モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

帰国してます

ボローニャ発、パリ乗り継ぎ、エールフランスで昨日、無事東京に戻って着ました。
「買った航空券のクラスではマイレージを使ったアップグレードできない」と言われて憤慨していたけれど、幸い、混雑していたようで、マイルなどを使用せずに自動的にアップグレードになり、ビジネスクラスでラクラク帰国。

とは言うものの、お腹の中のルイジ君にはつらかったのか、興奮したのか、フライト中、たえずお腹の中でグニュグニュ動いていて、ちょっと心配になったほど。

到着日の昨日は住民票を杉並区に戻し、妊娠届けを出して母子手帳をもらい、さらに昔使っていて、すでに解約してしまったソフトバンクの携帯電話を持ってソフトバンクショップへ出向き、回線だけの契約をして、新しい携帯番号を手に入れた。

台湾で働いていた頃から、一時帰国時の携帯電話はレンタルが安いのか、プリペイドがいいのかっていろいろ悩んで着たけれど、結局今、一番得だと思うのは「回線だけの契約」
ボーダフォンの古い3G携帯を持っているので、その場で1ヶ月980円のホワイトプランに申し込み、帰国時にはこの番号を解約して帰る。番号は毎回変わってしまうけれど、かなり格安だと思う。

そして今日は帰国中の3週間に、万が一何かあった時にかかれる医者を探しておこうと、近所の産婦人科に検診に行くことにした。
1度でも検診をしておけば、夜中に具合が悪くなっても駆け込めるだろうから、とちゃんとした設備のある産科で検診を、と思い、私も生まれた、荻窪の東京衛生病院に問い合わせ。
ここは、ずっと昔から無痛分娩をしていて、産科は非常に評判がいい、人気の病院らしいけれど、予約の電話の段階で、明日もあさってももうずっと検診の予約がいっぱいだとにべもなく断られてしまってちょっとがっかり。

そこで前から設備がキレイで気になっていた吉祥寺の井の頭公園近くの水口病院へ電話で問い合わせると、0120のフリーダイヤルの電話番号に、とても丁寧な対応で好感触。
検診の料金も高くなく、1回の検診料金が6000円。杉並区から出る補助の5000円を差し引いて、いつも1000円払えば検診できることになる。
検診の内容は尿検査、血圧検査、体重測定、お腹周りのサイズチェックと2Dエコー。

http://www.mizuguchi-hospital.jp/

ホテルのような設備、感じのよい受付の女性たち、院長の検診も丁寧で好感が持てた。しかも、ここでは以前モデナの病院で85ユーロ払ってした4Dエコーが6000円でできるうえにDVDと写真をプレゼントしてくれるそう。24週以降だとかなりはっきり見えるそうで、もし、するなら帰国ギリギリにしたほうがより成長してはっきり見えると言われ、ステファノへのお土産に4DエコーのDVDを持って帰るのもいいかな?と考えてしまった。

日本の病院はサービスがいい、、。そして料金も高くない。
里帰り出産ができたらなあ、とは思うけれど、ステファノが出産に立ち会えなくなることや、子供を連れてすぐイタリアへ戻るのが困難なことを考えると、やっぱり難しい。
イタリア、好きだけど、もう少し近ければもっと良かったのに。

ともかく、万が一体調が悪くなったときに駆け込める病院を確保して、一安心。まあ、体調はすこぶる良いのだけれど。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-31 23:34 | その他 | Comments(7)

医者よさらば (ステファノ仕事復帰!)

実は今日からステファノが仕事に復帰した。
療養中は指定された時間在宅していないと抜き打ちでチェックに来た医者に見つかると給与が振り込まれないという恐怖からちっとも遊びに行けなかったステファノ、医者のチェックも先週の金曜で終わったので、土曜日は意気揚々と「釣りに行くぞ」と朝4時からマントヴァにボ-ト釣りに出かけた。
マントヴァの湖は今が睡蓮の花の見ごろなので、私も行きたかったが、4時起きと聞いて断念。昼食に帰ってきたステファノに「私もどこか行きたい」と文句を言っていると、「じゃあポ-河で釣りをしよう。教えてあげるよ」というのでポー河に出かけた。
d0140003_22581212.jpg

