モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

イタリアで布おむつ

ルイジも来週には生後50日になる。
20日から40日くらいまでは泣く日が多く、大変だったけれど、タイミング良く母も来てくれてすごく助かったし、40日を過ぎたら私が子育てに慣れたのか、ルイジが大人になったのか、大分ラクになり、今では家事全てこなすことができるようになった。
育児に慣れたのと、ルイジが4キロ以上に大きくなったので、ここ1週間はずっと布おむつを使っているが、予想以上にいい。まず昼間使用のおむつゴミ、8枚前後は削減できた。
夕飯はステファノと夫婦でゆっくり食べたいので、夕食前、19時くらいからは紙おむつを使うが、(これならおしっこ1回くらいでは泣かないので)朝食までのおむつ換えは3.4回。つまり紙おむつは1日12枚以上使用していたのが、3.4枚になったということだ。
これで、毎日行っていたごみ捨てが3日に1回でよくなった。
もう少し慣れたら夜寝るときも布にしてみよう。夜は5時間くらいおしっこもしないことが多いし、ウンチもほとんど朝までしないから心配なさそうだ。

布おむつって大変そうなイメージだけど、在宅時は私にとっては紙おむつよりラクかもしれない。
たたまなければいけない日本のおむつでなく不精な私は値は張ったが一体型のおむつを購入したが、大正解だった。洗って乾燥してパンツをはかせるように使用するだけ。シワをのばして干したり、たたんだりしなくてすむのは魅力的だ。

イタリアでのおむつ換えは一般的に
1 水でぬらしたコットン、またはお尻拭きでお尻を拭く
2 ベビーオイルかクリ-ムをお尻にべったり塗る(こうするとお尻とおしっこを吸ったおむつの間に膜ができてお尻がかぶれないかららしい)
3 新しいおむつをつける

という手順だが、私は布おむつの時はクリームを省略する。毎回おしっこをするたびに交換するからだ。1日12回も大量に塗っていたクリームの値段だって馬鹿にならないので、本当に助かる。
お尻拭きはいらなくなったシャツやタオル、フリースを切ったものをお湯でぬらして使用している。おむつ交換台をバスルームに設置したので、蛇口からお湯を出し布をぬらしてお尻を拭き、洗剤入りのバケツへお尻を拭いた布もおむつも入れておき、2日に1回、まとめて洗濯する。

ちなみにこの布おむつの唯一の弱点はかわいい服が着られないことだ。
布おむつをすると厚みでお尻がすごく大きくなってしまうので、イタリアのズボンやボディ(下着)が着られない。
d0140003_17585868.jpgd0140003_17593466.jpg










写真のボディもズボンも1-3ヶ月(56センチ)のもの。おむつの大きさと比較してもらえれば着られないことがわかるはず。
出産のお祝いに結構沢山洋服をもらったので、日替わりで着せたいけれど、布おむつとの併用はできないのだ。ちなみに日本製は大体みんな布オムツでも大丈夫なサイズだった。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-30 18:10 | 出産、育児 | Comments(3)

1ヶ月検診と股関節のエコー

出産してから1ヶ月以上たっているけれど、初めて小児科医にかかってから1ヶ月となったので、1ヶ月検診に行ってきた。
白髪まじりのかなりウエーブヘアのギリシャ系医師、また今度もハイテンションで「やあ、来たな、サムライ、、ヒロアキ-!!」と叫んでいた。
外国人ですぐ日本名を覚えてくれたのはこの医師だけだ、、。
ルイジは体重が2.8キロから4.2キロへ、身長が48センチから55センチへ成長していた。
母乳しか飲んでいないのにこの成長ぶり、、。赤ちゃんってすごいなあ。

