モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

初節句の準備

ステファノが来日してからあっと言う間に1週間以上過ぎた。
先週は北海道の小樽に2泊、ニセコに3泊して、海の幸と温泉を堪能して来た。
小樽の市場で毛蟹とホタテを買ってクール宅急便で自宅に送り、母へのお土産にした。
千歳空港で見たらどちらも倍以上の金額がついていたので、やっぱり市場で買ったほうが安いんだなあ、と思った。
ニセコはオーストラリア人にかなり人気らしく、真新しいコンドミニアムが乱立し、不動産売買の英語情報誌などもホテルに置いてあり、スキーインストラクターから運転手まで多少は英語が通じた。
洒落たカフェやアイリッシュパブなどもあり、北海道の中では有数の外国人向けリゾートのようだ。
私は外国人の多いひらふエリアでなくアンヌプリから近い昆布温泉に滞在したのだが、かえって落ち着いたたたずまいでよかったと思う。
ニセコを選んだお陰で私は温泉三昧、ステファノ英語ガイドをつけてスノーシューのツアーに出かけることができた。
6日間、北海道でひたすらリラックスして東京に戻ったら、母が端午の節句用の兜と鯉のぼりを準備したいから、選んでくれ、と待っていた。
とてもありがたいのだが、イタリアまでの郵便事情を考えると今回持って帰れる大きさのものを選ばないと大変なことになるので、すごい勢いの母をなだめて、なるべく小さいものを買ってほしいとお願いした。私としては鯉のぼりのおもちゃの棒部分にラムネが入ったものでもいいんだけど。(子供の頃そういうの売っていた記憶があるので)
鯉のぼりを見たステファノ、「釣りに行くときボートにつけよう」とはりきっていた。
(使い方が違うけど、、)
兜は本物の武具屋さんのものがおすすめだと言われているけれど、持ち帰れるものなら何でも、母に任せるつもりだ。後はイタリアで柏餅を作りたいので柏の葉を持って帰ろうと思う。

それから今週はルイジのお食い初めをする予定だ。(ちょっと遅いけれど?)

北海道でも結構写真をとったのだが、実は今回ルイジを連れての乗り継ぎを考えて自分のパソコンは置いてきてしまったので、なかなかブログの更新ができない。
イタリアに帰る来週に少しずつ写真などをアップしていこうと思う。

桜も開花しているし、今週いっぱい、東京を目いっぱい楽しむ予定だ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-03-31 11:41 | 出産、育児 | Comments(8)

帰国中

初めてのルイジ連れでの里帰り、、長いフライトが心配だったけれど、10時間強のフライト時間のほとんど、おとなしくバシネットで寝ていてくれ、結果的には私も十分睡眠をとれ、とってもラクだった。
ボローニャ空港でも飛行機に乗り込む直前までベビーカーを利用し、フランクフルトでもすぐに受け取れたので、4時間強の乗り継ぎ待ち時間もルイジはずっとそこで眠ってくれたし、本当に全て順調に帰ってこれた。
また東京についてからもルイジはずっとご機嫌で連日外出してもほとんど泣かない。
昨日は電車で新宿まで行って、お友達とご飯を食べたが、朝10時以降、夕方5時前までなら電車も空いているので、ベビーカーでの外出も可能だとわかった。)中央線の新車両は車イス用のスペースがあるのでベビーカーを置くのにとっても便利だった。

しかし、東京生活、本当に楽しい。
気軽に自宅から歩いて外出できるってなんてすばらしい!
カルピではいつも車、、。ベビーカーの上げ下ろしも少し億劫だし。

こちらに来て他のお母さんたちをチェックして思ったのは、もう9割くらいのベビーカーが真新しいマクラーレンのものだということ。あんなにみんなおそろいでいいのだろうか?
それからこちらのベビーカーは車輪の直径が小さいけれど、すべてダブルでついている。
つまり8輪ってこと。
あれってそんなに重要なのかな?車輪を大きくして4輪にしたほうが便利そうじゃない?

