モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:日本移住( 23 )

ルイジの信州生活

今私たちが住んでいるのは、人口が9000人くらいの南信州の小さな町だ。
町には二つ小学校があって、ルイジはその大きいほうの学校(市役所近く)に通っている。
家から学校までは最短の道を通って2.5キロくらい。
でも途中、人通りもほとんどない山道を通るんだけど、その近くで去年クマが2,3回捕獲されたから、歩かせたくない。

同じ地域の子供と集団登下校をする道を歩くと、幹線道路まで出て遠回りをするので、4キロ以上の道のりになる。
雪の中そんなに歩いたら疲れちゃうよね、、
という訳で、我が家のある地区にはスクールバスが停まる。
家からバス停まで約1キロ。で、バスで学校までは5分くらい。便利だ。

ルイジの学年は60名くらい生徒がいて、クラスは2クラス。
すっごく広い校庭や体育館が東京出身の私にはまぶしい。

で、学校生活でとっても気になるのが、野菜作りとかの授業が充実していること。
思えば、保育園で「凍み大根」を作ったと聞いた時から、信州すごいと思った。
2年生だった今年は大豆を栽培したらしい。
で、栽培した大豆で、調理実習をするんだけど、やっているのが、

豆腐作り
きなこもち作り
納豆作り
味噌作り

納豆とか味噌とかハードル高すぎない??
先日、家でルイジが「わらずと作り難しかった」とか言っていて、わらずとってナンダ??と思っていたけど、
納豆包む藁のことだったらしい、、
藁につつまれた納豆なんて、まんが日本昔話でしか見ないって!!ほんと。

ちなみに栽培したサツマイモでも色々作っていた、、。東京だったら、芋は掘るだけ。栽培できないって!

d0140003_23130982.jpg
手作り納豆。ステファノ手作りのパンチェッタを生で食べるより勇気がいりました。



[PR]
by mimicarpi | 2017-03-01 23:17 | 日本移住

駒ヶ根周辺の国際結婚カップル

引っ越して1年ちょっと。完全に共働きでがんばっているため、あまり活動範囲は広がっていないし、友達も飛躍的には増えないし、保育園のママ友達もなかなかできない(ステファノが送り迎えだもんね)けれど、それなりに情報は入ってきて、知り合いも少しずつできてきた。

まず、知り合ったのは中川村に住む日伊カップル。庭にピザ小屋があるのがなんともイタリア人らしい。主人は初めて言葉の通じる人に会い、とてもうれしそうで、しょっちゅう電話で連絡をとりあっているし、あちらには子どもが4人いるので、ルイジもよく遊んでもらっている。
それから私の会社にはなんとガーナとの国際カップルがいる。こちらも子どもがいるので、ルイジは遊んでもらって、その隙に私は彼女とおしゃべりできるので、楽しくおつきあいさせてもらっている。

りんご農家をしているイギリスと日本のカップルにも引っ越してすぐ知りあい、色々情報を頂いた。

そして、昨日はなんとインド人と日本人のカップルに会ってきた。こちらのインド人はアーユルヴェーダのサロンをしているのだ。ご主人はなんちゃってアーユルヴェーダではなく、本場インドでケララマッサージヤアーユルヴェーダを習得していて、(修了証みたいなのがかざってあった)以前はデリーでサロンをしていたこともあるそうだし、東京から移住してきたばかり、震災後一時避難をしていたなど共通点も多くマッサージを受けに行って、話が盛り上がってしまった。
で、肝心のマッサージだが、すごくいい。リラックスしすぎてキケンなくらいだ。
しかも価格はものすごく良心的。台湾ですご腕マッサージ師ブルース(最近じゃ有名になってテレビに出てた)のところに通っていた頃を思い出した。

その他、会ったことはないが、ステファノのイタリア料理講座に参加してくれた中にはチベット人と結婚しているという人までいた。

田舎とあなどっていたけど、おそるべし。チベット人なんて滅多にお目にかかれなくない?

国際結婚でなくても各地から移住してきた人には面白い人たちが多い。主人の職場であるキッチンガーデン田切の近くにはなんとイタリア人の僧侶?のような人が住んでいて、いつも全身オレンジの服を着ている。なんでもヨガの先生であり、NPOで奉仕活動をしているそうなのだが、初めて話を聞いた時にはかなりあやしいと思った。
その家の前を通るとオレンジのサリーを身にまとった女性が掃除をしていたりして、本当に不思議な空間だ。(普通の農村の古民家にオレンジのインド服の人たちだもんね)

その他山奥にひっそり一人で住んでいる元フランス外国人部隊のヨーロッパ人(国籍不明)の存在もウワサに聞いている。何かの任務だろうか??

