モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

自宅でレッスン

いつも中国語や日本語を教えているカルピの学校から、かなり強引な仕事の依頼がきた。
ボロ-ニャ大学の学生の初級中国語テスト対策で、1ヶ月に20時間のプライベ-トレッスンを、ということだった。
すでに夜は週2回ほど学校で教えているのだが、それ以上ステファノに早く帰ることも強要できないので、断ろうとしたら、自宅で、私の都合の良い時間にレッスン、しかも子供が泣いたら中断してもよい、というので週3回午前中、自宅でレッスンすることにした。

生徒はとても素直でかわいらしいのだが、高いプライベートレッスン代を支払えるだけあってお金持ちらしく、ピカピカのBMWでシャネルの鞄をぶら下げてやってきた。
初級なので、今日は家族についての表現を中心にやったのだが、テキストにある、「家はどこですか?」「両親は何をしていますか?」「家にはいくつ部屋がありますか?」などの質問への答えを聞いて、ますます彼女のお金持ちっぷりを目の当たりにして、こんな長屋に呼んでよかったのかちょっと疑問に思った。
「部屋がいくつありますか?」
「わからないわ、、8部屋か、、10部屋くらいかな?」
ってどんな家に住んでるんだろうか、、

ちなみに「両親がどこで働いています」というフレ-ズ、、「病院で」とか「テレビ局で」とかいう言葉を入れるのだけれど、「服飾工場を持っています」というフレ-ズに変更させてしまった。
「工場で働いています」はウソじゃないけれど、あまりにもイメ-ジが違うので、、
やはりカルピのお金持ちは服飾ブランドオーナーなのね、、。

途中でルイジが大泣きしたりして10分ほど中断したり、抱っこしながら授業したのだが、イヤがりもせず、「ムリして時間を作ってくれてありがとう。」と感謝しつつ帰っていたので、とりあえずよかった。
明日も来ることになったけど、ちゃんと宿題やってきてくれるかな?

やっぱり子育て中でも少しでも仕事ができると気が晴れていい。
お財布も潤うしね、、。

しかしステファノが「年間2000ユ-ロ以上収入があったら年末に納税することになると思うよ。多分500ユ-ロくらいじゃない?」と言っていて恐ろしくなった。
今年は結構仕事が順調だからもうほとんど2000ユ-ロ近く収入があったような、、。
学校からの収入は税引き後の金額だと聞いているのだが、それでもさらに払うのかなあ?
次回のレッスン時に学校に聞いてみようっと。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-27 20:18 | 仕事

抜け毛

出産して3ヶ月頃から抜け毛が増えてきた気がした。
そこで、ちょうど日本にいたし、髪の毛をかなり短くした。
手入れがとてもラクになってよかったし、髪の長さが短くなるだけで抜け毛も減ったように錯覚していた。
ところがちょうど4ヶ月くらいから、もう恐ろしいほどの抜け毛。
それも額の辺りからもかなり抜けているようで、ドライヤーを前から当てるとハゲ?と不安になる髪の薄さ。
心配になってネットで調べてみたら産後の抜け毛は産後3-5ヶ月がピ-クなんだそうだ。
今、まさにピ-ク。
まあ、早く抜け毛がおさまるのを祈るしか対処法はないらしい。

産後すぐは育児で忙しく、ロングヘアを洗ったり、乾かす間も惜しかったし、今となっては家中の床に散らばる髪の毛の量を減らす意味でも産後の髪は短めが便利だと思う。
d0140003_15503962.jpg

d0140003_1551512.jpg

ルイジ1ヶ月→4ヶ月
同じところで写真を撮るといかに伸びているかわかりやすい。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-23 16:01 | 出産、育児

