかったな、、まあまあって感じだった。

で、スパンクのTシャツに話を戻すと、、
モデナのチェントロで売ってるのを見かけたけれど、そこは他のアニメTシャツも充実してるから納得できる。
でもカルピで非常によく見かけるのが不思議で、、しかも50代くらいのおばさんもよく着てる、、
一体なぜ?と思っていたら、ある日我が家のポストにチラシが、、
d0140003_15474686.jpg

気になってホ-ムペ-ジを見てみると、そこには濃ーいイタリア人モデルがスパンクのパ-カ-などを着こなす写真が、、ウケる、、。一着買いに行こうかなあ、、
http://www.mamaquevo.com/
entra nel sitoをクリックして、その後collezioniをクリックし、どうぞモデルの写真をご覧下さい、、。
スパンクビキニとかもインパクトありすぎ、、。ちょっと欲しいかも。

カルピには洋服の工場がいっぱいあってこの時期になると工場内のお店で信じられないほど安く今シ-ズンの服を売る。有名ブランドの工場内アウトレットによく行くけれど、まさかスパンク専門のブランドまであるとは!!

スパンクファンの皆さん、イタリアへ来る際には是非カルピでスパンクの洋服をお求め下さい、、。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-16 16:08 | 本、マンガ、アニメ | Comments(12)

週末小旅行2

d0140003_18302678.jpg

こんなところで朝ご飯。素敵だなあ。
d0140003_18315362.jpg

早起きして釣りに行ったステファノは芝生でごろりと一休み。
d0140003_18333481.jpg

池には2羽の鴨が、、ってよく見ると偽物。リアルすぎ!!
d0140003_18345160.jpg

ウリ君はお兄ちゃんだからおすわりもハイハイもつかまり立ちもできるし、僕と遊ぼうとしてくれたんだ!
でもまだボクはおすわりもできないし、上手に遊べない、、ごめんね。ウリ君。次回会うときはもっと大きくなっているから、一緒に遊んでね。
ちなみに暑いカルピから来たパパは山の上は寒いってボクをぐるぐる巻きにしちゃったんだ。
ミノムシみたいでちょっとヤダ。
d0140003_1838515.jpg

芝生は気持ちいいなあ、、、、
d0140003_18384717.jpg

腹筋の強いボクとお疲れのパパ
パパもお腹が出てきたって気にするなら、ボクみたいに腹筋したら?

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-15 18:47 | 小旅行 | Comments(2)

週末小旅行1

週末は、ルイジのお友達、ウリ君のお家へ小旅行へ行ってきた。
ウリ君のお家は丘の上にある素敵なホテルだ。
ウリ君の街のオリ-ブオイルも、ウリ君のパパのワインもとっても美味しい。
d0140003_15161932.jpg

到着後、すぐ釣りに行ったステファノ。翌朝は4時から一人で釣りに行き、6時には戻ってきて池の魚に残ったエサをやっていた様子。朝起きて窓を開けたら、一人池の魚に見入るステファノ発見。
d0140003_15221735.jpg

池にはかわいい睡蓮が、、。
d0140003_152422.jpg

本当に景色がいいところでうらやましい。でも土が見える山に植えられたオリーブ?の木を見ていると台湾南部でみられる禿山のビンロウを思い出してしまう、、。
d0140003_15275766.jpg

草むしりも覚えてご機嫌のルイジ。
おばあちゃんに見てもらおうと沢山写真を撮ったので、
2へつづく

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-15 15:41 | 小旅行 | Comments(2)

セカンドベビーカー

d0140003_2026445.jpg

7月になったら、日本からお友達が来てくれて、一緒に電車で旅行するつもりだし、日本への帰国も一人ですることになりそうだしで、セカンドベビーカーを購入した。
元々欲しかったシルバ-クロスの軽量ベビ-カ-は、リクライニングがほとんどないものだった。
歩ける子供などにはあれくらいのものでいいだろうが、まだ6ヶ月にもならないルイジには厳しそうだし、何より私がベビ-カーにこだわる理由は「寝てくれたらなあ」ってことなので、リクライニング付のものを購入することにした。
リクライニング付の軽量ベビーカーはマクラーレンのクエストスポ-ツかinglesinaのtripの2択。
マクラーレンは200ユ-ロ以上して驚いたけど、日本では4万円以上してるみたいだからちょっと納得した。
inglesinaはイタリアのメ-カーで、こちらではとてもポピュラーだ。tripはバカンツァやおばあちゃんの家に行く時にも軽くて快適と、いかにもイタリア的な謳い文句で売られていた。お値段は100ユ-ロ以下。
マクラ-レンのほうが高性能であることは見た目からも間違いないけれど、重さもあまりかわらないし、将来もっと軽量のに買い換えたくなるかもしれないし、と思ってtripを購入した。

これで、日本の自動改札もスイスイだ!!