先週、股関節チェックのエコーも済まし、とりあえず順調な様子のルイジ。
コリケ(腸が未発達なときにおこる腹痛)だけはまだあるので、ウンチの前にぐずったり、唸ったりはあるけれど、夜中もよく寝てくれて、成長が感じられる。
今日なんか10時の就寝から3時まで眠り続け、次に目覚めたのは9時。
母乳の場合は2.3時間に一回授乳するべし、と育児書にあるけれど、お腹空かないのか、ちょっと不安になった。
まあ、その分、昼間はほとんど寝ないし、2時間置きにしっかり母乳を飲むので、平気だと思うけれど、、。
d0140003_1719156.jpgd0140003_17194560.jpg










左は毎日携帯で写真を撮る親バカステファノと熟睡するルイジ。
右は授乳前に期待に目を輝かせるルイジ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-28 17:24 | 出産、育児 | Comments(12)

パスポート申請とおばあちゃんのナゾ

今朝、ステファノと一緒にカルピの警察にルイジのパスポートを申請に行った。
このオフィスには滞在許可証を発行する機関が一緒になっているので、ピッタリに行ったら長蛇の列だろうと8時40分に到着するように出発したのだが、、結果8時45分に到着しても、まだ門の前に外国人があふれかえった状態だった。
近付いてみると、パスポート申請の窓口は開いている。しかもそこから出てくるイタリア人もいるので、出てくる人に「パスポートは申請できるの?」と聞いてみると、「ベルを押せばすぐ門が開くわよ」とのこと。
滞在許可証待ちじゃなくてよかったと思う反面、寒空の下待たされる外国人たちを気の毒に思った。

パスポート申請は5分たらずで終了した。心配していたよく見えていない右耳も、日本パスポ-ト用に撮ったので、かなり大きめの顔のサイズも何も言われず、、。
「15日後にはできているのでとりに来て下さい」と言われ、「30-40日かかる」と言われた前回のインフォメーションは何だったのか?と不思議に思う。
寒空の下、朝から連れ出されたルイジだが、終始ご機嫌だったのは、何を隠そう秘密兵器、「おばあちゃん」のお陰だ。
d0140003_23341261.jpg

実はこのぬいぐるみが「おばあちゃん」
先日カルピ散策中に母が見つけてルイジに買ってくれたので「おばあちゃん」と名付けた。
ぬいぐるみのお腹には特殊な木のチップが入っていて、レンジで1分温めるとほかほかになる。もしくは温水ヒーターの上において温めておいて利用する。
ルイジのお腹の上に置くと軽くて、木のよい香りがして温かいからよく寝るし、ベビーカ-に入れれば簡易暖房に。かわいくて軽いのでとても重宝している。
ちなみにオ-ガニックコットンと木でできていて、100%ナチュラル素材、ドイツ製なので有毒物質の心配も少ない。
「ルイジー、おばあちゃんと寝なさい-」と言っても本当に母と寝るのではなく、このぬいぐるみだ。
ちなみにこの「おばあちゃん」母はヤギ、私は羊、ステファノはウサギだと思っていた。
冷静に見るとヤギが正解かも、、。と思うがステファノはウサギだと言ってゆずらない。
一体おばあちゃんは何なのだろうか?

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-24 23:43 | 出産、育児 | Comments(12)

イタリアの懐かしいテレビコマーシャル カリメロ

母が来て家事を手伝ってくれるので、最近育児の合間にゆとりが生まれ、出産後ずいぶんご無沙汰していた動画サイトめぐりを久々にしてみた。
ム-ミンなど日本のなつかしいアニメを見て楽しんでいたのだが、そのうち子供の頃見た「カリメロ」がイタリアの話だったのを思い出し、色々検索していた。
日本語、イタリア語だけでなく、ドイツ語やスペイン語のカリメロもあるんだなあ、と感心していると、白黒のイタリア語カリメロ動画、3分弱のものを見つけた。

http://www.youtube.com/watch?v=BlM--m-AELY&feature=related

イタリア語もシンプルだし、なんてかわいい!とカリメロって黒いんじゃなくて汚れちゃったの?これって第1話?と思って見入っていると、なんと洗濯用洗剤のコマ-シャルだった。
しかもこのメ-カ-の洗剤、今でも売ってるような気がする、、。

