モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

羊水検査について考える

今日は月例の血液検査へ行ってきた。
イタリアではなぜか血液検査は必ず早朝のようで、今日の検査も7時半に町外れの辺鄙な場所にある診療所へ行くように指示されていて、車がないと絶対行き着けない。
幸いステファノが痛みに耐えながらも、短時間なら運転できるようになったので、今日はなんとか行き着けた。

来月も4回病院へ行かないといけないので、足がないイタリアの田舎の妊婦さんは本当に大変だと思う。毎月1回の検診、1回の血液検査、それに来月はエコ-があって、もう1回はダウン症や羊水検査についてその専門家との面談が設けられている。

実は初回の問診で、自分や夫の親戚の健康状態や特別な障害の有無などについて聞かれたのだが、自分の親戚はともかく、100名以上いるという夫の親戚(おじ、おば、従姉妹まで)については何も答えられなかった。帰宅してからその話になると、従姉妹の中に一人ダウン症の人がいた、という話で、もし、生まれてくる子供にそういったことがあったら、どうするか、という話になった。

その従姉妹は11人兄弟(!!)の末っ子だったそうで、兄弟が協力して面倒を見たそうだが、35歳くらいで亡くなったらしい。子供が生まれるとき、ステファノはすでに47歳。もし障害のある子供が生まれたら、面倒を見ることができないのでは?ととても不安に思っている。

イタリアでは36歳以上の妊婦には無料で羊水検査を実施しているらしい。羊水検査とは子供に先天的な障害や染色体異常がないか調べることができる検査らしい。私は子供が生まれる頃でも34歳なので、この検査をするなら自費でしなければならない。ちょっと人づてに聞いたところ、費用は1000ユ-ロ前後という話だった。実際ダウン症の従姉妹を持ったステファノは是非この検査をしてほしいと言っているが、私は複雑だ。

もし子供に障害があるとしたらどうするのか?それでも生む、と決めていて、心の準備のための検査ならしてもいいだろう。しかしステファノは自分の年齢を考えても、障害のある子を育てる自信はないと言っている、、。冷たい考えのようだが、彼なりの責任感だと思う。私は13歳年下とはいえ外国人。ステファノに何かあったら、障害のある子供をかかえてイタリアでやっていくことなんて不可能に近い。

そう考えると検査なんて怖すぎる。
そんな訳で、まずは来月、専門家と話してみて、検査に申し込むかどうか、再び夫婦で相談して決めることになった。

羊水検査をしたお母さんの気持ちはみんな複雑だったんだろうなあ。
医学の進歩もいいような、悪いような、、。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-30 17:05 | 妊娠 | Comments(7)

畑の様子

今日は久々に晴れて暑くなった。
畑の野菜も先週の雨に負けず育ってきている。
ピゼッリ(えんどう豆)
d0140003_2341898.jpg

葡萄
d0140003_236033.jpg

ズッキ-ニ
d0140003_2372998.jpg

明日はまたマラネッロのフェラ-リに出張に来ている台湾人の友人が我が家へ遊びに来る。
ちょうど畑からイチゴ、アスパラガス、ズッキ-ニ、インサラタが収穫できたので、野菜中心のメニュ-でおもてなしの予定。
(調理は私だが、メニュ-はステファノが担当している)
ステファノも足がまだ治らず、どこにも出かけられないので、たまに誰か来てくれると、うれしいようで、明日、私が定期健診に行く帰りに買って来る食材を色々指示された。

デザ-トは畑のイチゴ入りマチェドニアと言われているのだが、今晩ナメクジ被害が少ないといいのだけど。
最近は日々ナメクジとの闘いだ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-29 02:51 | 我が家 | Comments(2)

ポロネギと栗のリゾット

5月も下旬だというのになんだかちっとも暑くならず、肌寒い日が続いているのと、私の生肉禁止令のために、ついつい煮込み料理を作ることが多くなる。
先日も、「そろそろ最後かもなあ、、、」と思いつつ2時間以上煮るから絶対安全だと、ブロ-ドを作り、ボッリ-トを食べた。

ブロ-ドはかなり大量にできるから、その後4回ほど利用できる。
大概2回はトルッテリ-ニなどのパスタ、1回リゾット、もう1回はミネストロ-ネや煮野菜を作る。昨日もブロ-ドがあったので、我が家の定番「ポロネギのリゾット」を作るつもりだったのだが、先日ロマニカで同じクラスだった食いしん坊クラスメイトKさんが作ってくれた「鶏肉のリゾット詰めロ-スト」のリゾットがポロネギと栗が入っていて豪華な感じだったのを思い出し、リゾットに栗を入れてみた。
d0140003_16503058.jpg