ルイジ4ヶ月

早いものでルイジが生まれてからもう4ヶ月が過ぎた。
現在、身長64センチ、体重5.8キロ。
首が据わり、寝返りに何度か成功している。
先週、初めて寝返りに成功したところを見たときは、何かの間違いかと思った。
だって、4ヶ月前に寝返りって早すぎるような気がして、、
でも今週にも何度かソファ上で寝返ったので、いよいよ、目が離せなくなってきた。
ソファから落下させたら大変だ。

小児科から体重の増えが悪いと言われている意外はいたって順調。
ヨダレが増えてきたので服が汚れやすいのと、なんでも口に入れるのが今の悩み。
また、つかみ運動?に夢中で、近くにオモチャを転がしておくと掴み取ってなめていることがある。
また、知恵がついてきたようで、私を観察していて、部屋から出て行こうとすると奇声を上げて抗議する。
また、寝てばかりいて景色が見えないのは不満らしく、頭を高くしたがる。
(座りたがるんだけど座れない)

大きな病気もなく、あまり手がかからないのはありがたいことだけど、本当に痩せているので、少し太ってくれたらなあ。
d0140003_16365428.jpg

近所の公園を散歩中にパチリ。
頭もとても小さくて、まだ1-3ヶ月サイズなのにケチな母は3-6ヶ月用の帽子を購入。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-18 16:44 | 出産、育児

布おむつと洗濯の温度

初めてイタリアの洗濯機を使った時、その時間の長さに驚いた。
普通に洗濯して脱水まで約2時間かかる。
それから洗濯機の使用法がよくわからない、、
様々なモ-ドがあり、「デリケ-ト」モ-ドと普通モ-ドにそれぞれ温度設定が、、
温度は
冷水(デリケ-トモ-ドのみ)
30度
40度
40-60度
60度
95度
でさらにシルクや毛、麻、コットンというメモリも選択できる。
はっきり言って複雑すぎて使いこなせなかった、、。

しかしルイジの布オムツや肌着など、白いコットン素材のものを多く洗濯するようになって、俄然イタリアの洗濯機が好きになった。
今まではステファノに言われたように全て30度で洗っていたのだが、なかなか落ちないウンチの黄ばみをとりたくて、95度で洗濯してみたのだ。
そうしたら、ウンチの黄ばみどころか、石灰の多い水での洗濯での宿命と思っていた灰色っぽいくすみまでキレイになった。すごいぞ、95度!
それ以来気になって色々な洋服の選択表示のチェックをはじめたが、ほとんどのものは40度での洗濯が良いみたいだ。たまに60度というものもある。
おそらくこれ等のものを一緒に洗うときに40-60度というモ-ドを選択するのだろうが、中は50度になっているのかな?ナゾ、、。

一度お湯での洗濯に味をしめてしまうともう日本の洗濯機には戻れない。漂白剤なんてまったく必要ないくらいキレイになるんだもん。
しかし95度の洗濯って一体中はどうなっているんだろうか?壊れてドアが開いたら大やけど?
それに電気代もかかりそうでちょっと怖い、、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-17 01:02 | イタリア生活

増えない体重

日本から帰ってきて、半月遅れの3ヶ月検診に行って来た。
ルイジは生まれてから毎月5センチずつ身長が伸びていて、すでに63センチになっていた。
ところが体重は5450グラムと1ヶ月前と比べて450グラムしか増えていなかった。
これを見て、小児科医が「母乳が足りないみたいだからミルクを処方しよう。まず母乳をやってからミルクを足すように」と言い出した。

母乳が足りない?そんなはずはない。
今でも1回搾乳すれば100ミリくらいはとれるし、乳房をきゅっと押すと母乳が飛び出す。
そこで「母乳は足りていると思うのですが、、」と伝える。
すると小児科医は処方をくちゃくちゃに丸めてゴミ箱に投げ入れつつ「なんだ。だったら母乳不足じゃなくてサムライが少食なんだな。」と言った。
私はさらにルイジが哺乳瓶拒否することを伝えた。搾乳した母乳すら哺乳ビンから飲まないルイジがミルクなら飲むってことも考えにくい、、。
するとドクタ-に「スプ-ンは?」と聞かれた。
実はルイジ、スプ-ンからなら飲む。しかも結構うれしそうに。
そのことを答えると、「じゃあ15日後にもう一度計測して増えてないようなら早めに離乳食始めよう」と言われた。

