モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:仕事( 8 )

日本語教師という職業

私のイタリアでのメインの仕事は語学教師だ。
初級者には中国語も教えているが、本当に教えたいのは日本語。元々学生時代も国語だけは得意だったし、日本史や日本文化にもとても興味があるから、外国人に日本のことを教える「日本語教師」には昔から興味があり、日本のホテルで働いていた時、学校に通って教師の資格を取った。

日本語教師とは日本語を教える教師だが、日本の日本語学校で教えるのと今私がしているようなプライベートレッスンでは時給にも、内容にもかなりの差がある。
日本の日本語学校でグループレッスンをする場合、多国籍の学生を相手にするので初級者相手でも日本語で日本語を教えることになる。外国語が堪能だからといって英語など一つの言語で説明すると、その言葉がわからない学生からも不満が出るし、もうジェスチャーや絵を総動員して日本語を教える、かなり専門的な仕事だ。
したがって文字や単語を覚えるためのカ-ドや絵教材などを準備したり、クラスの中にも多少レベルが違う学生がいたりするのでフォロー教材を準備したり、とにかく準備に時間がかかる。その割に時給が安い。
学生も真面目な学生ばかりでなく、出稼ぎ目的で入国したからなかなか学校に来なかったり、授業中眠ったりする学生もいるし、本当に大変な仕事だ。

日本語教師の資格は取ったし、その仕事に興味もあったけれど、その実情を見て、ホテルの仕事を捨ててすぐ教師を目指す気にはなれなかった。そこで友人の紹介で日本在住の台湾や香港の金持ちビジネスマンへの日本語出張レッスンを始めた。都内のホテルに住んでいるようなお金持ち相手なので、時給は4000円か5000円くらいに設定したが、仕事が終わった夜や仕事が始まる前の朝にレッスンできるし、中国語で教えるし、彼らの興味のある日本人の習慣や考え方、ビジネスマナーなども教えられるとのことで、なかなか好評だった。

現在カルピで日本語を教えている学生は2人。どちらも恐ろしく優秀だ。Gさんは私と同世代の女性でフランス語とドイツ語と英語が話せる。日本の文化に興味があり、この夏日本へ個人旅行で3週間滞在した。日本がとても気に入って、また来年も旅行したいと言っている。
Aさんはパルマの大学に通う学生で、英語とスペイン語を専攻している。日本のアニメや映画、歌謡曲に興味があり、日本語は全くゼロと聞いていたのに、レッスン初日にすでにひらがなカタカナを全て覚えて来た。
二人とも教えたことはしっかり覚えてくるし、教えていても楽しい。そして時給は以前日本で働いていた日本語学校の時給の倍近い、、こんなだったら日本語教師の仕事も悪くない。

優秀な二人の生徒を見ながら、よく日本語学校にいたいつまでたっても日本語が上達しないダメな学生やビザ申請時の書類では日本語学習歴200時間以上なのにひらがなも読めなかった学生(つまり日本語学習の証明書は偽造かと、、?)のことを懐かしく思い出す。
マンガ家志望の台湾人とかゲーム製作がしたいクウェート人、コスプレで学校へ来るイタリア人、突然日本で結婚して学校に来なくなったスリランカ人、、本当に様々な学生がいて面白かった。

日本でするのと海外でするのは全く違うし、個人レッスンとグループレッスンも全く違うけれど、日本語教師ってかなり面白い仕事だと思う。
d0140003_150319.jpg

ちなみにこれ、私が教えている学校の幼児向け英語クラスにあるオモチャの一つ。
鼻が延び縮みするピノキオ。
ピノキオってイタリア人だったんだね-。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-11-10 01:52 | 仕事 | Comments(6)

仕事再開と思わぬ苦労

先週から本格的に語学レッスンを再開した。
10月は夏休みボケから抜け出したイタリア人の向学心全開になる季節なので、毎年リクエストが多めだが、今年はなんと週5回!のレッスンに挑戦中。
しかも週3回が日本語で週2回が中国語と日本語レッスンのほうが多いといううれしい内容。
ステファノが定時に帰ってくるのは週2回が限度なので、あとの3回は自宅で午前中にすることになった。

本当は午前中、ルイジを託児所へ預けて子育てから短時間でも開放されたかったのだが、目星をつけていた託児所、ステファノのすごく仲の悪いアルゼンチン人の同僚の奥さんがやっていることが判明して、ステファノ激怒。
実は一度イタリア人の友人の紹介でこの託児所を見学したのだが、すっかり喜んだこの奥さんがご主人に「こんど日本人の子供を預かる」と話したようで、会社でこのアルゼンチン人が「こんど家内は日本人の子供を預かるんだよ-。ジャコモっていうらしい」(しかも名前違ってるし!!)自慢してまわっていたらしく、ステファノ激怒。
「あそこへ預けるならリコンするぞ!!」って私に言って「ははは、これで日本人の子供預かれなくなった。」と大喜び。(っていうか子供なみの仕返し?)