作り方は以前紹介したポロネギのリゾットとほぼ同じだけれど、煮栗を細かく切ってポロネギを炒める段階から一緒に調理してみた。ネギの甘みと、パルミジャ-ノのコクと塩気、栗の甘さがとっても美味しかったけれど、ステファノには「甘すぎる」とちょっと不評。
個人的には栗ご飯を思い出してすごく美味しかったんだけどなあ、、。
栗とポロネギってすごく合うと思うので、甘いご飯OKな方は是非お試し下さい。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-27 17:03 | プリモ | Comments(0)

北イタリアのゴキブリ事情

こちらに住んでいる日本人の友人に聞くと、「イタリアに来てからゴキブリを見たことがない」という人が多い。北イタリアにはあまりゴキブリが存在しないらしい、というウワサは前から聞いていた。
しかしモデナのイタリア人に聞くとゴキブリの存在は知っていて、見たことがある人が多い。モデナは湿気が多いことで有名らしいから、ゴキブリにとって住みやすい地域なのだろう。

日本の我が家は築45年の木造建築。数年前リフォ-ムするまでは、もちろんゴキブリ天国だった。
冷房もあまり使わなかった子供時代。庭にはまだ沢山木があったし、塀にはツタなんてあったもんだから、ヤモリもゴキブリも沢山いた。

大学時代留学した上海ではあまりゴキブリの印象がない。キッチンのない寮生活をしていたからだろう。しかし広州に留学していた友人を訪ね、広州→香港の船に乗った時、見たこともないほど大きなゴキブリが船室内に無数にいたのを発見した際の恐怖は忘れられない。

その後3年ほど住んだ台湾はもうゴキブリ大国。夜、小腹が空いて夜市に夜食を食べに出かければ、道路には人だけでなく、ゴキブリがゾロゾロ歩いている。
大雨で台北市が洪水に見舞われ、溜まったゴミを捨てにマンションからゴミ捨て場まで水に浸かりながら歩いた時も、流されていくあわれなゴキブリ群を沢山見た。

そんな私もついにイタリアで、ゴキブリにさよならかと思いきや、我が家にはゴキブリがいる。
それも日本とかわらない茶色のヤツで、でも大きさは小指の先くらい。動きはすごくニブイ。あんな動きがニブくて小さなゴキブリなら、私には余裕で始末できる。(台湾のゴキブリは大きく、噛み付きそうで怖かった)

我が家のゴキブリはどうやら庭に住んでいるらしい。畑に雑草が茂るとそこに住むのか数が増える。そして、庭に出るための古い木製のドアに彼らを発見するケ-スが多い。
不思議なことに、キッチンなどではまだ目撃したことはない。

そう考えてみると、「ゴキブリを見てない」と言った友人はみんなパラッツォ住まいで、チェントロ在住者だ。

もしや北イタリアのゴキブリは田舎の雑草が好き?

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-26 23:45 | イタリア生活 | Comments(11)

豚スペアリブのトマト煮込み

我が家でスペアリブと言えば、ハ-ブと白ワインで味付けしてロ-ストにするのが定番なのだが、妊娠中でとにかく火の通った肉を食べるように言われている今、骨付き肉はロ-ストより煮込みのほうが安心なので、今日はいつものスペアリブをファッジョリとトマトで煮込んでみた。
以前、日本のイタリアンレストランで豚バラ肉のトマト煮込みを食べたことがあって、その真似(というかアレンジ?)で作ってみた料理だけれど、ステファノもとても気に入ったようなので、ちょっと紹介。
d0140003_4144858.jpg

材料
豚スペアリブ5,6本
トマト缶1缶
玉ネギ1
ファジョッリ缶 小1
ワイン少々
セロリ1本
ニンジン1,2本

作り方
1 豚スペアリブは少量のオリ-ブオイルで表面に焼き色がつくまで焼き、肉の旨みを閉じ込めておく。
2 別の鍋に玉ネギ、セロリをみじん切りにしてしんなりするまで炒めておき、その後ニンジンを加え軽く炒め、1の肉も加え、ワイン少々を入れてアルコ-ル分が飛ぶまで火にかける。
3 アルコ-ル臭が消えたらトマト缶を加え、フタをして40分くらい弱火で煮込む。
4 水切りした缶のファッジョリを加え、さらに30分くらい煮込んだら、塩、胡椒で味を調えてできあがり。