新しい土地で新しい人との出会いは何にせよ楽しいものだ。
私たちもがんばらないと、と刺激をうける。
[PR]
by mimicarpi | 2012-05-11 11:22 | 日本移住

日本生活1年を振り返って

日本に来たのは去年の春だった。

1月からの移住計画が、震災の影響で一度イタリアへ避難したり、そのため、就職を決めていた農家さんとのお話を一度白紙に戻したり、ただでさえ、少ない移住資金をイタリアとの往復でさらに使ってしまい、もう移住なんてあきらめたほうがいいのかも、とも何度も思った。

私はとりあえず1年フルタイムで働いてみたが、ホテルの仕事は同僚も良い人たちで、何とかやってこれた。(こちらももちろん大変なことは沢山あったけど)
小さなリゾートホテルではあるけれど、たまにはイタリア人や中国人が来て、語学を活かせるチャンスもあるし、フルタイム勤務は大変だけど、今では家事はほとんどステファノがしているので、(というか、お互い休みの日はその人が家事担当。それ以外は一緒にする感じ)なんとかなっている。

ステファノは大きな農業法人でバイトを週3回からはじめたが、夏以降はほとんど平日毎日働かせてもらえるようになり、収入も安定してきた。
去年は一年目で、その会社の人手が必要なところでの仕事、(お米やお蕎麦、ネギ、ペペロンチーノの収穫、農具の修理、薪割り、肥料作りなど?)もうなんでもやっていた。
彼なりに学ぶところは多かったらしいし、社長さんもステファノにとてもよくしてくれていて、夢へ向かって大きく前進しているようだ。
今年は直売所の近くにあるハウス内にイタリアのトマト作り、露地のペペロンチーノの増産、イタリア野菜とハーブ畑をまかせてもらえるらしく、将来は自分でイタリア野菜をつくりたいステファノにはピッタリの仕事だと思う。

ちなみにこの農業法人さんの企画で、ステファノはイタリアの家庭料理講座を2回ほどした。
今月、もう一度やるようで、これも収入的にも彼のモチベーション的にも結構良いものなので、本当にありがたいと思う。
ステファノの夢である農家+ホテル経営の夢については、農業については順調にすすんでいると思う。
農家だけでは食べていけそうにないから、しようと言っていたホテル計画については、遠い道のりだ。今はとにかく家探し中。

月4万円で家、蔵、竹林、棚田つきの家があって、ステファノはそこが一番気に入っているようだが、私は職場まで車で30分近くかかることと、家の前の道が小型自動車しか通れない幅で、(うちのオンボロファンカーゴでギリギリな感じ)雪とかが降ったら通勤できなさそうなのが怖くてあまり乗り気ではない。しかも地すべり警戒区域だし。(田舎の傾斜地はみんなそうみたいだけど)
たとえそういう家を借りても、お風呂とかトイレは手を入れないと人を泊めるのは難しそうだと思うし、まあ、色々考えるところはある。

まあ、ステファノが気に入る家がみつかったら

1 農家民宿(イタリア野菜が買える田舎のベッド&ブレックファースト)
2 1日一組限定の完全予約制農家レストラン(僻地なので希望すれば格安で泊まれる)
3 農家のカフェ

のどれかができたら、という感じで話している。
あくまで副業的にするので営業時間が長いカフェは厳しいね、というのが私たちの考え。
私も当分今の仕事を続けたいしね。
d0140003_7361024.jpg

ルイジはすっかり日本人!節分で鬼のお面つくりました。後ろで鬼を演じるステファノ。お面よりコワイ、、、
[PR]
by mimicarpi | 2012-03-11 07:40 | 日本移住

在留資格の更新

ステファノの日本在留資格、イタリアで言えばペルメッソのようなものだけど、去年の1月から期限が1年だったために、更新に行ってきた。
入国管理局での更新手続きにはなるのだけど、駒ヶ根の近くの入管は、県庁のある長野。130キロ以上あって遠い。高速使っても2時間くらいの道のりだった。
山梨の甲府、もしくは名古屋のほうが短時間で着けるのでは?とも思ったが、手続きは県の入管または品川の東京入管でしかできないと言われ断念。おとなしく長野入管へ行くことに。