知ってたけど、水もキレイじゃないし、川原でバ-ベキューもできないし、広いだけで冴えないポ-河。しかもこのゴロゴロの岩の上に座って3時間。妊婦に対する仕打ちとは思えない。
しかしステファノはウキウキ。「ルイジと初めての釣りだ」って釣るのは私ですが?
しかし場所は素敵じゃないけれど、大きな魚がコ-ン缶でどんどん釣れて、結構面白い。しかし岩場なのと蚊が多いのに参った。

やがて腰が痛くなり、不機嫌な私を見て、さすがにマズイと気がついたのか、「明日は山へ行って美味しいものを食べよう」と私の機嫌をとるような提案。
日曜はアッペンニ-ニ越えをしてトスカ-ナまでドライブしてきました。
d0140003_237342.jpg

途中、ステファノの妹さんが働くスキーリゾ-ト地のレストランで食事をし、なぜか山岳部隊の記念碑や魔術的な意味のあるオブジェを見に行き、不思議なドライブ。
まあ、食事も美味しかったし、満足して帰ってきました。

そしてステファノは今日から会社復帰。今まで休んでいたので8月いっぱい休みなしで働くように言われているようですが、その待遇をめぐって会社とやりあっている様子。

彼の契約形態は基本給+役職手当のような形になっていて、残業代がつかないのだけど、8月に出社する一般社員は1日あたり50ユ-ロの手当てがつくことに。
8月に22日以上出社する予定のステファノ、この手当てが自分だけにないことが不満らしく、今日も昼食に帰宅しながら、「手当てを出さないなら転職するぞ」って意気込んでました。
確かに1日50ユ-ロは大きいので、全額がムリならせめて半分でもくれたらいいのになあ。イタリア人のほとんどが休みで、海などに繰り出す8月15日まで出社予定の彼がかわいそうすぎる。

他人事のようにそんなことを考えつつ、私は働くステファノを置いて明日から3週間ほど日本へ一時帰国。
帰って来た時、夫が無職になってないことを祈ります。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-28 23:24 | イタリア生活 | Comments(6)

妊娠19週 検診制度などについて思うこと

先日妊娠18週以降にするエコ-検査に行ってきた。
以前したような全長などは測ってくれず、頭の直径とか大腿骨とかの詳しい長さと、そこから予想される妊娠週なども記入された写真をプリントされて渡された。
エコーの度に出産予定日が微調整されるけれど、毎回1週間程度前後している。そういうものなのだろうか。

7月末から3週間ほど日本に帰る旨を伝えると、母親学級と次回検診は9月初旬で大丈夫なので8月中に電話で予約するように言われて帰ってきた。

日本に一時帰国したらすぐ住民票を戻し、国民健康保険に加入し、母子手帳をもらい、出産育児一時金の手続き準備と妊娠中の検診の助成金についての手続きをするつもりだ。
実家のある杉並区では1回の検診に5000円の助成もあるらしいので、日本でも検診に行けるし。無料らしいから、8月の平日母親学級にも参加してみようかな。

この助成制度、12回が限度で1回5000円らしいけれど、金額的に全てをカバーできるものなのだろうか?日本も出生率を上げたければ、妊婦検診、出産費用は全部無料にすればいいのに。イタリアのように「指定の公立病院にいけばタダ。それ以外の高級私立クリニックは自費」とするだけでもきっと家計は助かると思うのになあ。

イタリアでは検診に公立の診療所を使って公立病院も産科でお産をすれば出産費用はまったく無料だ。私が住んでいるのは人口6万人ちょっとの小さな町なので、公立の診療所もアットホ-ムで4名の医師はみんな顔見知りになったし、「日本人は初めて来た」ってとても親切にしてくれるし、風邪でも腹痛でもいつ行っても手の開いている医師が無料で相談にのってくれるので、とても気に入っている。
ここからもらえば葉酸カプセルも無料。血液検査も尿検査も無料。翌週のエコーの予約血液検査の予約も簡単にとれたし、初めて妊娠した時、ホ-ムドクターから公立病院での検査予約を入れてもらおうとして1ヶ月待ちでパニックをおこしたのがウソのようだ。

