モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小児科医と出生届

ルイジが生まれて2週間。
イタリアへの出生届けは生まれた翌日ステファノがしてくれて、健康保険証も作ってくれ、小児科医も決めてくれたので、24日、初小児科医への検診へ行った。

我がサンマリノ村にはホ-ムドクターはいるけれど、残念ながら小児科医はいなかったので、一番近いチベーノという隣村のギリシャ系のドクターをかかりつけに指定した。
チベーノの私がいつも利用するス-パ-の向かいに、小児科はあった。アパ-トの1室を2人のドクターが一緒に借りていて、週3日しか診察しないルイジの担当医師が休診の場合、もう一人に見てもらってもOKと言われたので、なかなか便利だ。
イブの日とはいえ、医師は白いひげまでつけた本気のサンタの格好をしていて度肝を抜かれたが、私が日本人だとわかると興奮気味で、ルイジに「サムラーイ」と呼びかけ続けていた。
しかも診察中おむつににウンチをしてしまったルイジにむかって、「カゴーネさん」との呼びかけ。
「さん」という日本語を知っているアピール?

実はルイジの日本への出生届については、イタリア在住のお友達から「住民票のある日本の区役所へ直接送る方法」を聞いていたので、母に杉並区役所からあらかじめ取ってきて、送ってもらっておいた出生届けを記入し、イタリアの出生証明書と病院の証明書に翻訳をつけ、国際宅急便で送ろうと小児科からカルピのチェントロへむかった。

upsの集荷をしているオフィスへ行くと「24日から1月6日まで休業」とのこと。
郵便局は何日かかるかわからないし、モタモタしてると母がイタリアに来てしまって手続きを頼めなくなるから困ってしまった。結局、考えた末に、年末帰国するパルマ在住のお友達に成田空港から宅急便で自宅送ってもらうことに。これは早い。それに安いし。

そこでルイジを連れてパルマまで50分ほど初中距離ドライブとなったが、チェントロで働く友人のところまでは車では入れず、駅近くへ駐車して600メ-トルほど歩いたのだが、雪は降るし、おむつは換えられないし、途中で空腹で泣き出すし、けっこう大変だった。
これはミラノまで電車で出生届を出しに行くのは、本当に大変だと思う。
大変なのはパスポート申請の1回で十分だ。出生届けを日本の役所に送る方法を教えてもらって本当に助かった。

出生届をわざわざ領事館まで出しに行けるのは、本当にミラノかローマの在住者だけだと思う。それでも公衆トイレも少なく、授乳スペースもほとんどないイタリアで新生児連れの外出は至難の技だ、、、。日本って子連れ天国だと思う。
d0140003_2125014.jpg

パルマに行くので、ルイジに買っておいた白い帽子をかぶせてみた。
ケチして新生児サイズでなく1-3ヶ月を買ったので、やはり大きい。
そしてそれを見た主人は「中華料理のコックさん」とつぶやいていた。
せめて日本料理のコックさんと言ってほしかった、、。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-30 02:17 | 出産、育児

地震とクリスマス

23日、レッジョエミリアを震源にした、結構大きな地震があった。
私は1階のキッチンで、マスカルポーネのセミフレッド(刻んだチョコとアマレッティとくるみを入れたもの)を作っていて、全く気付かなかったが、かなり大きかったらしい。
仕事に行っていたステファノから「大丈夫?」と電話があったが、我が家に被害はない、と思っていた。

異変に気付いたのは24日だった。台所の床が水浸し。
ステファノは「多分冷蔵庫が壊れて冷凍庫の霜が溶け出したんだろう」と冷凍庫チェック。
そう、我が家の冷凍庫は今でも霜取りが必要だ。
ところが冷凍庫には問題がなかった。で、調べていくとキッチンの流し台に直結している水道管の壁に埋まった部分から水漏れしている様子。
さっそく友達の水道工事の人に連絡すると、「おお、それならまずキッチンを取り外して壁のタイルをはがして、水道管の部分を堀さげていってくれ。5時までには行くから。」との指示。
ステファノはキッチンの流し台をはずして、タイルを2枚壊し、問題の水道管の裂傷部分まで壁を堀下げて再度電話。
「ok.あと30分で行くよ」との返事。
結局4時過ぎにその友達が到着して、10分ほどで割れた水道管の金具を交換して、帰って言った。
ステファノはセメントを買いに行って、セメントで穴を埋め、タイルを2枚用意し、水道管が出る部分に穴をあけて壁にはめ込みキッチンを元に戻した。

