モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:コントルノ( 4 )

畑の野菜のミックスサラダ

連日の暑さで老人や子供は沢山救急車で運ばれているようですね。ニュ-スでも盛んに水分を取るよう、呼びかけています。
そんな暑い日が続き、ついに畑のトマトも赤くなってきて、完熟には少し早いけれど、待ちきれないステファノが収穫してきて、サラダを作ってくれました。
d0140003_14511589.jpg

畑からトマト、ペペロ-ニ、キュウリ、玉ネギを収穫、それにファジョッリ缶を加えて塩とオリ-ブオイルで味付けしたものです。まな板包丁を使わず、ボ-ルの上で小さなナイフを使って野菜を切っていくステファノ。男の料理ですね。不精だ、、。

シンプルだけど自家製野菜はやっぱり美味しい。しかしペペロ-ニ、、赤くなる前にみんな食べられちゃうんじゃないか心配です。

加熱する野菜としてはズッキ-ニと茄子が毎日大量に収穫できているので、夏場に野菜を買う必要はほとんどありません。狭い畑でも工夫次第でけっこう収穫できるものだ、と感心します。美味しい野菜をありがとう。ステファノ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-06-30 15:02 | コントルノ

玉ネギとインゲン豆のサラダ

実はこのブログを始めるとき、ステファノに相談した。
「ねえ、ステファノの簡単レシピ、日本向けに紹介していい?」
ステファノは自慢気に言った。
いいけど、秘密は書いちゃダメだよ。リゾットに入れるパルミジャ-ノのかけらは全部溶けきらないうちに取り出して食べると美味しいとか。(いや、それって秘密というか嗜好の問題?)
そして私のレシピ更新に協力的だ。

でも、一昨日くらいから、まともなレシピを更新していないので、クレ-ムが入った。

「ねえ、僕の玉ネギサラダはいつ更新するの?」

はいはい。確かに昨日くらいからイタリア生活の苦しみ?とかについてのつぶやきばかり書いていたので、レシピを更新しなきゃね。

ということで、またまた超簡単な1皿。ステファノ風玉ネギとインゲン豆のサラダ。

材料
イタリアのス-パ-でよく見かける、「ファッジョッリ」という豆の缶詰
玉ネギ半分
白ワインビネガ-
砂糖

ファジョッリってインゲン豆だったんだ。
あれだけ食べてもおいしくないけれど、確かに玉ネギとよく合います。

作り方
玉ネギ半分を薄くスライスして、砂糖、白ワインビネガ-に漬け込む。(私は昼ごはんのときに漬け込んで夕飯に食べる)
缶詰のファッジョリをザルにあけ、余計な水分を切って、甘酢漬けにしておいた玉ネギも水分を切って同じボ-ルに入れてまぜる。
塩とオリ-ブオイルで味を調えて、できあがり。

玉ネギの漬け込みに時間がかかるけれど、調理はまぜるだけなので、5分。

ちなみに
写真は私が玉ネギを1個入れてしまって、ステファノに指導されたものです。
本来は玉ネギは少なめで、豆が主役のサラダです。

ステファノ曰く、「玉ネギの香りがファッジョリの旨みを開かせる」のだそうです。
確かに玉ネギの香りがついたファジョッリは美味しい。
でも、いくら甘酢につけても所詮生玉ネギ、口臭にはご注意下さい。
d0140003_2355155.jpg

[PR]
by mimicarpi | 2008-01-16 23:59 | コントルノ

サバとフィノッキオのサラダ

これもステファノオススメの簡単レシピ。
というか、切って、まぜるだけ。所要時間5分。

材料
フィノッキオ1個
サバ缶(もしくはツナ缶でもok)
オリ-ブオイル


作り方
フィノッキオを切って、サバ缶を身をほぐしつつ混ぜて、オリ-ブオイルと塩で味を調える。

美味しく作るポイントはサバ缶のオイルは使わず捨てて、エキストラバ-ジンオリ-ブオイルの美味しいものと塩で味をつけることだそうです。
缶詰のオイルはあまり質のよいものではないので、料理には使わず捨てたほうがいいそうです。(あくまでステファノの見解ですが)
d0140003_20174229.jpg


ただ、この野菜も日本では手に入りにくいような気がします。
もしこの野菜、手に入ったけど、どうやって食べよう?っていう状況だったら是非試してください。
[PR]
by mimicarpi | 2008-01-14 20:20 | コントルノ

ステファノのゆで玉子

私はゆで玉子がそれほど好きではなかった。
まあ、お弁当に持って行くにはいいけれど、わざわざ家でゆで玉子を食べようとは思わなかった。
しかし、ステファノはゆで玉子が好きで、よく作る。
簡単だけど、美味しいイタリア風ゆで卵の作り方とは、、

1 鍋(我が家ではミルクパン)に卵2個と水を入れ、火にかける
2 沸騰したら火を弱火にし、火をつけてから15分後に火を止める
3 皮をむいたら、半分に切り、切り口に塩、アチェ-トバルサミコ、オリ-ブオイルを好みでかけてできあがり

所要時間わずか20分の料理だ。
ステファノ曰く、サラダでも卵でも、何でも味付けは塩、アチェ-ト、オリ-ブオイルの順番を守ることが大切だとのこと。
確かに先にオイルをかけたら塩の味が馴染みにくそうだ、、。

今日はイタリアのソ-セ-ジ、サルシッチャをフライパンで焼き、卵に添えた。
そして我が家の畑からとれたてのキャベツをサラダにして、一緒に食べた。
主食はご飯でなく、パン。
我が家の簡単昼ごはんだ。
d0140003_5595445.jpg

[PR]
by mimicarpi | 2008-01-02 06:06 | コントルノ


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