ステファノにこのCMを見せたら「覚えてるよ-。35年くらい前のCMだ」って喜んで次々1970年前後のCMを見せられた。
そして気がついたこと。
イタリアの昔のCM、みんな3分弱なんだけど、長すぎない?
でもみんなかわいくて面白いので我が家ではイタリアの昔のCMがちょっとしたブームだ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-23 01:36 | イタリア生活 | Comments(2)

ルイジとお出かけ

先週から母が応援に来てくれているので、実は昼食は山菜ソバとか焼き魚とかたらこと筋子の粕漬けとかを食べている、、。
昼食の準備を始めるとぐずっていたルイジ、、母が昼食を作ってくれると気にせずルイジをあやすことができて大助かりだ。
それに母が来て、少し余裕ができたので、先週から、私は中国語レッスンのバイトに復帰。たった2時間家をあけるだけだけど、ルイジにははじめてのことなので、搾乳した母乳を置いていった。結果、哺乳瓶の穴が大きすぎるのか、怒って大泣きしながらも全て飲んだそうなので、次回からもごまかしアイテムとして搾乳したミルクは置いていくことに。

そして、スーパーにしか連れていっていなかったルイジ、カルピのチェントロデビュー。
10時から12時くらいまでなら泣きもせずいい子にしているので、先週は午前中、2回もチェントロへお買い物へ行き、バ-ゲンで色々買った。
さらに昨日はマントヴァのアウトレットまで初遠出。しかしバ-ゲンで混雑するアウトレット、、バ-ルに座りたくとも満席状態で、見たかったブランドは入場制限している始末。授乳する場所もなく、1時間ほどですぐ帰宅することになった。
その点平日のチェントロはバ-ルもガラガラだし、授乳したいとき、すぐ座れるので本当に助かる。授乳には手作り授乳スカ-フとスリングを持参しているが、授乳スカ-フ、イタリアにはないらしく、イタリアの女性に何度も「どこで買ったの?」と聞かれた。
有名なアメリカの授乳ケ-プを真似して、いらなくなったスカ-フにワイヤーを縫込み、授乳中も赤ちゃんの顔が見えるように作ったものだ。
あれ、こっちでも発売したら売れるかもしれないな、、。
d0140003_18251874.jpgd0140003_18261262.jpg










チェントロでルイジのパスポート用の写真を撮った。母が「濃い色の服のほうが写真写りがいいはず」と主張するので、真っ赤な服を着せてみた。しかしルイジはいつもバンザイ状態だし、首はいつも曲がっているので、写真撮影にも一苦労。完全にまっすぐな写真は取れなかったので、両耳がしっかり見えていることが条件らしいが、片方の耳たぶがイマイチはっきり映っていない。申請に行ったとき、受領してもらえるかおそろしい、、
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-19 19:11 | 出産、育児 | Comments(4)

ルイジ1ヶ月 

早いものでルイジが生まれて1ヶ月たった。
生後2週までは寝てばかりの子で、なんて手がかからないのか、と育児を甘く見ていたが、15日目くらいから午後、すごくぐずるようになり、お腹が痛い様子で、うめく→泣く→うんちかおなら→おっばい→お腹が痛くなり腹痛→うめき→うんち→おっぱいを永遠に繰り返していたので昼食もまともに食べられず、ずっとスリングでカンガルーのようにルイジを抱き続け、25日目くらいまではとにかくどうやってラクをするかばかり考えていた。

ところが25日目くらいからだんだん腹痛っぽい様子で泣くことが減ってきて、あいかわらずうめき声はすごいけど、うなり続けた後にウンチをするとケロっとすることが多くなり、この3日間は1-2時間間隔だった授乳も2時間半-3時間間隔に落ち着いてきた。
夜は11時過ぎに就寝しても、授乳は3時と6時の2回のみ。しかもこの3日夜はウンチをしないで、明け方にウンチをするようで、朝5時過ぎにしたウンチで泣いて、おむつを換えたら、授乳、というパターンになっているので、非常にラクになった。
この3日ほど、夜入浴させているので、そのせいで熟睡できるのかもしれない。
気付くと1日20回くらい換えていたおむつも10回程度になったような、、。