これって彼がする仕事じゃないと思うけれど、水道工事の人は出張費と最低の修理で80ユ-ロのところ、20ユ-ロしか取らなかったらしい。

そりゃそうだ。ほとんどステファノがしたもんね。

結局キッチンが元通りになったのは夜8時過ぎ。イブのご馳走を作る気力もなく、普通にパスタとサラダとアンティパストで夕食をすませた。

結局なぜ水道管が破損したのかはナゾのまま。15年たってるので、金属疲労かもしれないし、もしかしたら地震のせいかもしれない。

いずれにしても思い出深いイブとなってしまった。
d0140003_209138.jpg

あらためて、ステファノは生活力があると思う。
でも私なら80ユーロ払っても全ての作業を工事の人にしてもらいたいかも。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-26 20:12 | 我が家

授乳について思うこと

ルイジが生まれてからもうすぐ10日。
今のところ完全母乳で育てているが、昨日、一昨日は頭痛があって、ちょっと不調だった。
体重が激減していることもあり、母乳で栄養を吸い取られているのかも、と普段の食事に10時と3時のおやつを追加。沢山水分を取るようにしたら頭痛もおさまり、大分元気になった。

もう今は一日中授乳→おむつ交換→寝付かせるための授乳→したら授乳中にうんちしちゃっておむつ交換、、というような生活をしているのだが、とにかく洗濯物が出る。
おむつ交換中にうんちやおしっこをされてしまい、下に敷いていたタオルを洗濯するのはもちろんのこと、着替えたばかりなのに吐かれたり、授乳中油断していて授乳していないほうの乳首から母乳が垂れまくって私の服がびしょびしょだったり、、
私は夜寝るときはブラはしない派だったのだが、今は母乳で服だけでなく毛布まで汚すので、どうしてもブラ+母乳パッドをしないといけない。

母乳パッドについては退院時に病院からプレゼントされた育児用品サンプルセットに入っていたキッコのものを使ってみたが、痒くてチクチクしてダメだった。そこで買っておいた布おむつと同じメーカーのコットンのものを使うと本当にずいぶん快適。とりあえず4セット買っておいてよかった。

ブラについてはプレナタルで授乳専用のものを2種類買っておいたのだが1つはフロントホックのもので、これが大失敗。
フロントホックだと片方授乳しているとき、ブラ自体が開いてしまい、もう片方の乳房がカップにおさまらないので、抑えていないとやっぱり母乳垂れ流し状態になってしまう。
個人的に一番好きなのはソフトブラ。別に授乳専用じゃないけれど、カップ部分が堅くなっていない伸縮性のある布なので片側だけ胸の下にペロンと下げればラクに授乳できる。
これは価格も安いし、デザインも色々あってうれしい。普通の下着屋さんで買えるし。
授乳専用ブラって白か黒しかなくてデザインもイマイチだったから、お出かけ用にはソフトカップのブラが絶対いいと思う。(別に人様に見せる訳じゃないけどね)
d0140003_1817157.jpg

こんにちは。ルイジです。毎日沢山食べて、ずいぶん大きくなったんで、もうすぐ新生児サイズの服が着られなくなっちゃいそう。
3ヶ月までのサイズの服を大目にそろえておいてよかった。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-24 18:23 | 出産、育児