それから日本の赤ちゃんは素足、、。結構寒いのに靴下なしで抱っこされてる子を外で見て、ちょっとカルチャーショックだった。
イタリアでは服が足つきだから赤ちゃんの素足をこの季節に外で見ることはないもんな。

ステファノは連日友達と外食しているらしいが、やはりルイジがいないのが寂しいらしく、毎日寂しいとメールが入っている。まあ土曜日には会えるからもう少し我慢してもらおう。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-03-18 09:43 | その他 | Comments(7)

ミラノとマロングラッセ

昨日はミラノまでパスポートを作りに行ってきた。
悩んだ末、慣れないミラノで駐車場を探したり、泣き声を気にしながら運転するよりは、と電車で行くことにし、ルイジ、電車初体験。
行きはエスプレッソ(急行)帰りはユーロスターシティ(特急)に乗ったのだが、所要時間はほとんど同じで停車駅も同じで金額が約2倍。一体なんなのだろう?確かにユーロスターは車両が新しいけど、やっぱり壊れてて開かないドアとかあるしなあ。
電車では折りたたんだベビーカーは網棚に載せてしまってスリングで過ごしたが練習の甲斐あって授乳も上手くできたし、ほとんど眠って過ごしたルイジ。
ミラノでは結構興奮気味でうれしそうに奇声を発してご機嫌だった。
領事館で少し泣いたけれど、授乳でごまかし、、ああ、母乳って素晴らしい。

朝の10時に申請したパスポート、受け取りは15時以降と結構時間があったので、タクシーを走らせて、マロングラッセを買いにいった。
d0140003_17174794.jpg

ジョバンニガッリというマロングラッセの名店らしいのだが、去年の冬の帰国前母に買ったものは持って帰るのを忘れ、全てステファノのお腹に、、。無類のマロン好きの母のために今度こそは、とマロングラッセを探すも、カルピ周辺では1月以降マロングラッセを売っているようなお店は皆無。
しかしこの店では1年中マロングラッセを売っているらしいと聞き、領事館からタクシーを走らせた。

タクシーから見るミラノの街、、怖すぎる。あの縦横無尽に走るトラム、、都会では絶対運転できない自分を思い知り、今となっては田舎住まいに感謝。
ステファノはタクシーの運転手に「ナポリとミラノ、どっちの運転が難しいか考えちゃうよ」と話しかけ、運転手は「そりゃミラノのほうが簡単さ。ミラノは渋滞してるけど、ルールはあるから。ナポリはルールもないだろ」と言っていた。
う-ん。確かにミラノはちゃんと信号が機能していたもんなあ。ナポリは信号を誰も守っていなかった。

都会がキライなステファノは「空気が悪い」だの入ったレストランの「サラダがすごくマズイ」だの色々言っていたけれど、私とルイジは久々の都会を楽しんだ。(と思う)
サラダがまずいって、畑から採れた野菜ばかり食べている彼にとってはそうだろうけど、、東京の野菜もダメなんだろうなあ、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-03-13 17:43 | ドルチェ | Comments(8)

カラスミ

もうすぐ帰国するのだが、ちっとも準備が進まない。
とりあえず母に頼まれたものだけでも、と今日はモデナのメルカートまでカラスミを買いに行った。
d0140003_21423718.jpg

ルイジが生まれてから初めて一人でモデナまで運転した。
9時頃出発してしばらくは眠たくてぐずっていたルイジ、車の振動ですぐ眠りについてくれた。
モデナまでは30分たらずなので、とりあえず9時半頃から散策開始。
まずはルイジが眠っているうちにメルカートに直行し、カラスミを購入。
母は1キロほしいと言っていたが、美味しいかわからないし、とりあえず5腹購入。1腹あたり1200-2000円程度だったので、やっぱり日本より安い。でも昔住んでいた台湾のほうがもっと安かった。
家でふりかけのように惜しみなく使えるパスタ用の粉末カラスミも購入。やっぱり固形のとは別物だけど。