今日はトマト缶のトマトを半分くらい使い、少しブロ-ドを入れてゆっくり煮込んでみました。こうすると、トマトの味がきつすぎず、少しあっさりした味わいに。
また、このレシピはラグ-のように香味野菜を使っているけれど、元のレシピは玉ネギ、ニンニク、ペペロンチ-ノ、ファジョッリ、トマトのソ-スでした。私はニンジンの甘みが好きなので、今日はアレンジで甘めの煮込みに。
このトマトソ-ス、野菜もたっぷりでパンがすすみます。

妊娠したせいか最近、異常にトマト味のものが食べたいので、私は満足。妊娠してから不思議なことに和食より断然ピッツァが食べたいのです。(しかもトマトソ-スにモッツァレッラの王道派ピッツァ)海藻が食べられなくなっちゃったし、子供はステファノ似だろうなあ。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-26 04:40 | セコンド | Comments(9)

1回目の超音波検診

先日、カルピの診察所で1回目の超音波検診をしてきた。

妊娠がわかってすぐには、全く初めての経験で、何をどうしていいのかさっぱりわからなかったので、ホ-ムドクタ-の指示に従い、色々な検査に時間がかかったけれど、結局はコンスルトリオという診療所(産婦人科?)に行くように指示をされ、それからは自動的に予約も取れていて、素晴らしく快適だ。

超音波検診は3回するらしいのだが、1回目は12週目に入るタイミングでするらしく、指定された木曜の10時半に到着すると、時間ぴったりに問診が始まり、体重測定から日々の生活のアドバイスまでとても親切にしてもらい、イタリアで出産できる自信が湧いてきた。
親切な女医さんに、「フィレンツェ風ステ-キは食べていいか?」という一番気になっていた質問をしたが、答えは「絶対ダメ」だそうだ。
肉類は全て完全に火が通ったものでないとダメで、魚は新鮮なら生でもOKとの話。
ということは鮨はOK?本当かなあ?
日常食べている炭水化物の量、卵の量、飲み物などについてもしっかりチェックされた。

そして、体重増加については、「1週間に500gまでは増加OK」と言われたけれど、9ヶ月で18キロ太ってもOKってこと?ってちょっと驚愕。

45分ほどの問診とアドバイスの後、超音波検診を開始。赤ちゃんの動いている心臓を見てちょっと感動し、大きさを測定。正確な出産予定日を告げられた。

その後、思ったより赤ちゃんが小さかったので、規定の12週目のタイミングではないから、細かいチェックができなかったので、来週もう一度超音波検診をするように告げられ、6月の定期健診、7月の超音波検診まで予約を入れてくれて、この日の健診終了。
スタッフは親切だし、完全予約制で待ち時間はないし、これで毎月の検診が無料なのは素晴らしい。エコ-も血液検査もここを通して予約すると全部無料だし。

この診療所に初めて行ったとき、「次回の検診にあなたの言語を話す通訳者を呼びましょうか?」と言われ、「日本語ですが、、」と答えると「日本語はありません」と言われたので、ここでは通訳者まで用意してくれることは知っていた。無料なのに素晴らしいサ-ビス。

今のところ、先生がかなりわかりやすく話してくれるので、言語面で不安はないが、来たばかりの時なら、英語がわかる人が来てくれるだけで、大分安心できただろう。

しかし診療所で見かけた中国人通訳者のイタリア語のレベルはたいしたことがなかった。
無料通訳者だけにレベルもそれなりなのだろうけれど、、、
ステファノは「日本語、中国語通訳者として診療所に履歴書持っていけばいい」と言っているけれど、私のイタリア語レベルではムリだと思っていたが、あの中国人よりはいいかも?