チュピンと1週間

ルイジをとってもかわいがってくれるステファノ。なぜか何度もルイジにむかって「チュピーン」とか語りかけてるから気になってどんな意味か聞いてみた。
マントヴァ県の彼の故郷の方言で
「コッピアというフェラーラのパンのようにかわいい赤ちゃん」に対する呼び名らしい。
「パンちゃ-ん」みたいな感じ?
イタリア人は赤ちゃんを食べ物に例えて呼ぶけれど、パンとは恐れ入った。
ちなみに少し大きいと「チュポン」と言うらしい。彼の伯母さんが大型犬にそう呼びかけていたのを聞いたことがある、、、

ルイジが生まれて今日で1週間。私のむくみもなくなってずいぶんすっきりしたな、と思って体重計に乗ってみたら、出産直前より9キロ痩せていた。
実は結局出産時は体重12キロ増で迎えたのだが、1週間で9キロってどれだけ水分ためてたんだろう?出産後は食べられなかった生ハムとか味の濃いものを好きなだけ食べたけれど、自然に体重は戻るものなんだなあ。

家に帰って1日目の育児はとりあえず病院で習ったとおり、紙おむつで大体3時間おきにおむつ交換、授乳、、という風にしてみた。食べているときとおむつを交換している時以外は眠り続けるルイジ。よく新生児期の育児は大変と聞いたが、ラクすぎて拍子抜けしたくらい。

で、2日目から布おむつにチャレンジ、、と思ったら、おむつが大きすぎてなんかかわいそう。3キロー5キロ用のおむつなのだが、ウエスト部分が胸までくるし、股の部分も大きくて膝近くまでカバーされてしまう。
仕方ないので、一番小さいおむつカバーにおむつライナーのみを入れて使用してみたら、結構いい感じだった。ただ、1時間おきくらいにおむつ交換をしないといけない。おしっこかうんちは1時間おきくらいにしてることが初めて判明。
つまり紙おむつだと3回排泄してても泣かずに眠っていることになる。
(起してオムツ交換しないとまだ眠り続けるので5.6回は普通に吸収するのだろうが)
恐るべし。紙おむつの高性能。

ステファノは布オムツだと1時間おきに泣くので、ルイジが眠れなくてかわいそうだから昼も紙おむつを使えばいいと言う。夜と外出時は紙おむつ利用決定だが、昼は悩むところだ。
新生児期は少しでも長く眠り続けたほうがいいのかな?
でもおしっこ3回分ためた紙おむつをずっとつけているのもかわいそうな気も、、。
おむつについてはもう少し様子を見て色々実験してみようっと。
d0140003_16531469.jpgd0140003_16535580.jpg










ルイジは1日中ナビチェッラで寝ている。昼も夜も外出時も。そう考えると使う期間は短いけれど、あると便利だな。ナビチェッラ。
ルイジの額の髪は薄い。禿げてる訳ではなく、色素も薄い。額近くには金髪っぽい毛もけっこうある。後頭部は真っ黒。なんか昔の不良みたい?
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-22 17:00 | 出産、育児

出産から退院まで

出産したのはつい昨日のような気もするけれど、実は6日も経ったんだと思い、忘れないうちにイタリアの病院での出産についてちょっと詳しく書いておこうと思う。

15日の深夜2時頃、陣痛らしき痛みで目が覚めた。でもとりあえず眠り続けることにした。が、6時過ぎ、痛みが尋常じゃなくひどくなってきたので、やっぱり陣痛だと思い、何分間隔か測ってみると10分間隔だった。
これは、と思いステファノには会社を休んでもらって8時頃入院準備して病院へ行った。
病院についた時点で、痛いときは歩けなく、床にしゃがみこんでやり過ごす程度の痛みだった。4階の産科まで自力で歩いて到着。すぐ診察してもらうと破水もなく、出血もなく、子宮口は指2本分しか開いていないから、出産は夜になるだろうから一度帰宅して様子を見るよう指示された。仕方がないので、帰宅し、ソファで眠っては陣痛に耐え、なんとか午後1時まで過ごした。
昼食をステファノが作ってくれると言ったけれど、もはや痛みで食べるどころではなく、シャワーが陣痛を和らげると聞いたのを思い出しシャワーを浴びた。
しかし痛みで服も着れず、バスタオルでのたうちまわる始末。しかもトイレへ行ったらかなり出血した。これ以上待ったら病院を歩いて移動できないと思い3時頃病院へ行った。
この時はすでに陣痛時は痛みで歩くことができず、叫ばずにはいられない状態。車椅子で奇声を発しながら4階へ。診察なしでいきなり分娩室に入れられ、出産開始となった。