しかしその制度下でもやはりイタリア人カップルはあまり子供を産まない。日本と同じで共働き夫婦が多く、物価は日本より高いくらいなのに低収入なため、沢山子供を育てる余裕がないのだ。どんな厳しい状況でもどんどん生むのはやはり移民。モロッコ人、パキスタン人、中国人などは診療所でもよく見かける。
そして見かけるイタリア人はおばあさんかと思うような年齢の人が多い。(実際は40歳くらいだろうけど、妊娠中は太りすぎている人も多く、老けて見えるから)

お腹の子供はますます大きくなっているようで、スカ-ト、パンツ類はインド雑貨屋で買ったウエストがゴムのもの以外は全滅。ワンピ-スも胸周りが入らなくてほとんど着られなくなった。
そして、先週初めて感じた胎動?はどんどん感じ方が激しくなってきていて、初めはポコっとなにかはじけたような短い感じだったのがちょっとグニュっとした感じになることも、、。
たった1週間でこうも変わるもの?

今後着られる服がなくなることがとても怖い。帰国したらチャイハネとかむげん堂とかで服を買おうかなあ。しかしインド服、冬は寒いからなあ、、。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-26 16:10 | 妊娠 | Comments(2)

トマトソース(サルサ ディ ポモドーリ)

すでに暑くて寝苦しい夜は去り、明け方には毛布が欲しくなるほど涼しい昨今のカルピ。
畑で順調に収穫を続けていたトマトもすごい勢いで赤くなり、もう生では食べきれないので、ソ-スを作り始めました。
d0140003_2301129.jpg

田舎で本格的に何十キロもトマトを収穫してソ-スにする家とは違い、我が家では手持ちの一番大きな鍋に種を取ったトマトを入れ、煮込んでやわらかくなったら皮や筋を除去するために裏漉し器で濾してソ-スを作っています。
鍋の大きさの加減もあり、一度に作れるソ-スは小瓶で10瓶弱。
3回したので、もう30瓶くらいはトマトソ-スをストックできました。
濾している過程はこんな感じ。
d0140003_2313892.jpg

このままではまだトマトから出た大量の水が残っているので、この後もさらに煮詰める作業をしていました。
これらトマトソ-ス、塩味もつけずに純粋にトマトだけのソ-スを大量に作っておいて、様々な調理に使う他、10瓶ほどペペロ-ニやナス、玉ネギ、ニンニク、バジリコなどを一緒に煮込んで塩で味付けし、そのまま茹でたパスタにからめるだけで食べられるタイプのものも作っておいて、忙しい日の手抜き料理に重宝しています。

しっかり熱湯消毒した瓶に熱々のソ-スを入れ、オリ-ブオイルを上部に注ぎ、フタをしてからさらに熱湯で30分くらい煮て、冷める過程でしっかり空気抜き?をする最終工程をステファノは「マリアのお風呂」と呼んでいるけれど、その「マリアさん」はやっぱり聖母マリア様なのか疑問、、。

今日も明日も収穫し続けるズッキ-ニとキュウリとナスも瓶詰めにしたいけれど、美味しい瓶詰めの方法も知らないし、どうすればいいのか悩むところ。ご近所はみんな畑持ちで、特にズッキーニには飽きている人ばっかりだし。近所におすそ分けできる日本人の友達が欲しいなあ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-25 02:40 | 食材 | Comments(6)

パルミジャーノレッジャーノを買いに

ステファノが28日から仕事に復帰することになった。
手術後の彼の膝には大きなネジのような物体が通されていて、それの加減で少し血の流れが変わってしまったようで、少し歩くとすぐ足の甲が腫れて痛むらしく、非常に気の毒な状態なのだが、膝の痛みはかなり良くなったらしい。
しばらく我慢していれば足の筋肉のつき方などが変わって腫れなくなる、と医者は言っているので、信じるしかないのだけど。

ステファノは手術後、1ヶ月以上レッジョエミリアにリハビリに通っていた。
リハビリ仲間は膝の悪い老人が多かったらしいが、その中に40年以上チ-ズ造りをしていたおじいさんがいたらしい。
そのおじいさんと毎日のようにチ-ズ談義を楽しんだステファノ、おじいさんから「やはり最高のパルミジャーノは平地で作るものでなく山で作るものだ。なぜなら牛のエサになる草が自然のものなので、ミルクの味からして違うからである」と吹き込まれて、「山にチ-ズを買いに行く」チャンスをずっと待っていたようだ。