手続きは期限の3ヶ月前からできるとのことで、12月10日前に家族全員の記載のある住民票、私の戸籍謄本、日本入国から1年経っていないため公的な税金の書類が用意できずその代用で私と主人の給与明細コピー、家族全員の保険証コピー、主人のパスポートと外国人登録証を持って入管へ。
待ち時間ゼロで手続きし、帰宅。
その後3日ほどで延長許可の葉書が来て再び入管に出向くと、また待ち時間なしですぐ3年分の在留許可が下りた。

もう、イタリアでのクエストゥーラでの面倒を考えると、本当にスムーズだし、東京入管の混雑と比べても、誰もいなくていつも待ち時間のない、長野入管。素晴らしすぎる。
しかもこの更新時に「結婚してずいぶんたってるし、ご主人、日本入国から1年以上たったらすぐ永住資格に更新できますよ」と親切に永住資格申請用の書類までくれる。
あのスムーズな手続きならまた永住資格をもらいにくるのも苦じゃないよなあ。

やっぱり色々な公共のシステムは絶対日本のほうがいい。
イタリアは気候もいいし、食事も美味しいし、個人的には良い人が多いと思うけど、なんで公共システムがあんな感じなのかなあ。

そんなイタリアへ、色々な保険や税金の支払いがある主人はちょっと帰国することに。
今回悩んだのは、イタリアのC1(オートマ車)を売るかどうか。
小さくて、小回りも利いて燃費も良くて、2万キロも走ってなくて、本当に気に入っている車だけど、使わないまま何年も過ぎるのは勿体ないということで売ろうかな、と。
でも近所の主人が使っている中古車屋さんによるとイタリアも経済が本当に悪く、車も売れないとのことだし。

私は休みが7日しかなく、中5日しかいられないのに航空券に10万円以上かけたくないので、ルイジと日本でお留守番(東京へは帰るけど)
航空券も色々見たけれど、希望の日程で一番安かったのがアリタリアの東京ミラノ往復11万円ちょっと。ANAが12万5千円。
マイルも貯めてるし、その差なら返金騒動のこと考えてもANAでしょう、今回もANAを利用することに。
しかし日本発の燃油サーチャージってなんであんなに高いの?みんな税金が6万以上で8万とかしてるのに本当にびっくりした。
そして、1ユーロ100円を切る円高の今、色々お買い物も頼みたいけど、主人も8日しか帰らないから頼みにくいし。ちょっとがっかり。今度帰れる時までユーロ積み立てでもするかなあ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2012-01-02 09:06 | 日本移住

理想の住環境

駒ヶ根へ引っ越してきて5ヶ月。やっと月々の収入でマイナスなく生活できるようになってきた。
引っ越してすぐには家具がないとかタオルが足りないとか毎月なんだかんだ出費がかさみ、貯金から持ち出し状態が続き、それはイライラしたけれど、やっと落ち着いて生活できる。
で、そんなタイミングで、入った「一戸建ての賃貸住宅がありますよ」という知らせ。

今住んでいるのは3階建てマンションの一階。6畳2部屋と10畳のキッチンという間取りなのだが、狭いのはともかく庭がないのが、本当に残念。
窓からは中央アルプスの千畳敷とのどかな飯田線が見えるし、(ルイジ毎日電車を見て大興奮)畑の中にポツンとあるマンションだから環境はいいんだけど、専用の庭がないと花火やプールで遊べないのがとっても残念だった。
今のマンションからは保育園へ徒歩15分、JR駅まで徒歩5分、大型スーパー15分、新宿行き高速バスの駅まで10分と車が1台しかない私たちにはなかなか都合の良い場所。
しかももしルイジが小学校へ上がったら小学校までは徒歩5分だ。(学校は我が家の窓からよーくみえる)
家庭菜園用の畑もタダで借りて、払ってる家賃6万円弱。もともと5万円以下の予算で家探しをしていたけれど、何せ2日で決めた物件なので、それにしては良い物件を探したと思う。

で、一戸建ての賃貸物件はというと、それは築年数不詳の古い家(古民家?)駐車スペース、畑スペースありで室内の面積150㎡以上で家賃3万とか4万円とかそういう世界。
山林、竹林貸し出しも要相談とか書いてあるけど、山林って借りてどうするのかね?マツタケとるのかね??と都会育ちの私には疑問がいっぱい。
ステファノはもともとそういう周りになにもない一戸建てに住みたい人なので、乗り気だけど、また保証金払って引っ越すのはお金もかかるし、何より、そんな家、冬の暖房代はいくらかかるのだろうか?ムダに広いしねえ。
とりあえず今はステファノをなだめてこの冬は暖かいマンションにいたいと思うけど、どうなることやら。