48センチで生まれたルイジ、10日で50センチの新生児サイズの服がきつくなり、現在1-3ヶ月用の53-59センチというサイズがきつくなりつつある。
すでに60センチ、3ヶ月用の服が少し大きくとも快適そうだ。(着せやすいし)
ベビー服って本当に着れる期間が短い、、。ケチな私は少しでも安くあげようと、来年の秋-冬服として今セ-ルに出ている1歳用の服を買ってきた。来年肥満児になっていなければ着れるだろうし。

あともう一つショックだったのは、はりきって用意した布おむつ、、イタリア製の服を着せようとすると、おむつが大きすぎてボディが着せられない。なので、布おむつ+日本製の下着+つなぎっぽいベビー服という組み合わせでしか使えない。イタリアのズボンをはかせたり、ボディを着せる時は紙おむつでないとサイズ的に厳しい。これは誤算だった。なので、1ヶ月目は頂き物の服やボディが着られなくなる前になるべく着せようとして、紙おむつ利用が多くなった。
日本のベビー服はあきらかにイタリア製よりお尻が大きいのは、絶対布おむつ利用者が多いからだと思う。
d0140003_16341714.jpgd0140003_16343624.jpg
おむつ換え中のルイジ。おむつ換えの台を子供部屋に用意したけれど、家中で一番暖かく私たちの寝室から近いトイレでおむつを換えたくて、買っておいた足つきベビーバスにタオルを引いておむつ交換台にしてみた。
これだと多少動かれても落ちないし。おむつ換えの最中におしっこをされてもバスタブの壁にあたってタオルに吸収され、掃除もラクラク。我ながらいいアイデアだった。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-15 16:38 | 出産、育児 | Comments(6)

司祭の帽子

モデナの名物といえばザンポーネという豚足の詰め物。
ステファノはこのザンポーネが大好きだ。ちなみによく似たものに「コテキーノ」があるが、こちらは豚の皮で包まれているのは同じだけど、足の形をしていないので、使っている部位が違うんだろう、と勝手に解釈していた。

ザンポーネもコテキーノもクリスマスやお正月によく食べるものなので、シーズンが過ぎると安くなる。スーパーでこれらの安売りをしていたから、買おうとチェックしていると、さらに見慣れない三角形のものが、、。
d0140003_7481432.jpg

やはり豚の皮にミンチを詰めたもので、コテキーノやザンポーネと似ているが、これは「司祭の帽子」という名前がついているらしい。う-ん。ちょっと納得。
ザンポーネの付け合せはレンズ豆かポテトが定番だが、ステファノが一番好きなのはファジョッリらしい。
タマネギとファジョッリとトマトを付け合せにすると、彼はいつもとても喜ぶ。
d0140003_7512147.jpg

いつもは自家製トマトソ-スを使うが、今日は自家製トマトのオイル漬けで作ってみた。
美味しいし、調理も簡単だけど、煮る時間が2時間以上かかるのがちょっと面倒。
でも15分でできるレトルトのものより脂が少ないのがいいんだよねえ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-12 07:55 | セコンド | Comments(6)

イタリア式母乳育児の食事制限について

私はとりあえず小児科医の指示に従って100%母乳でルイジを育てている。
体重の増加が順調なのを見た小児科医が「母乳だけで3時間おきの授乳で育てるように」と言ったので、なるべくそうしたい、とは思っているが、夜、熟睡していれば5時間あけての授乳だし、ぐずっていれば1時間半しかあいていなくても授乳してしまう。
ルイジはあまり吐くことはないのだが、飲みすぎた後はお腹が苦しいのか、しきりに伸びをして、うめき声をあげる。小児科医は3時間間隔っていったのに、その倍の間隔であげちゃ、消化も悪くなりそうだが、泣いて母乳欲しがる我が子を無視できる母親がどれだけいるのか、、