先日、日本からの友人とレッジョエミリアでお買い物を楽しんで、その後、ちょうど診察が終わったステファノに車で拾ってもらい、山の上の農家までチ-ズを買いに行ってきた。
d0140003_2242622.jpg

レッジョからお目当ての農家までは約1時間、やっぱり4時まではお昼寝の時間でお店(というか家だけど)は閉まっていたので、私はちょっとお散歩。
d0140003_227561.jpg

ステファノは車でちょっと休憩。
3時45分頃、起きた農家のシニョ-ラを急き立ててお店を開けてもらい、お目当ての36ヶ月のパルミジャ-ノと無農薬ハ-ブティーを購入、医者がチェックに来る可能性があるので5時までに帰宅しなければならず、あわてて帰った。
山のチ-ズは飼料の違いかどうかはわからないけれど、やっぱり優しい味がする。
あと1キロ、買ってくれば良かったかな?
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-22 22:13 | 食材 | Comments(2)

トレント、ボルツァーノ旅行2

翌日は電車でボルツァ-ノへ向かったが、あいにくの雨。
ボルツァ-ノまで行くと駅も街もイタリア語+ドイツ語表示があるうえに、思ったよりずっと沢山いたツ-リストの8割がドイツ語圏の人間、、。
メインストリ-トでも博物館でもレストランでもドイツ語を話す人のほうがイタリア語を話している人数より多かった。
街の様子もイタリア風ではなく、異国情緒あふれる感じ。
d0140003_2305319.jpg

そして見たかった5000年前のウェットミイラ、見てきました。
詳しくは考古学博物館のホ-ムペ-ジで。
http://www.archaeologiemuseum.it/f01_ice_it.html
いやあ、5000年前の人の体があんなに状態良く残っているのも驚いたけれど、洋服とか道具も残ってたっていうのにまたまたビックリ。
中国留学中に見に行った自然科学博物館に人体のホルマリン漬けが大量にあり、胎児が育つ様子まで模型でなく本物の人間で見た時以来の衝撃でした。
(いや違った意味での衝撃だけど)

そして子連れのドイツ語圏観光客たちがみんな立ち食いのピザやパニ-ノで軽く食事を済ます光景に異文化を感じてしまった、、。
ツ-リストインフォメ-ションでもらった地図にはレストラン紹介はなく、大きくマクドナルドの印入り。
「そこまでしてマックを食べたいのか!ドイツ人!!」
と軽く心の中で突っ込んでしまった。
(トレントでくれた地図にはトレンティ-ノ料理の店をマ-ク付で紹介していた)

まあ、お天気もイマイチで適当に入ったレストランもサ-ビスなどの点でハズしてしまったので、ボルツァ-ノの魅力はあまり感じられなかったのが残念だが、アイスマンはすごかった。一見の価値あり。
たった1泊で駆け足のトレンティ-ノ旅行だったが、友人もそれなりに楽しんでくれたようでよかった。
次回は車で山のほうへ行きたいなあ。(当然まだ怖いからステファノに運転してもらうけど)
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-21 23:28 | 小旅行 | Comments(2)

トレント、ボルツァーノ旅行 1

日本から友人がはるばる遊びに来てくれたので、今週はレッジョ、パルマやマントヴァなど近隣の都市を見てまわったりしつつ、1泊ほどトレント、ボルツァ-ノへ旅行へも行って来た。
実はアオスタ方面で優雅に避暑と洒落込みたかったのだが、まだそんな長距離を運転する勇気はないし、電車を利用するならトレント方面は断然アクセスがいい。
そんな訳で、トレントでワインを飲み、温泉に1泊し、翌日ボルツァ-ノでアイスマン(氷の中から見つかった5000年前のミイラ)を見る旅に出かけることにした。