この時、子宮口8センチ。陣痛のたびに助産婦さんのアドバイス通りのポーズをし、大声で「ああ-!」と叫ぶことを繰り返す。階段のステップに片足をかけては「あ-!」犬のように四つんばいになっては「あ-!」和式トイレにしゃがむポーズで「あ-!」
急激にいきむと切れてしまうのでゆっくり慎重に、助産婦さんが「いま頭がどこを通った」とかいう解説を聞きながらがんばること約2時間。赤ちゃんが早く下りるようにベッドのまわりをぐるぐる歩いたりしながら、ついに頭が出かかった状態に。
この時私は和式トイレスタイル。この2回くらい前のいきみの時、すでに出産時のために医師が呼ばれ、注射などの準備をしてスタンバイしていた。
そして陣痛にあわせて最後の「あ-!!」を3連続で叫ぶと、ルイジ誕生、しかも同時に破水。しゃがみこんだ足元に生暖かい水を感じながら産声を聞くと、ずっと手を握ってくれていたステファノも涙していた。
生まれた子供は産湯も使わず、すぐ私の胸へ抱く。しゃがみこんでいた床からベッドへ上り、ルイジを抱いた。そのまま初めての授乳。私の胸にルイジがいて、まだつながっている臍の緒をステファノが切った。

そうしている間にも医師が「胎盤が出るからもう一度いきんで」と言うので、いきむとすぐに胎盤が出てきた。そして腿に注射をされ、残念ながら最後に少しだけ裂けてしまった場所を縫った。この処置も痛いと聞いていたけれど、胸に吸い付いている赤ちゃんのせいかあまり痛みを感じなかった。

その後、医師や看護婦は私たちを残して退室。ステファノとルイジと水入らずで写真をとったり話したりして過ごした。
約1時間後、戻ってきた看護婦さんが産湯を使ってくれ、へその緒の処理やおむつ換えの方法を説明しつつルイジを専用のベビーベッドに寝かせてくれた。裸だった私もとりあえず寝巻きに着替え、立ちくらみがないことを確認してルイジのベッドを押しながら歩いて病室へ移動。
全ての荷物をステファノが運んでくれた。

病室は2人部屋でオムツ換えの台がついていて、出産後すぐに赤ちゃんのお世話を始める。
私は同室の女性が妊娠中毒症のダイエット患者だったので、オムツ台を独占できた。
d0140003_103169.jpgd0140003_16562.jpg











看護婦さんに「生まれたては6時間くらい眠り続けるからあなたも休みなさい」と言われ、ステファノに夜9時まで付き添ってもらって休んだ。

この後の3日ともそうだったが、夜の10時頃、赤ちゃんの検診が毎日あった。やった検査は糖の検査と黄疸チェックと股関節チェック、体重測定だったと思う。私の検査は毎朝10時頃、子宮と膣の回復、そして母乳チェックがあった。
それに加えて院長っぽいえらそうな医師が毎朝5人ほどのスタッフを連れてやってくるのだが、健康そうな私は何も言われず3日とも「おめでとう」と言われただけだった。
退院の日の朝はルイジのスクリ-ニングテスト(ボロ-ニャに送られる血液検査)があり、私の内診があり、その後ルイジの検診で問題がなかったのでLettera di dimissione del neonatoという書類を受け取り、2日後の検診の予約と、私への抗生剤とビデ使用時の石鹸が処方され、昼前に退院となった。