ちなみに1台目のベベコンフォートはタイヤもしっかりしていて音もあまりしないし、乗り心地も良さそうなんだけど、田舎の未舗装砂利道を散歩しすぎたせいか、かなりタイヤが磨り減ってきていて、タイヤ交換しないと寿命が近そうだ。しかしタイヤ交換なんてしてくれるのかな?車じゃないんだから、、
ちなみにベベコンフォートは幌までフル装備で9キロ。こちらは約6キロ。飲み物ホルダーがついてちょっとスポ-ティなモデルだ。そして押し手がすごく高い。167センチの私にも少し高い感じがする。ヒ-ルでちょうどいい感じ。朝のお散歩出発前にパチリ。
d0140003_20444027.jpg

「さあ、出発だ、今、日がのぼる、、、、、ポンチョに風はらませて-」byマルコ
同じイタリア人でも母さんを探すマルコは大変だなあ。(ニンニンよりさらに古い)
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-12 21:01 | 出産、育児 | Comments(10)

プロシュートクルド(生ハム)

日本では高級食材である生ハムだが、豚肉大量消費王国モデナでは非常にポピュラーな食材だ。
パンに挟んでサンドイッチにしたり、チ-ズやメロンと盛り合わせて前菜にしたり、生パスタの詰め物にしたり、パスタソ-スに使ったり、、
大家族の場合は腿の形の巨大なハムの塊が家に常備されていて、薄切りスライスカッターが家にあり、好きな時に薄切りにして食べたりするのだが、ステファノと二人ではそんなに食べないので、いつもス-パ-で200グラムくらい買ってきて食べている。
一般的にス-パ-にはハムやサラミ類を切り売りしてくれるコ-ナーがあり、グラムで量り売りしていて、切り方なども指定できるので、とても便利だ。

いつも行く近所のス-パ-にはパルマ、モデナ、サンダニエレという3つの産地の生ハムの塊がそれぞれ2.3個づつあり、産地+どの塊かを指定して切ってもらう。
なぜどの塊か聞かれるのか、はじめは知らなかったのだが、生ハムって切りはじめの太い部分のほうが塩分が多く、細くなっている部分のほうが甘いそうだ。
なので、パルマ産のほうがモデナ産より少し高く、甘い、と言われているのだが、予算が、、という時はモデナ産でもう大分切ってあり、先っぽの細い部分が残っている塊を指定して買えば、それなりに甘い(はず)だし、来客時に見栄えがするのはやっぱり切り始めの大きい部分だし、どんな料理か、家族だけで食べるのか来客があるのかでも買う部分を考えられる。
日本人が遊びに来る時には少しずつそれぞれの産地のものを買って食べ比べても楽しいし、、。

ルイジがいてなかなか手の込んだ料理ができない今、来客時の前菜に美味しいパルミジャーノレッジャ-ノに本物のバルサミコ、それにハムやサラミの盛り合わせは主婦の強い見方だ。だって盛り付けるだけだし、、。
d0140003_265975.jpg

イタリアでは赤ちゃんに「味を覚えさせる」と言って色々な食べ物をなめさせる習慣がある。
ステファノも当然のように切ったリンゴをルイジになめさせていた。(はじめはイヤだったけど、もう慣れた)
時には柴漬けをつまみ食いした箸をなめさせていたことも、、(ルイジ、イヤがってた)
で、最近、手の動きが活発になってきたルイジはリンゴをステファノから奪い取り、自分でなめる。
でも、間違って飲み込んで窒息でもされたらイヤだと思っていたら、店でこんなものを発見。
ネットの中に切った食べ物を入れて、味付きおしゃぶりにするらしい。
リンゴやニンジンは定番らしいが、パンやチ-ズを入れることもあるらしい、、。
チ-ズって、、ソフトチ-ズはイヤだなあ、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-11 02:21 | 食材 | Comments(4)

ピゼッリ(グリーンピース)

畑のピゼッリがちょうどいい具合になってきたので、今年初めての収穫をした。
畑からとれたピゼッリは本当に甘くておいしい。生のまま食べても美味しい。
イタリアの野菜は全般的に美味しいけれど、これは特に美味しくて衝撃だった。
日本では缶とか冷凍ものに出くわす機会が多いので、差が歴然だったのだと思う。
(特に安い店で外食するとよく出てくる冷凍のミックスベジタブル。あのグリ-ンピ-スと比較するともう小錦と舞の海くらい差がある)

我が家では畑からとれたピゼッリはなるべくトマトを加えず、本来の繊細な風味を活かしてハムやパンチェッタと一緒に生パスタやリゾットにする。
トマトとピゼッリも相性はいいのだが、トマトは味が強いから買ってきたピゼッリとトマトソ-スの組み合わせはよくするけれど、収穫したての自家製はなるべくそのままの味を楽しんで食べる。
d0140003_1536534.jpg

d0140003_15363360.jpg

しかし、これ、豆を取り出すのに結構時間がかかる。
この時期、夕方ルイジを連れてサンマリノ村を散歩していると、庭の木陰で豆をむいたり、サラダをちぎったりする主婦をよく見かける。みんな蚊が気にならないのか不思議、、。
確かに気持ちいいんだけど、午後は蚊が多いのがイヤなんだよなあ。
そしてそんな主婦たちとおしゃべりしているうちに、ルイジはかなり知名度があがったようだ。
村の住人たちはほとんど全ての子供がどの家の子か把握している様子。
東京では考えられない環境だ。
d0140003_1645670.jpg

日曜日は朝から選挙へ行ってきました。会場で出会ったご近所さんが「イタリア人と結婚してるのにまだイタリア籍持ってないの?でもきっともうすぐイタリア籍取って選挙できるようになるわよ」と親切に言ってくれました。
ごめんなさい。イタリア国籍、全然欲しくないです。2重国籍ならともかく、1つしか国籍持てないなら絶対日本国籍を選びます。だから私がイタリアで投票することはこの先もないでしょう。
でもルイジはイタリア人でもあるので、成人後イタリア国籍を選べば、イタリアで選挙権持つことになるんだなあ。ルイジが大きくなるまでに日本の法律が変わって、2つの国籍を保持できるようになっていればなあ、とは考えてしまう都合のいい母なのでした。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-06-09 16:14 | 食材 | Comments(6)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