カルピから各駅停車で約1時間半でヴェロ-ナへ到着し、ミュンヘン行きのユ-ロシティに乗り換えトレントへ。
トレントは山に囲まれ、少しだけ異国情緒あふれる建物もあるが、やはり北イタリアの街。
町並みも美しく、近代的な建物も多く、ツ-リストインフォメ-ションも感じ良く、物価も高すぎず、非常に感じが良かった。ロ-マ時代の地下遺跡をキレイに保存して、見せているのだが、その遺跡とともに現代ア-トも展示していたりしてセンスがいい。
d0140003_0314184.jpg

ツ-リストインフォメ-ションで「トレンティ-ノ料理が食べられるトラットリア」を聞いたところ、レストラン案内専用の地図まで用意してあり、しかもワインや食材店、その産地や農家のインフォメ-ション冊子までくれる親切さ。
小奇麗なトラットリアで名物料理と美味しいワインを頂き、上機嫌で宿泊予定のレヴィコテルメへ向かった。
d0140003_033182.jpgd0140003_0332758.jpg










レヴィコテルメはトレントからバッサ-ノデルグラッパへ向かって50分くらいのところにある小さな温泉療養地。湖の散策やプ-ル、チェントロでの野外コンサ-トなどを楽しみ、すごく美味しいビ-ルを飲んでゆっくり休んだ。

しかしここのレストランには半数くらいのドイツ人が嬉々としてトマトスパゲッティなどを食べていて、半数くらいのイタリア人がピッツァやトレンティ-ノ料理を食べているのが可笑しかった。
ドイツ人はイタリアに来たらやっぱりスパゲッティを食べるんだなあ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-20 00:38 | 小旅行 | Comments(0)

妊娠18週 初めての胎動

実は今週の日曜日から日本の友人が遊びに来てくれて、毎日遊びまわっているので、なかなかブログの更新ができない。明日からはトレント、ボルツァ-ノに旅行に行く予定なので、帰ったらドロミティの写真などをアップできると思うので、お楽しみに。

さて、今日は7月の検診日。日本への帰国や明日からの小旅行に先駆けて、カルピの公立診療所で、診察を受けてきた。
体重や血圧の測定、体調についての問診、子宮の大きさの測定や心音確認などをしてもらったのだが、14週くらいから度々私が悩まされてきた「立ちくらみ」について、「低血圧から来る立ちくらみなので、急に起き上がったりしない、暑いところでは転ばない様ゆっくり動く」などのアドバイスとともに「血圧上昇のためにコ-ヒ-やアルコ-スを少量摂取すること」を薦められた。
しかしカフェインを含むものは日本では摂取を禁止されるはずなのに、所変われば、、。イタリアでは1日2杯までのコ-ヒ-はもちろんOKだそうだ。

そして、医師は私たちにこう言った。
「今日からは子供の胎動を1日に1,2回感じる可能性があります。まだ子供は小さいので、実際に動いていても、なかなかそれを感じることはありませんが、お臍の近くのこの部分になにか動きを感じたら、それは胎動の可能性があります。この胎動は日々感じる回数が増えていきますが、現在はまだ1日1,2回でしょう。」

実は今朝、目覚めた時、ステファノが私のお腹をさわった瞬間、ポコっとした不思議な感覚があった。ステファノは「ルイジの蹴りだ!!」と興奮していたが、私は半信半疑だった。
しかしその場所はまさしく医師が言ったとおりの場所で、そのお腹の内部で何かがはじけたような不思議な感覚はやはり胎動だったのか、とちょっと感動。

自分のお腹の中で、確かに新しい命が育っている、と実感して、なんとも言えない幸せな気分になった。
今日は友人をパルマに案内したのにクラテッロも食べられなかったが、子供のために、あと5ヶ月、生ハムやサラミ、我慢し続けられそうだ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-16 02:38 | 妊娠 | Comments(8)

中国のお酢と冷やし中華

あいかわらず暑い日が続くモデナ、、夏になるとジリジリと肌を焼く太陽の感触がインドを彷彿とさせて、いつもインドに旅行したくなる。
楽しいインド旅行。子供が何歳になったら行けるのだろう、、。