イヤでイヤで仕方がなかったイタリアの病院。産科通いで好印象になってきた。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-24 02:28 | 妊娠 | Comments(5)

モデナのチェントロでニョッコフリットを食べるには

以前、モデナのイタリア語学校、ロマニカに通っていた時、クラスメイトたちと「ウワサによく聞くモデナの名物料理、ニョッコフリットはどこで食べられるか?」という話になり、結構悩んだ。
ニョッコフリットとは薄い揚げパンのようなものにモデナ名物の生ハムやサラミなどを挟んで食べる料理。これは、日本人にかなりウケる。今まで食べに連れて行った友人たちはみんなファンになっていた。

学生たちで話し合ったところ、ホ-ムステイしている学生は家で食べたりしていたし、私はステファノ行きつけの超辺鄙な(カルピから車で20分程度の畑の中)トラットリアでしか食べたことがなかった。
d0140003_1373282.jpg

これがステファノ行きつけの店のニョッコフリット。

バ-ルなどにあるニョッコは冷めてて美味しくないし、有名トラットリアではあまりメニュ-にない。
先生に聞くと、「ニョッコやティジェッレは山で食べるのよ-」という車のない留学生には難しいアドバイス。

そんな中でやっと見つけたのが、il fantinoというエミリア街道の郵便局近くのトラットリア。このお店は当時クラスメイトだった食いしん坊の日本人留学生に教えてもらったのだけれど、なかなか面白い料理を出すし、味も良い。ただ、夜は予約なしにはほとんど入れない。

昼は大概4,5組しかお客もいなくて、カメリエ-レは気さくで親切。友人と食事するときはアンティパストにニョッコフリットを1人前頼み、プリモかセコンドのみを食べればお腹いっぱいになる。車がない日本人観光客がちょっとモデナのチェントロでニョッコフリットとともにランチを、という時にはなかなかお勧めのレストランだ。
ミョッコフリットは小ぶりで上品。最高とまでは言えないけれど、チェントロで食べたものの中では満足できる味だった。

先日、久々にこのレストランへ行ったが、生肉禁止中の私はニョッコフリットをあきらめ、プリモに「カボチャとサルシッチャのニョッキ」を頼んでみた。
d0140003_2327157.jpg

サルシッチャの塩気とカボチャのほんのりとした甘みが意外とおいしい組み合わせで、それなりに満足。今度真似してみようかな-。

モデナのチェントロでニョッコやティジェッレが食べたい時、エルメスやアルディ-ナなどの超伝統的メニュ-以外の少し変わった料理が食べたい時にここはオススメです。

trattoria il fantino
via Donzi,7 41100 Modena
Tel 39 059 223 646
定休日 月曜日、日曜ディナ-

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-22 23:43 | レストラン紹介 | Comments(4)

マタニティウエアの謎

私は身長が167センチある。体重はもし身長マイナス110が標準体重という昔のル-ルが今でも通用するなら、まあ、標準と言っていい。
つまり、別に太っている訳ではないが日本人としては大柄だ。
そして、太ってはいないけれど、胸と下っ腹とお尻と太ももが非常に太い。
だから日本製の服はほとんど着れなかった。

日本製の服ってどんどん細くなってきていて、細身のジ-ンズなんて絶対入らない。
一体誰があんな服着れるんだろう?シンガポ-ルとかタイ人サイズじゃないか?といつも憤っていた。

ところがイタリアに来てから、どんな服でも42を買うとピッタリ。
42や44サイズはイタリアではMサイズらしい。42サイズのイタリア人は結構多いようで、パンツなどの人気デザインは42だけ売り切れってことも多いので、私は本当にイタリアの標準体型なようだ。

しかし、最近少しお腹が出てきて、股上の深いパンツで長時間座ったり、沢山食べたりすると少し気分が悪くなる。そこで、少し気が早いけれど、マタニティウエアを買いに行ってみようと思い立った。

行ったのはベネトン。人と違う服を着るのが好きな私はこういう超大量生産的なお店で服を買うことは滅多になかった。でも、イタリアではそんな贅沢は言っていられない。他のメ-カ-に比べて安いし、日本のベネトンよりはかわいいものも多いし、なによりマタニティウエアが充実している。
股上は浅いけれど、その上に腹巻のようなニット地かゴム生地がついたジ-ンズやコットンパンツの着心地にはうっとり。これならいくらでも食べられそうだ。

という訳で外食用に腹巻付コットンパンツを購入。しかしSサイズなのにかなりブカブカ、、。
XSでちょうどいい感じ。
私はまだ3ヶ月で体重も1キロしか増えていないので、もちろん夏に向けてかなり大きめのものを買うつもりで、Mサイズの購入を考えていた。しかしMサイズはどう考えても大きい。
10キロ増までならSサイズで大丈夫だと思った。

しかし、そう考えるとイタリアの妊婦さんは一体どれだけ大きくなるのだろう?疑問に思ってステファノの元クラスメイト、ご近所の女性に聞いてみた。
「う-ん。私は18キロ増えたわね-」