とりあえず家に帰ってから、なんで体重が増えなかったのか考えてみた。

1 日本でひどい鼻風邪をひかした
2 日本で連日の外出で授乳回数が極端に減った

とりあえずこの二つしか思いつかなかったが、日本では夜間の授乳はなくなったうえに昼間の授乳も3時間間隔くらいになっていたことを思い出し、反省。これからはルイジが目覚めるたびになるべく頻繁に授乳しようと思う。
日本では離乳食のスタ-トは遅くされつつあるらしいのに時代に逆行もしたくないので体重増加を願うしかない。

しかし、3ヶ月を過ぎて、育児が本当にラクになった。
ルイジはほとんど泣かないし、グズるのは眠たいときだけでそれも抱いてやれば10分ほどで眠ることが多い。
授乳も2-3時間に1回で落ち着いているし、夜泣きもしない。
あやせば笑うし小さな手で私の胸をきゅっとつかんでなんともかわいい。
2ヶ月までの大変さがウソのようで育児が楽しい。
d0140003_2348872.jpg

馬、、じゃなくて乗れる鯉のぬいぐるみと一緒にパチリ。
ボク、そんなに痩せてるでしょうか?
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-09 23:53 | 出産、育児

北海道旅行2

小樽から電車で1時間半かけて移動したニセコ。
スキ-もしないのに、なぜ?かと言うと、実はオ-ストラリア人に人気のリゾ-ト地で英語が通じやすいからステファノが単独行動しやすいだろう、という理由で選んだ場所でした。
私の目的はあくまで温泉だったので、私はルイジとずっとホテルで温泉三昧。ステファノはガイドをつけてトレッキング、、という季節でもなかったのでスノ-シュ-ツア-に送り出しました。
膝が悪いステファノはスキ-はできないので、せいぜいスノ-シュ-。まあ、結果としては楽しんでくれたようで、何よりでした。
d0140003_1618227.jpgd0140003_16194041.jpg










d0140003_1623167.jpgd0140003_16233943.jpg










ホテルはとても親切で、子供も一緒に入浴できるよう、貸切風呂を毎日無料でサ-ビスしてくれて、食事も2日は和洋折衷懐石、1日はステ-キセットに換えてくれたので、ステファノも喜んで食べていました。
ニセコ合鴨のステ-キ、美味しかった。
私は雪の中露天風呂を楽しんで大満足。
子供連れでも十分楽しい旅行となりました。
d0140003_162938100.jpg

食事はレストランでとるスタイルだったのですが、他のお客さんにもルイジは大人気。
(おばあちゃん世代が多かったからでしょうが)
ちなみに泊まったホテルは香港人に人気らしく、香港人家族とも仲良くなりました。
彼らのサラダバ-での食べっぷりには驚かされましたが、、。
嬉しげ周囲をチェックするルイジ。

しかしニセコは聞きしに勝るオ-ストラリアぶりでした。
洒落たバーやアイリッシュパブが立ち並ぶ中心街。カフェのトイレには行方不明のオ-ストラリア人の情報を求める英語のチラシが、、。
ステファノと「ここでジェラテリア開こうか?」とちょっと考えてしまったくらい。
温泉付の洒落たコンドミニアムから出てくるのはみんな外国人。
帰りの千歳空港行きバスも私以外日本人はおらず、アナウンスは英語のみでした。
日本語ができない個人旅行者が十分楽しめる観光地、ニセコ。新しい日本を発見した気分でした。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-07 16:49 | その他