小児科医からもう一つ注意されたことは、、食べ物。
「牛乳や卵、乳製品、魚の大量摂取は子供のアレルギーのリスクを高めるからダメ。トマト、カリフラワ-、アスパラガスなどは母乳の味を悪くするからダメ、フル-ツの大量摂取もダメ」と言われたんだけど、、
乳製品と卵はともかく、魚を食べた母親の母乳から魚アレルギーってあり?日本人は魚アレルギーだらけになっちゃうんじゃ?
こんな制限、守れないから当然食べてるけどね、、。

ちなみにイタリア人のお母さんたちからはしきりに「フィノッキオ」をすすめられる。母乳が甘く、美味しくなるらしい、、。本当かな?

ルイジはすごく沢山母乳を飲むので、私はすごくお腹が空いて、いつも何か食べている。
そして、母乳育児をはじめてから私の毎朝のトイレタイムに変化が、、
とにかくありえないくらい硬いんです、、。(汚い話ですみません)で、ネットで色々見ていたら、「授乳中は水分が不足すると便が硬くなる」との記述を見つけ、今日からイタリア人ママさんおすすめのフィノッキオのハ-ブティーを大量に飲んでるけど、効果あるかなあ?

しかしフィノッキオがよくて、カリフラワーがダメな理由は全くわからない。
イタリアの食事制限、、ナゾだ、、。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-08 21:02 | 出産、育児 | Comments(10)

名付けとパスポート申請について

ルイジが生まれて3週間。
今のところ、健康そうだし、どんどん大きくなっているので、何も問題なければ3月頃にはルイジを連れて日本へ帰国したいと考え中。
帰国のタイミングについては色々悩んだが、予防接種が済む3ヶ月から離乳食が始まる6ヶ月までの間に帰国できたらなあ、と思っている。
歩くようになると狭いパシネットで寝るのをイヤがるとか、離乳食が始まると、長い移動中の食事が大変だとか聞くので、母乳だけで済む期間なら私さえいれば荷物いらず、と思ったからだ。
で、必要になるのは、日本とイタリアのパスポ-ト。2重国籍の場合、イタリア出入国にはイタリアパスポ-トを使い、日本出入国には日本のパスポ-トを使うのが原則らしいので、2冊申請しないといけない。ちなみにイタリアパスポ-トは申請してから出来上がりまで1ヶ月かかると言われたうえに、毎年印紙を貼らないと使えない。(つまり申請料のほかに毎年税金がかかる)なんだかなあ、イタリア、、。

日本のパスポ-トは、予約しておけば遠方在住者には特別の配慮でパスポ-トの即日発行をしてくれるらしい。朝一番に申請すれば午後受け取れるということ。
素晴らしいサ-ビスだ。

ちなみにLuigiという綴りは日本式にするとRuijiになってしまう。パスポ-トを申請する時に、ロ-マ字をLuigiにしたい場合は出生証明を持っていかなくてはならないらしい。

また、日本のパスポ-トを申請する時、ルイジの姓は私の日本の姓になるのだが、希望すればイタリア姓も記載できると聞いた。例えば私の姓が山田でステファノの姓がフェラ-リなら
山田(フェラーリ)ルイジ
という記載ができるそうだ。
ただ、わたしたちはルイジに「弘彬」という日本名をつけたので、
山田(フェラーリ)ルイジ弘彬
Yamada Ferrari Luigi Hiroaki
って記載は長い、、長すぎる、、。どこの南米人だ?って感じ。
なので、やっぱり夫の姓は記載しないことにした。

ちなみにイタリアパスポ-トをフェラ-リ ルイジで作り、日本パスポ-トを山田弘彬で作ることもできる。この場合、まったく別人っぽいパスポ-トが2冊になるので、トラブルにならないか心配し、私たちはせめて名前は統一にしようと2つつけた。