しばらく住んでみて思う駒ヶ根の住環境は素晴らしいと思う。とにかく景色も空気も東京とは比べられないくらいいいし、家賃も安い。給料も安いけれど、家賃も安いことを考えたら給料が東京並みじゃないのは我慢できる。これで家賃払わなくてすめば、本当にいい生活ができると思う。

我が家はマンションの大家さんが隣に住んでいるので、ステファノはよく頼まれて庭の草刈などを手
伝っている。大家さんはお金を払うと言うけれど、1,2時間のお手伝いなので、別にお金をもらうほどではないと断っていると、毎回、精米したてのお米や果物を豊富にもらえるようになった。
大家さんは農家ではないけれど、野菜の畑のほかにお米とお蕎麦を作っているようで、今年はおじいちゃんの調子が悪いから、色々な人に手伝ってもらって畑をやっていると言っていた。
お米もお蕎麦も自家製ってこのあたりではめずらしくないんだろうけれど、やっぱりすごいな、と思う。

逆にここに暮らしてみて残念に思うことは、本屋さんが少ないことと、朝やっているカフェが少ないこと、それからとにかく洋服を買う店がないことだ。
荻窪には普通の本屋だけでなく沢山古本屋があった。あの古本屋の匂いがたまらなく懐かしい。
ブックオフとか大型店と違って各古本屋で置いてある本の系統があって、ここは宗教書が多いとか、ここは稀少本が多いとか。それでも欲しい本が見つからないとふらっと神保町へ行くとか、、本好きには天国だよなあ。東京。
本にかぎらずショッピングも東京は楽しかった。ゆっくり起きてカフェでのんびりして、自転車で吉祥寺にショッピングに行くとか、イタリアでもチェントロへ自転車で行ってショッピングしてバールでカプチーノっていう楽しみがあったけど、ここでは午前中やっているカフェが極端に少ない。
11時半から営業とかで、それじゃ、ランチだよね?服もここにあるのは外国サイズの私には非常に厳しいものばかり。別に高級ブランドが欲しいっていうんじゃなくて、GAPとかZARAとかでもいいから外国サイズのものがあったらいいのに。先日八ヶ岳のアウトレットへ行ってみたけど、やっぱりアウトドアっぽいものが多く、あまり好みではなかったし。買い物は東京かイタリアでするしかないのかなあ。

まあどの場所にはいいところもあれば、不便なところもあるってことだよなあ。

ステファノは今お米の収穫の真っ最中で、毎日フルタイムで働いていて、帰ってくるとヘトヘト。私も夏の忙しさは一段落したとはいえ、まだまだ月30時間くらいは残業しているので、夜はぐったり疲れている。
保育園大好きなルイジはだけがバッチリ昼寝もして妙に元気で、夜になっても「釣りに行く、魚食べるー」とか叫んでいる。
ちょっと勘弁してほしい。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-09-16 11:01 | 日本移住

天上のお花畑 千畳敷

私の仕事はホテルのフロントなのだが、聞いてはいたけれど、夏場は本当に千畳敷散策、駒ケ岳登山目当ての宿泊客が多く、満室続きで忙しい。
私の働いているホテルは標高800メートルくらいのところにあり、そこからバスで40分弱でロープウェー駅まで到着、そこから8分で標高2600メートルの千畳敷カールへ行ける、というのは毎日何回も説明するので、知っていたけれど、実際に登山や高山植物見学には行っていなかったので、会社の研修で同僚たちと、行ってきました。高山植物見ごろの千畳敷。
d0140003_111129.jpg

お花は本当に見ごろでした。
d0140003_1122280.jpg

d0140003_1125599.jpg

これはエーデルワイスの一種らしく、この花を見つけるたびにエーデルワイスを熱唱しながら山道を歩き続け、
d0140003_115743.jpg

宝剣岳山頂に到着。
d0140003_1184346.jpg

足元はこんなです。(足は同僚の足ですが)
d0140003_11102416.jpg

ちょっと楽しい研修でした。ルイジがもう少し大きくなったら家族で登山も楽しいかも。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-07-29 11:15 | 日本移住

ステファノの仕事

先日、めでたくステファノも初月給をもらいました。
日本語ほぼゼロのステファノがしているのはホテル出入り農家でのバイト。
地元の大手農家さんの直売所用のハーブや野菜の畑の手伝いをメインに、お米や唐辛子作りの作業にも従事しているとのこと。
その環境はというと、、こんなところです。
農道沿い飯島町の景色
d0140003_7381831.jpg

出社したてのステファノ
d0140003_7384730.jpg

ちなみにその直売所はこちら。
キッチンガーデン田切
http://www.tagiri-nousan.jp/
ここで売ってる信州サーモン、本当に美味しい!