これだけ購入すると結構な金額になったので、お店のおじさんも超笑顔。日本では見かけないけれど、こちらではもっと高級なまぐろのカラスミも少しだけ切ってもらって「これ味見して美味しかったら今度はこっちも日本に持って帰るわ」と言うと、「このまぐろのカラスミはおまけするよ!ありがとう」とオマケしてくれた。1キロ160ユ-ロのものだったと思うので、一切れでもトクした気分。母の買い物で思わぬ戦利品。

メルカートでの買い物も済んだ10時過ぎ、ルイジが起きそうになったので、以前から行きつけの素人っぽい内装で、ソファ席がゆったりしていて、人目がほとんどない部屋があるバ-ル(通称下北。下北沢にありそうなカフェだから)へ直行し、授乳。
上手いこと再び眠りについてくれたルイジを連れて今度は以前ポポリーニの布オムツを購入した自然派ショップでオーガニックコットンのベビー肌着や洗える母乳パッド、布ナプキンなどを購入。(これらもすべてポポリーニのもの)さらに、ステファノがルイジの頭の形を気にしているのでそば殻ドーナツ枕も購入。ランチへ帰宅する人の渋滞が始まる前にと、12時には帰宅した。

約3時間のお出かけ。ルイジはとってもいい子だった。明日はミラノへパスポートを作りに行くけれど、またいい子にしていてくれるといいな。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-03-11 22:06 | 食材 | Comments(4)

マチェドニア

イタリアはいよいよ暖かくなって、いかにも春らしい天候が続いている。
真冬のコ-トはそろそろ必要ないので革のジャケットや薄手のコ-トを準備した。
春といえば、、イチゴが店先に並び出し、妊娠中トキソプラズマ予防のために食べなかったマチェドニアが食べたいので、さっそく作ることにした。
d0140003_22474336.jpgd0140003_22481011.jpg










作り方はステファノに習ったので、本当に適当なのだが、好きなフル-ツを洗って、切って、砂糖とレモン、白ワインをかけて冷蔵庫で冷やすだけ。
我が家ではイチゴ、バナナ、キウイ、リンゴは定番だ。(常に冷蔵庫にあるフル-ツだから)
砂糖はかなり多めにしたほうが美味しく感じる。
白ワインのかわりにジュースを使ったり、スパ-クリングワインを使ったり、アレンジは自在。
子供の頃家で食べた「フルーツポンチ」を思い出し、切ったゼリーを入れスプライトで仕上げたらステファノには不評だった、、。残念。

イタリアのイチゴってそのまま食べても甘みが薄くあまり美味しくないので、イチゴを買うと専らマチェドニアかイチゴのマスカルポーネを作ることが多い。
イタリアにもあまおうみたいな甘いイチゴがあるのだろうか?

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-03-09 23:00 | ドルチェ | Comments(4)

授乳間隔と体重

ルイジが生まれて2ヶ月半が過ぎた。
うなり声もかなり減って、夜もぐっすり眠れるようになったようだ。
実はここ1週間ほど22時から5時くらいまで眠り続けて夜中の授乳がなくなってしまった。
3ヶ月にもならず夜の授乳がなくなってしまってもいいのだろうか?
良く寝ているのに起すのも気の毒だから夜は授乳していないが、ステファノが「ルイジ、痩せたなあ」というのでちょっと気になり、昼間、なるべく頻繁に授乳しようとするも、、昼間もよく寝るようになってしまい、難しい。(痩せたというか身長が伸びているのに体重があまり増えない)
まあ、健康そうなので、あまり気にしなくていいのかな?
2ヶ月検診でも「サムライはすごく長いなあ。4ヶ月くらいに見えるよ。何にも問題ない。パ-フェクトだ」と言っていたので、まあしばらくはこのまま様子を見ようと思う。
d0140003_18511718.jpg