そんなインド妄想以外にここ数日私の頭から離れなかったのは、「冷やし中華」。
冷やし中華って日本の夏って感じがして、一度イメ-ジするともうすごい勢いで食べたくなる。
(私だけでしょうか?)
特にゴマダレの冷やし中華だ食べたいけれど、家では毎日大量にとれるトマトやキュウリを消費する義務もあるので、やっぱりお醤油と酢ベ-スのタレで!と思い、早速近所の中華食材屋さんにお酢を買いに走った、、。
(うちにあるワインビネガ-やバルサミコではやっぱり和食には合わないので)

友人に「ボロ-ニャの中国食材屋さんにはミツカン酢も売っていた」という情報を聞いていたので、きっとカルピにもあるだろう、と踏んだのだが、結果は、、黒酢しかなかった。
カルピやモデナの中国人って圧倒的に上海周辺地域の人が多いんだけど、このカルピの「中国百貨店」PC、携帯から道教の神様の飾り物、鍋、炊飯器、テレビ、中国野菜、漢方薬、欧州華人新聞、豆腐、野菜の種、食材一般も揃っていて、ハウスのチュ-ブワサビも売ってるからミツカン酢もあると思ったけど、甘かった。別に千鳥酢が欲しいなんて贅沢は言わないから、せめてミツカン酢をおいてほしいなあ。

まあ、この黒酢、上海留学時代には小龍包などにつけると日本の酢より美味しかったし、中国風の「黒酢冷やし中華」も美味しいかと思い、早速家で調理してみた。
d0140003_1613617.jpg

キュウリの切り方が私のガサツな性格を物語っている、、。
体重が増加気味なので、野菜メインで玉子なしの冷やし中華。先日打っておいた中華麺で。
しかし、タレが、、やはり中国の酢は主張が強すぎていただけない。このお酢ってこんなに臭かったっけ?それとも腐ってる?
私の舌がイタリアの超ナチュラル味付けになれて変わってしまったのか、今では中国製の調味料のほとんどに不自然な味を感じて食べられなくなってしまった。

本日の教訓、、冷やし中華は「中華」と言えども和食なので、日本の酢を使ったほうが美味しい。日本帰国時に美味しいお酢を買ってこよう。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-13 16:08 | イタリアン以外 | Comments(5)

戌の日

昨日は5ヶ月目に入って初めての戌の日だったので、母が送ってくれた水天宮の腹帯を巻いてみることにした。
ソファでうたた寝しているステファノをたたき起して、一緒に腹帯を巻いていく。とりあえず巻いてみると、立派な妊婦さん、というような大きなお腹に見えてちょっと面白い。
ステファノに「戌の日」について説明すると、やはりかなり不思議そう。「犬はお産が軽いからそれにあやかって、、」っていうのも「戌の日」があるのも不思議なようだった。

私が個人的に腹帯より注目したのは、一緒に送られてきた「水天宮安産御守」
この御守り、普通の御守りの袋の中に、5つの神呪文字「いつもじ」が書かれた紙が入っていて、体の具合が悪い時や、陣痛があった時にそれぞれの文字をちぎって水で飲むと、体の具合がよくなったり、お産が楽になるというもの。

以前、台湾で知り合いの紹介である道教寺院へ行った時、神ががかったボロをまとって酔っ払った人がやはり墨で文字を書いてくれて、それを燃やした灰を水で飲めば体調がよくなり、どんな病にも効くと言われたのを思い出した。

この現代日本で体調が悪くて神呪文字を水で飲む人がどのくらいいるのだろうか?
でも、私は飲んでみたい。だって効き目が気になるし。
しかしつわりもなかったし、体調は妊娠したのが信じられないほど良いので、機会はなさそうな気もする。最近足が浮腫んで、サンダルがきつくなったことと、足の裏が痛いこと(靴があってない様子)手足が火照ることだけが妊娠後の不調だ。
神呪文字飲んだら足も浮腫まなくなるだろうか?

しかし水天宮も奥が深い。あんな都会のど真ん中でこんな呪術的な御守りを出しているとは。
次回帰国したらまた人形町で買い物ついでに水天宮にもお参りこようかな。美味しい料亭もあるし、親子丼も食べたいし、粕漬け買いたいし、和菓屋さんも多いし。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-10 16:00 | 妊娠 | Comments(4)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