驚愕、、。しかも驚くことに今の彼女は私よりずっと痩せている。
出産後、育児疲れで体重は自然と戻ったらしい。(2年かけてだけど)
他にも何人か15キロ以上体重増加したケ-スを聞いたので、決して彼女が「特別」な訳ではないらしい。(もちろん体重に気を使って、そんなに増やさなかった人もいたけれど)

きっとMサイズは標準体型の人が15キロくらい太ったときに必要なんだろうなあ。

日本でいつもLサイズの私が人生で初めてXSサイズの服がちょうど良かったのはイタリアのマタニティウエア。標準体型の日本人はむしろ大変だろうな、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-20 17:09 | 妊娠 | Comments(9)

日本語を教えたい

中国語教師をはじめて2ヶ月が過ぎ、大分仕事にも慣れて余裕が出てきた。
膝の手術後、自宅療養中のステファノ、、収入は少しダウンしているし、私の車を購入しなきゃいけないし、生まれる子供のことも考えないといけないし、我が家の経済状態を考えると少しでも稼いで生活の足しにしたい。

そこで、先日から悩んでいた中国語グル-プレッスン、週2回、5ヶ月コ-スの仕事を引き受けることにした。
このレッスンでは6人のグル-プに教えることになるらしいのだが、この仕事を引き受けると、日本への帰国も8月の夏休みか出産予定日1ヶ月前くらいにしかできなくなるので、どうしようかな、と結構悩んでいたのだ。英語のレッスンと違って、私が休んだら代講できる教師もいない、、。責任重大だ。

最近イタリア人に「仕事は?」と聞かれると、「パ-トタイムで日本語と中国語教師」と答えていたけれど、週4回中国語教師となると、「日本語教師」を職業と答えていいのか疑問に思う、、。
日本語教師養成講座に通ったのに、なぜ中国語レッスンしかできないのだろう?
ちょっと悲しい気持ちになっていたら、日本語レッスンの話も持ち上がった。
もし時間帯がうまく調整できれば、是非日本語を教えたい。私は日本人なんだし。

教師の仕事は時給はいいが、レッスンの時間は短いし、あまり沢山稼ぐことはできない。
それでもがんばって少しでも稼いで、せめて買ってもらう車のガソリン代くらいは自分で出せたらいいなあ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-19 19:35 | 仕事 | Comments(14)

さよならカルラ

昨日はモデナのイタリア語学校、ロマニカで一緒に勉強していた中国人Dさんが久々にロ-マから戻ったので、ランチの約束をし、モデナの中華料理店へ行った。
このレストランはDさんがウエイトレスをしていたお店で、餃子もちゃんと手作り。冷凍餃子のように農薬の危険もない。麺類は乾燥麺だし、たいした味ではないが、中華丼がけっこう熱々で好きだ。ここはイタリアの中華料理店の中では美味しい方だと思う。
久々に会ったDさんから、また色々強烈な中国人話を聞いたけれど、彼女は基本的にロ-マの生活を楽しんでいて、髪型なども少し垢抜けた(というかイタリアっぽくなった)。
しかし彼女が真っ赤な「one world one china」のTシャツを着ていたのに目が釘付け。
突っ込むとケンカになりそうだから黙っていたけど、彼女も洗脳されてるのかなあ。

Dさんとロマニカの話を色々し、お世話になった先生に会いに行こう、と久々に学校へ向かった。
校長のエリザベッタやプライベ-トレッスンをしていたエレナと話していると、「実は今日は受付のカルラの最後の出勤日で、彼女はイギリスへ帰ることになった」という話を聞いてビックリ!カルラは両親がイギリス人とイタリア人で英語とイタリア語ができ、ロマニカの秘書として、とってもがんばって働いていたのだ。

彼女の勤務時間後に彼女のためにパ-ティ-を用意しているから、来るようにと誘われ、急遽参加することにした。
d0140003_054869.jpg

パ-ティの様子はこんな感じ。
カルラはイタリア人の彼氏を連れてイギリスへ帰ることにしたらしい。
長い間、いつも笑顔でお仕事、お疲れ様。
d0140003_0571048.jpg

左がカルラ。右は教師のエレナ。彼氏はイレズミを入れる仕事をしている。彼女も全身にタトゥーが入っていて、「日本でプ-ルに行けないよ」と日本人学生にいつも言われていた。

カルラは退職し、スザンナとアンナ(教師)は産休中。
エリザベッタとオリアナはいつも大忙しのようだ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-18 01:07 | ロマニカ | Comments(9)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