3ヶ月用60センチの服がかなりきつくなってきたので、不安に思い、再びカルピのベネトンへ買出しにいったら、2階の全フロア5ユ-ロ均一になっていた。
しかも夏物も出ていたので半そでのシャツや半ズボンなど6点購入。

ちなみに大人用のジ-ンズやパンツ、シャツやニットも5ユ-ロ均一。
2年前のモデルだろうけど気にしない人にはいいと思う。
パルマから遊びに来てくれていたお友達も仕事用にパンツを購入していた。
シスレーの元値が59ユ-ロのパンツ、、5ユ-ロ均一に出るなんて、、、
全国のベネトンがこの5ユ-ロセ-ルをしているのだろうか?
不景気の影響だろうが、、恐るべし。ベネトン。経営は大丈夫なのかな?
日本のベネトンで600円均一セールをしたら流行るだろうなあ。

そしてベネトンの子供服の洗濯表示や品質表示が各国語表示で長いから以前購入したものも持ってきて切っていて、産地が様々なことに驚いた。

シャツ3枚とジーンズ地の半ズボンがチェニジア製。
サッカー地の気持ちよいズボンがイタリア製
ジャケットがベトナム製
パジャマのようなコットンの上下揃いが中国製
それにルーマニア製とウクライナ製のものがあった。

また非常に気になるのは中国製とチェニジア製1枚以外の全ての日本語表示が「ベネトソ ジャパソ」になっていたこと。
ソとン。似ているけど、こういう大企業で間違えられるのってちょっと笑える。
中国のあやしいお菓子とかじゃないんだから、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-03-05 19:14 | 出産、育児 | Comments(6)

日本滞在時のベビーカーについて

一時帰国の時に持って行く予定のベビーカー。
はっきり言ってすごく重たい。ベ-スが6キロ、本体が2.8キロで8.8キロだ。
日本ではAB型と言われるであろうリクライニング付のもので、背もたれは160度に倒せる。
そして頑丈なベルトがついている。
これはナビチェッラというベビーベッド型のもの(10キロ1-5ヶ月くらいまで使用)セジョリーノというイス型のもの(13キロ、1歳ぐらいまで使用)とのセット購入だったので、説明書にはこのベビーカーは6ヶ月からの使用、と書いてある。
しかしベビーベッド型のものはすでに長さがけっこうキツイ上に折りたためない。日本でベビーカーが折りたためないのは致命的なので、やっぱり6ヶ月から使用とかかれたこの普通のベビーカーを使おうと、練習をはじめた。
d0140003_1734669.jpg

ちなみにリクライニングするとこんな感じ。これは対面型に取り付けている。
これだけリクライニングすれば安全そうではあるけれど、今まで使っていたマットレス付のベビーベッド型のもののように2時間とか寝かしっぱなしで外食とかするにはツライだろうな、と思っていたら、ステファノが「マットレスだけ持っていって、レストランでそれ敷いてあげたら?」と言い出した。
画期的かもしれない。試してみよう。
ちなみに1時間程度お散歩するにはかえってこのほうが楽しいようで、ルイジはご機嫌だ。
d0140003_1742420.jpg

日本帰国時、1週間程度旅行する予定なのだが、ステファノから「温泉があって3食付の山のホテルに1週間連泊」というリクエストをもらって結構悩んでいる。ヨ-ロッパにはよくあるタイプだが、日本で1週間連泊の温泉って湯治プランでなきゃ値段も高いし、胃腸がもたない。
彼のイメ-ジでは私は家事もせずホテルでルイジと温泉三昧。ステファノは南なら釣りやカヌー、北ならスノーシューなどを楽しむつもりらしい。宿の設備や値段を考えるとやっぱり北海道か東北、九州、もしくは四国あたりだろうなあ。伊豆や箱根でそれをしたら費用が嵩むから。
しかし温泉に1週間、なんとも贅沢だ。がんばって宿を探すぞ-。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-03-03 17:30 | 出産、育児 | Comments(2)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