牛もいるのどかな環境で、バイトを始めてすぐに田植えの洗礼を受けたステファノ。
たまに腰が痛いとこぼしながらもがんばって働いています。
やっぱりイタリア人は腰とか弱いし、足が細長いから将来独立して農業するなら果樹とかにしたほうがいいのでは?などとおせっかいにも考えてしまう私ですが、なるべく口は出さず、見守っていこうかと、、
ちなみにステファノが週3回バイトして、私の税引き後の収入と合わせると、大体30万円くらいの手取りが毎月あることになります。

私が残業したり、ステファノが3日以上働くと単純にここにプラスされていくことになるけれど、基本手取り30万あれば(この年齢の夫婦にしては少なすぎるけれど)ルイジが公立の学校へ行っているうちは物価の安いここでの暮らしにはなんとか足りそうです。
日本では超低収入な家庭だけれど、イタリアで月30万稼ぐのは結構大変。
ステファノは技術職でイタリアでは結構高収入のほうだったけど、年の差夫婦の私たちの場合、ステファノの定年後、私が一人前に稼げるか疑問だし、、日本でならステファノまで扶養にしてもらって手取り20万以上の仕事は結構簡単にあることがわかったので、将来を考えると本当にどちらで暮らしたほうがトクか悩んじゃう、、

原発事故でいきなり多難なスタートを切った私たちの日本移住。
アリタリアはまだキャンセルしたチケット代払ってくれないし、(イタリア一時避難や山梨移住中止などで)50万円くらい想定外の出費があってすごくイライラして、心の安定のために近所の神社に通いつめたりしたけれど、なんとか落ち着いて暮らせそうです。(実は私は神社マニア)
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-06-14 08:02 | 日本移住

駒ヶ根の休日

休みのたびに、市役所への手続きやら、足りないものの買出しやらで全く落ち着かなかったのだけど、先日ついに休日を1日のんびり過ごすことができました。
午前中は借りた畑に夏野菜の準備をしつつ、
d0140003_7372414.jpg

ルイジは家の周りを散歩。
d0140003_7382866.jpg

昼食後、まず行ったのは職場から車で5分ほどのところにある釣堀。
d0140003_7273445.jpg

ルイジ、ついに釣りデビュー。
最近魚や鯉のぼりに妙に興奮するからね、、
d0140003_7285697.jpg

釣った魚はその場で塩焼きにしてくれました。もちろん炭焼きで、注文すれば鹿肉や猪肉も炭焼きにできるんだとか、、
d0140003_7302067.jpg

子どもイスもあって、ルイジもくつろぎました。
そこからすぐの地元のお菓子工場の直売上でアウトレット商品のドーナツを購入し、(工場見学もできて楽しそうなところです)ルイジが疲れて眠ったのを見計らって中沢地区といところの花桃の里へちょっとドライブ。(15分くらいですが)
d0140003_733232.jpg

ここ、実はレストランのおじいちゃんが一人でこつこつと桃の木を植えて作った名所だそうだけど、本当に桃の花がキレイでした。

近場に自然がある生活はやっぱりいいかも?
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-05-07 07:41 | 日本移住

引越しました!

イタリアから戻って1週間で新居を決め、布団だけ車に積んで引越しし、10日目には私がフルタイムの正社員で働き出し、2週目までには住民票の移動や保育園の手続きを開始し、、
怒涛のスケジュールをこなしながら何度もイタリアののんびりした生活を懐かしみ涙したけれど、、
やっと新居にもネットやテレビが揃い(ソファがまだないけれど)少し人間らしい生活が送れるようになりました。
ルイジはあさってから慣らし保育開始の予定で、連休明けにはステファノも晴れて農家にバイトに行けることになったし、今回引っ越したマンションの大家さんから畑もお借りできたので、ステファノは好きな野菜がとりあえず作れるので、まあまあ理想に近い暮らしをしていけそうです。

新居にネットがなかったので、長い間ブログを放置してしまい、ご心配いただいた皆様、スミマセンでした。またちょくちょく更新していくので、よろしくお願いいたします。

ちなみに新居は長野県駒ヶ根市。東京よりも名古屋に近い場所です。
水も空気も野菜も果物も美味しいし、スーパーでも地元の豚肉、鶏肉、卵が簡単に買えて、それもすごく美味しい。
やっぱり食べ物は鮮度が大切(というか産地に近いのが一番)ですね!