つまりイタリアパスポ-トは Ferrari Luigi Hiroaki
日本パスポ-トは Yamada Luigi Hiroaki
という記載になる。

悩んだ日本名だが、亡き父の名前から1文字「弘」をもらい、名付けた。
ルイジはステファノのお父さんから、弘彬は私の父からもらった名だ。
なぜ「弘彬」にしたかと言うと、ステファノからのリクエストで「名付け辞典によるとルイジは栄光ある戦士って意味らしいから日本名もサムライっぽいのがいい」と言われ、「彬」の字は漢文の素養がある層しか使わなかったから昔から武士の名前に多いし、流行の名前にはまず使われないし、ありきたりでもないし、意味も「外見も内面も優れている」という良い意味だし、画数もいいし、中国人から見ても人名として変じゃないし、イタリア人にもそこそこ発音しやすいそうなので決めた。

別に篤姫に影響されたわけでも高校時代に流行ったコバルト文庫原作の平安ものマンガに出てきた高彬というちょっと気弱なエリ-ト貴族のファンだった訳でもない。

ルイジが泣いていると、よくステファノは「泣くな!サムライ、弘彬!」と声をかけている。確かにルイジより我慢強そうな名前だ。
あまりに古典的な名前なので、外国っぽい短い名前がブ-ムの日本で生活することになったらうらまれるかな?
d0140003_17464451.jpgd0140003_1747324.jpg










ルイジが太ってきた。そして、空手のポ-ズ?をするとすごい勢いでオナラをする。日本人顔だけど、目の色はその日によってグレ-だったり茶色だったり、、。
やっぱりパパはイタリア人だからルイジもイタリア人なんだな。
d0140003_17503285.jpg

ちなみに一番欧米人っぽく見える写真はこれ。眉毛の薄さが欧米人っぽくない?
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-06 18:05 | 出産、育児 | Comments(14)

抱っこ紐とおしゃぶりについて

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
d0140003_0193120.jpg

今年の大晦日は家族3人でイタリアにしては異常に早い19時から夕食をとり、家族3人で21時にはベッドに入りました。
その後眠ったり目覚めたらしゃべったりしながらすごし、1時の授乳のときに「あけましておめでとう」の挨拶、、。育児疲れ真っ最中ならではの年越しです。

写真は元旦のルイジ、、って毎回ルイジの写真ばっかり、、。
たまには料理でもしてブログに、と思っても、授乳とおむつ換えと洗濯に追われて、全く凝ったものを作る余裕なし、、。
週2.3回お菓子を作ることと、夕食作りと洗濯以外の家事は全てステファノがしている状態で申し訳ない気持ちでいっぱい、、。

とってもいい子だったルイジ、、2週間を過ぎた頃から、昼間に1.2回、大体3時間くらいはぐずぐず泣くようになりました。

小児科医はこの時期の赤ちゃんはまだ消化機能が未熟だから、母乳を飲んだ後、腹痛?でぐずることがあるって言っていたけど、まさしくそういう感じで、苦しそうなうめき声を出してはおならとウンチ、もしくはゲップの後静かに眠り出すパターン、、。
1日10回くらいウンチをしている彼は結構頻繁にうめくので苦しそうで気の毒、、。
近所の子育てをしたイタリア人のお母さんたちから「泣いたらおしゃぶりあげないと!」とか言われるけれど、おしゃぶりって日本の赤ちゃんはあんまり使ってないような、、。
試しに病院から退院するときにもらった「試供品セット」にあったキッコのおしゃぶりをあげてみたけど、何度あげても吐き出すので、うちの子にはダメなのかも、、と少しほっとしたり、残念に思ってみたり。
今のところ、泣き出したら抱っこしてあげると泣きやむことが多いので、お友達にもらったスリングが大活躍で、スリングで授乳して寝かしつけてごまかしているけれど、重たくなってくることを考えるとしっかりした抱っこ紐が必要かなあ?とちょっと考え中。
洗濯や掃除くらいは抱っこしたままできそうだし。

1月中旬から週1回だけだけど、夜間の語学レッスンに復帰するつもりなので、泣き止ませる方法を色々考えておかないとステファノがかわいそうだし。
家を空けるのは2時間とはいえ、ずっと泣かれたらきついもんなあ、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-01-03 00:43 | 出産、育児 | Comments(12)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