私の入院中、ステファノがルイジの出生届けを出し、小児科医を選び、子供の保険証を作ってくれた。イタリア側への手続きはほぼ完了。あとは私が日本側への出生届けをしないといけない。面倒くさいけれど、かわいいルイジのためにがんばらないと。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-21 01:48 | 妊娠

出産しました

12月15日の夕方、無事男の子を出産しました。

水中出産したいなあ、と思っていたのに、陣痛を我慢しすぎて、病院に着いたときにはリクエストなんかできる状況でなく、車椅子でなぜか一番不思議な部屋(通称ディスコテッカルームと言われる薄暗いムーディな照明と変幻自在の丸いベッドがある分娩室)に入れられ、助産婦さんに「もう8センチ開いてるわ-!!日本人ってみんなこんなに我慢強いの?」とほめられつつ、夜っぽい青色照明をつけられて階段を使ったいきみから犬のポ-ズ、しゃがみポ-ズと少しづつがんばり、病院についてから2時間でのスピード出産でした。
出産時、ステファノも感動で泣いていたし、へその緒も彼が切ってくれてなかなか良いお産だったと思います。

ルイジは2820グラムで、体長48センチ、、やっぱり日本人顔です。
d0140003_1275222.jpg


母子ともに超健康で、出産後は分娩台というか変幻自在ベッドの上で1時間ほどルイジを抱いてステファノと3人で過ごし、何も問題がないようなら病室へ移動、という手順になっているようだったけれど、これも家族のプライバシーを尊重してくれていて思い出になりました。

入院は出産後48時間以上という規定があり、しかも母子の健康チェック項目が全て終わらないといけないので、夕方出産した私は重要検査が集中する朝を待たなければならず、病院に3泊して今日家に戻ってきました。

とりあえず、今日は簡単に報告とお礼まで。
心配して色々励ましてくれた皆さん、本当にありがとうございました。
これからはルイジ共々よろしくお願いします。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-19 01:57 | 妊娠

ショーペロと39週検診

今日は朝8時半から39週の検診の日だった。
ステファノは勤める工場の機械の不調のため、朝6時から仕事へ行き、8時に一旦帰宅して、一緒に病院へ行ったのだが、待合室が非常に混雑している。

受付に予約票を見せに行くと、「今日はショーペロの日だから医師も来てない人が多いのよね。昨日までに予約変更の電話連絡がなかったなら診察できると思うけれど、、」と言われた。
ショーペロとはストライキのことで、アリタリアもよくストをしているし、電車やバスもよくしているけれど、病院もするの??
日本ではあまり聞いたことがない話だったので、かなり不安になったが、幸い予約時間から15分送れで診察に呼ばれた。

今回はちゃんとした親切な女医さんが対応してくれて、羊水量も普通になっていることを確認。おそらく先週羊水が少なかったのはたまたま赤ちゃんの尿が少なかっただけじゃないか?という解説だった。
また、1週間後の予約が入っているけれど、「かなり下がってきているので、陣痛、出血、破水、胎動が少ない、私の気分が優れないなどの症状が出れば、即、入院準備して来るように」と言われた。
先週もそう言われてドキドキしたけれど、何事もなく過ぎたなあ、と思うとなんだかちょっと不思議な気分だ。

今回気付いたことだが、病院のスタッフはほぼ全員、私のカルテを見て国籍を確認すると態度が急変する。カルピに中国人が多いことは知っているけれど、日本人だとわかるとあからさまに親切で丁寧になるスタッフが多いのは複雑な気持ちだ。まず「言葉、わからないんでしょ?」って感じで大声で区切った命令形だったイタリア語が敬語に変化する。
ステファノも今日の医師の「まあ、あなた日本人なの?」と言った後の表情や態度の変化について、かなり面白がっていた。

以前、台湾や中国に住んでいたときは、「日本人」と見られることしかなかったのに、ヨーロッパに来てからまず「中国人」と思われることがちょっとストレスだ。観光地などに行けばまだ「日本人」と思ってくれる人も多いが、カルピ在住の日本人は5人しかいないらしいので、そりゃ、みんな私を「中国人」と見なすことを責められない。