新居からも(というか町中からだけど)山が見えます。中央アルプスと南アルプスだそうです。
d0140003_7384899.jpg

遊具のスケールも東京とは違って大きいです。コワイくらい、、でもルイジは大喜び!
d0140003_740054.jpg

近所の公園は桜満開なのに、誰もお花見してません、、贅沢、、
d0140003_7405945.jpg

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-04-25 07:46 | 日本移住

イタリア帰国?それとも計画続行?

地震がおきたその時、ルイジが昼寝中、私はネットをして、ステファノはトイレにこもってのんびりしていたのだが、突然、私の人生で経験した中で一番の揺れが始まった。
驚いたステファノはトイレから飛び出してきて、私もあわてて一応ルイジを抱きかかえたのだが、それでも眠り続けるルイジ、、すごい、、どんだけ深い眠りなのだろう、、?
揺れは長く、私の感覚では2分くらい続き、その間、歩くのも困難なくらいだったのだが、我が家は2階建ての戸建住宅だったので、食器などの被害もゼロ。同じ揺れでも高層マンションなんかは揺れも大きく、長くなるから大変だっただろう。
で、その後の津波による東北地方の惨状は本当に目を覆いたくなるようで、東京にいる私たちは節電をしたり、買占めしないようにしたり、募金をするくらいしかできないのだが、自分にできることを落ち着いてしようと思っている。

そして、その後始まった福島原発の問題、、日本国内ではとにかく政府の指示に従って落ち着いて行動するように、との報道が多いのだが、ヨーロッパでの報道は違うらしい。
地震発生からずっとイタリア大使館からかなりの量のメールが来ていて、日本語のわからないステファノはそれを一番信用しているのだが、地震、津波については「東京に危険はない」というメールが続いていたのだが、原発事故からその論調は一変。
国内退避を勧めるメールも届くし、何よりイタリア語の報道は日本の報道よりずっと強く危険を知らせている。
同じような事故が外国で起きたら、きっとその国の日本大使館も避難勧告を出すだろうし、納得はいくんだけど、東京人の私としては東京からも避難しなきゃいけないレベルだとはどうしても信じられない。
ヨーロッパ人はまだチェルノブイリの記憶が鮮明なので、とにかく過敏に反応する。(在日フランス人はパニックになったらしい)ステファノもチェルノブイリ事故の後は葉物の野菜は食べずにじゃがいもやにんじんばかり食べたそうだし、フレッシュチーズも販売禁止になったとか。(でもパルミジャーノを食べてしのげたらしいけど)
しかも今日本にいるイタリア人の知人、友人も軒並み一時帰国を考えていると聞き、ステファノも一時帰国を考えて航空券をチェックし始めた。

実はわたしたち、2月末に引っ越して3月から働く予定だったのだが、保育園の関係で予定を変更、4月から働くことにして、準備の真っ最中だった。
でも、イタリアへ帰らずとも、4月から働く予定の場所へ早く引っ越せば、福島原発からの直線距離は400キロ以上になり250キロの東京よりかなり安心だと思うんだけど、どうなんだろう?ステファノ曰く、チェルノブイリの後は2000キロ離れた場所までも有害物質が飛来したとか。でも健康に被害があるほど来たのか疑問だけど、、、、

そんな訳で地震による原発事故は思いもよらず、私たちの日本移住計画をもゆるがす事態に発展している。もちろん、津波や地震で家や家族を失った方たちに比べれば全く問題でもなんでもないけれど、コツコツ準備してきた日本移住。働き出す前にイタリア帰国じゃ少し残念だし、何より困難に直面している日本のみんなを残して自分だけ逃げることに罪悪感もある。
母や親戚も心配だし。
(もちろん東京は安全だとまだ信じているけれど)
こんなとき、国際結婚ってちょっと複雑だと思う。災害からの避難ですらこれだけ心が痛むなら、戦争が始まった国同士の夫婦とかは本当に苦しいだろうと思う。

東京からでさえ逃げようとしている夫を見ると、(もちろん家族の安全を考えてくれているのだけれど)福島原発で懸命に作業してくださっている作業員や自衛隊の皆様には本当に感謝するし、早く事態が収拾することを心から願う。
また、被災された方々が一人でも多く救われ、早く安全に生活できるようになりますように。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2011-03-16 07:40 | 日本移住


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