北海道旅行1

日本滞在中、貯まっていたマイルで行った北海道旅行。
小樽に2泊して新鮮な魚介類を食べまくり、ニセコに3泊して温泉でのんびり。
ルイジが生まれてから初めての泊りがけでの旅行を満喫してきました。
まずは小樽に泊まって市内観光、そして市場から毛蟹やホタテをクール宅急便で東京の実家へ送り、2日目は近くにあるニッカウイスキ-の工場見学に。
余市という街にあったこのウイスキ-工場、無料でガイドさんが案内をしてくれて、試飲もでき、けっこう楽しめました。
d0140003_155278.jpgd0140003_1552299.jpg










工場内のレストランでステファノはジンギスカン定食を、私は北海ちゃんちゃん焼き定食を食べました。
なんてことのない料理だけど、寒いので、体が温まって美味しかった。
d0140003_15541989.jpg

夜はホテル近くの小樽運河にある炭火あぶり焼きレストランで牡蠣、ホタテ、カニ、イカなどをたらふく食べ、(ステファノは手羽先とか肉を焼いて食べさせた)疲れ果てて就寝。
d0140003_15563094.jpg

親子がおんなじポーズで眠っていて微笑ましかったので、思わず激写。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-07 16:03 | その他

戻りました

土曜日の深夜というか、日曜の早朝というか、、カルピの自宅へ戻りました。
昨日の日曜は夫婦でせっせと荷物を片付け、兜や鯉のぼりをかざり、疲れ果て、時差ボケもあり夕飯も食べずに夕方6時から眠ってしまいました。
兜は母が「半畳くらいある」と言っていたけれど、確かに大きく、ステファノは「ルイジが大きくなったらかぶせて写真を撮ろう」と張り切っているくらい。
しかしこんなのかぶるのは子供には怖い気がするけどなあ、、私も小さい頃お友達の家にあった五月人形、怖かった記憶があるし。(和室だったので雰囲気十分だったし)
d0140003_15365165.jpg

この兜を購入した武具屋さんは三島由紀夫御用達だったそうです。三島ファンの私が熱く三島由紀夫の作品と生涯について語っているとき、ステファノはお店の英語パンフレットに釘付けでした。
(サムライ美術というタイトルがつけれらたパンフレットでしたが)
このお店は外国人も多く来店するようで、本当に丁寧に梱包してくれていて、英語でも割れ物シールを貼っていてくれたので安心して荷物を預けられました。

今回、戻りのフライトは本当に大変でした。
成田をお昼11時半出発の便だったのですが、北朝鮮の人口衛星?を避けて12時過ぎに出発し、さらにルートを変えて日本海を横切らずに飛んだそうで2時間近く遅れてフランクフルト着。
ルイジは全然眠らず、行きの夕方6時過ぎ出発の便とは疲労度が段違い。
しかもフランクフルトには日本時間の深夜着になるので、乗り継ぎの待ち時間は睡魔との闘い。
一人なら荷物抱えて眠ることもできるけれど、子供と荷物を抱えて眠るのは困難だし、、。
ボロ-ニャに23時過ぎに到着して、無事荷物を受け取った時は本当に嬉しかった。
せっかくの兜、紛失したり破損したらと、心配だったので。
何はともあれ、無事帰って来られてほっとしています。
d0140003_15522619.jpg

写真は飛行機のバシネットで寛ぐルイジ
ずっとルイジといたステファノが吐き出されても吐き出されても忍耐強く与え続けたおしゃぶり、、ついにルイジがくわえつづけるようになりました。
いいのか、悪いのかはまだわからないけれど、私が仕事に言っている間、ステファノにはきっとこのおしゃぶりが強い味方になってくれるでしょう。
(眠たくてグズっている場合、おしゃぶりで眠ることが多いので)
今まで日本語レッスンをしている2時間、ほとんど泣き続けだったらしい、ルイジ。ステファノが少しでもラクになるといいんだけど。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-06 16:08 | その他


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