しかもカルピは服飾産業で栄えた街なので、その栄光をコストの安い中国工場に横取りされた、と考える人も多く、彼らの中国人に対する感情は良いとは言えない。
近所の仲良しのパン屋さんはいつも「私は日本人です」って書いて胸につけておけばイヤな思いすることも減るかもよ」って冗談で言うけれど、病院に行くときは実践したい気分になる。

中国人がイタリアですごく歓迎されていたら、こんな思いもしなかっただろうに、と思うと中国人が世界中で大人気になってくれればいい、と思ってしまう自分が怖い。
だって毎日「私は日本人です」って書いた紙をつけて出かけることはできないから。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-12 23:59 | 妊娠

スポンガータ

8日の月曜日は祝日でお休みだったので、ステファノとクリスマス用品の買出しに出かけた。
といっても、たいしたものを買った訳ではなく、毎年プレゼントのやり取りのある親しい友人へのプレゼント選びだ。
毎年、私たち夫婦に彼女が勤めるカルピの有名ブランドの洋服をプレゼントしてくれる友人がいるのだが、彼女へのプレゼントはいつもどうしていいかわからず、悩む。
彼女の勤務先は洋服も小物も作っているブランドだからそういうものは喜ばないだろうし、お酒も飲まない。
去年ドルチェをプレゼントしたらとても喜んでくれたので、今年もドルチェ詰め合わせにすることに決定し、チェントロの食材屋さんに買い物へ行った。
彼女へのプレゼントを購入後、私たちにも何か買おうという話になり、イタリアのクリスマスケーキであるパネットーネかパンドーロを見ていると、ステファノが、「スポンガータが食べたい。もう絶対これ。」と言い出した。
スポンガータとはエミリアロマーニャの焼き菓子で、様々なナッツ類とドライフルーツを蜂蜜で味付けしたものをスポンジより固めの生地で挟んだケーキだ。
お店の人は「美味しいトルタバロッツィ(チョコとコーヒーのケ-キ)もある」とすすめていたけれど、もうステファノは絶対スポンガ-タと決めたようで、悩む様子もなく購入。
お店の人が「このスポンガ-タは伝統的なものじゃなく、アレンジされてるけど、すごく美味しい」と解説していたように、なぜかチョコがかかっているけれど甘さ控えめでとても美味しいケーキだった。
d0140003_15595590.jpg

臨月に入ってからも食欲は衰えることなく、最近はトイレも異常に近くなり、むくみも解消してきて、不快症状が緩和されてきたせいか、前にも増して色々食べたくて仕方がない。
しかも甘いものとこってりしたもの。
昨日は朝からカツ丼の夢で目が覚め、4時から一睡もできなかったのでお昼にカツ丼を食べ、残りのトンカツで作ったカツサンドを今朝の朝食にしてしまった。

ありえない食生活。でも出産予定日まで10日切ってるし、もうどうにでもなれ、と思っている自分が怖い。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-10 16:07 | ドルチェ

エコーのモデル(実験台)

昨日はカルピの病院に、新人助産婦さんたちに見せたいから、エコーのモデルをやってくれと頼まれていたので、一人で病院まで行ってきた。
ステファノは「タダでもう一回エコーできるよ。ラッキー」くらいの勢いで返事していたけれど、いざ、始まってみるともううんざり。
7.8人の若い女の子に取り囲まれて、寒い中ジェルを塗りたくられて約1時間、全員の実験台にさせられた。

「モデル」を頼まれた時、イメ-ジしていたのは、教師が説明しながら全ての学生にエコ-を見せる、、生徒は静かに聞く、って感じだったけど、それって日本式だよなあ。実際始まってみると、さすがイタリア。実習としてエコ-している女の子以外は関係ない話をすごい大声でしていて、こっちはお腹出してるのに、部屋のドアを開けっぱなしてコ-ヒー買いに行ったり、もう最悪。
女医さんから私に少しは説明があるのかと思ったら、もうそれは全くなく、「あの-、赤ちゃんの体重とかはわかりますか?」って聞いてみても、「今日は診察じゃないから」の一言で終わってしまい、彼女は全ての学生たちに「へその緒」や「老化のすすんだ胎盤」や「減り始めた羊水」についてチェック事項や測量方法を説明しまくり。

おかげで私、羊水量、測れると思う。頭の大きさの測り方もわかったし、へその緒も見てわかるし、大腿骨もバッチリ。彼女たちは自分が実習の時しか見てないけど、実験台の私は8回同じ説明聞いたから。
全く要領悪いよなあ。イタリア人。
このモデルって日本でやったらかなりいい時給がもらえるほどツラいイヤな仕事だと思った。
おそらく、このモデル、言葉のわからない外国人をねらって頼んでると思う。だって私も実習中10回以上「羊水がかなり減ってきているけれど、赤ちゃんは元気に動いてる」とか「胎盤の老化がすごく進んでいて、ほら、この白いシミの写真を撮りなさい」とか聞かされて、すごい不安になったから。
普通のイタリア人がずっとこれ聞かされたら心配で発狂すると思う。
もし、これから病院にエコ-のモデルを頼まれる人がいたら、繊細な神経な人ならば断ることをおすすめする。

ちなみに私の場合、胎盤の老化現象がすすんでいるから頼まれたモデルだけど、昨日は羊水量の減少も指摘され、エコー終了後、ノンストレステスト?をさせられた。
同じくモデルをさせられた中国人女性も診察に送られていたけれど、医師の話しかけに一言も答えていなかったようだが、全く話せないのだろうか?イタリアの病院も大変だなあ。

ちなみにこのノンストレステスト、日本ではみんなしてるみたいだけど、イタリアではできないと思っていたから、ちょっとうれしかった。
前回見れなかった水中出産ルームに送られ、お腹にベルトをつけられ、30分ほど青い壁に黄色の家具が備え付けられた水中出産ルームで赤ちゃんの胎動と心拍をチェック。赤ちゃんは元気で問題なかったそうだけど、念のため1週間後にもう一度エコーとノンストレステストをするから、それまでは水分を多くとって、胎動をたえずチェックするように言われた。

胎盤の老化も羊水減少も普通もっと後からおこる現象らしいけれど、私は結構早くから始まっているらしい。だから担当の女医さんも助産婦さんもみんな「早めに生まれると思う」と言っていたらしいのだが、、、
とにかくイレギュラーだと聞くと不安になるから早く元気で生まれてきてほしい。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-06 17:00 | 妊娠

マロンクリーム

先日、よく行くパスティチェリアで仲良しの売り子さんとおしゃべりしていたときに、「マロングラッセも美味しいけど、このクレ-マ ディ マローニもすごく美味しいわよ。ヌッテッラみたいにパンにつけて食べたり、ケ-キにしてもいいし」と薦められ、試しに1本購入したマロンのクリーム、、ステファノも大好きで、あっという間になくなりそう。
d0140003_18203879.jpgd0140003_1821578.jpg










このマロンクリーム、ヌッテッラより甘くないし、普通のパンに塗っても栗の味が濃厚ですごく満足感が得られる。
我が家のブ-ムは少し固めに仕上げたシンプルなプレーンパウンドケーキに好みで塗って食べること。このケーキ、妊娠中の私のためにバタ-は極力減らして、砂糖も70グラムしか入れないで、卵とヨ-グルトで焼いたものだけど、結局マロンクリーム塗っちゃカロリーも糖分も多くなっちゃうんですけれど、、。
絶対母が好きそうなので、とりあえずもう2本購入しておこうと先日カルピのチェントロまでマロンクリーム追加購入に出かけたら、お城にクリスマスツリーが出ていた。
d0140003_18365959.jpg

今週末もまだ生まれなさそうならイルミネーション見物も兼ねてクリスマス前の街をぶらぶらするのもいいかも。イルミネーションは絶対東京のほうがキレイだとは思うけれど、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-12-05 18:41 | 食材


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