そんな訳でなんと週3回は自宅でルイジを自由にハイハイさせつつのレッスン。幸い生徒はそれでも内容に満足してくれているようで自宅レッスンで全く問題ないと言ってくれているので、まあ託児所代払わなくていい分、収入にはなっているけれど、私は結構育児ストレスがひどい状態に、、
あーあ。託児所で短時間でも一人の時間を作ろうと思ったのにそうもできず結局家の掃除の頻度が増えただけだからそりゃ疲れるわなあ、、、
そんな訳でインフルエンザが怖くてなんとなく計画しないでいた一時帰国、真剣に考え出そうと思う。
母も来てくれず、託児所も使えずすっかり暴れん坊になったルイジとず-っと24時間一緒にいると思うとかなり憂鬱。しっかり食べてはいるけれど、私、寝不足で妊娠前よりマイナス3キロまで痩せていたし。
出産直前から15キロ痩せ。かなり軽い体重に自分でもびっくり。
もうすぐ小学校6年の時の体重に戻っちゃうわ、

帰国の時期はやっぱりイタリア人の向学心が吹っ飛んで消えうせてしまうクリスマスシ-ズンだろうなあ、、

まあ、痩せてしまったとか、すごい寝不足だとかはさておき、週5回レッスンすると収入は8万円程度になるので、財布は潤う。平日毎日働いてるようなものだけど、1回のレッスンはたった1時間半だと思うとやっぱり語学教師のバイトは割がいい。
翻訳や他のバイトも好調なので、がんばって貯金して冬のバ-ゲンでまた素敵な服でも買いたいな。
d0140003_15534160.jpg

たまにする外食が結構楽しみ、、なんだけど、それすらも夜は厳しい状態になってきた。
よその子は静かにベビ-カ-に座ってるのに、全く座っていられないルイジ、、
絶対父親似だと思う、、、
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-10-19 15:59 | 仕事 | Comments(6)

自宅でレッスン

いつも中国語や日本語を教えているカルピの学校から、かなり強引な仕事の依頼がきた。
ボロ-ニャ大学の学生の初級中国語テスト対策で、1ヶ月に20時間のプライベ-トレッスンを、ということだった。
すでに夜は週2回ほど学校で教えているのだが、それ以上ステファノに早く帰ることも強要できないので、断ろうとしたら、自宅で、私の都合の良い時間にレッスン、しかも子供が泣いたら中断してもよい、というので週3回午前中、自宅でレッスンすることにした。

生徒はとても素直でかわいらしいのだが、高いプライベートレッスン代を支払えるだけあってお金持ちらしく、ピカピカのBMWでシャネルの鞄をぶら下げてやってきた。
初級なので、今日は家族についての表現を中心にやったのだが、テキストにある、「家はどこですか?」「両親は何をしていますか?」「家にはいくつ部屋がありますか?」などの質問への答えを聞いて、ますます彼女のお金持ちっぷりを目の当たりにして、こんな長屋に呼んでよかったのかちょっと疑問に思った。
「部屋がいくつありますか?」
「わからないわ、、8部屋か、、10部屋くらいかな?」
ってどんな家に住んでるんだろうか、、

ちなみに「両親がどこで働いています」というフレ-ズ、、「病院で」とか「テレビ局で」とかいう言葉を入れるのだけれど、「服飾工場を持っています」というフレ-ズに変更させてしまった。
「工場で働いています」はウソじゃないけれど、あまりにもイメ-ジが違うので、、
やはりカルピのお金持ちは服飾ブランドオーナーなのね、、。

途中でルイジが大泣きしたりして10分ほど中断したり、抱っこしながら授業したのだが、イヤがりもせず、「ムリして時間を作ってくれてありがとう。」と感謝しつつ帰っていたので、とりあえずよかった。
明日も来ることになったけど、ちゃんと宿題やってきてくれるかな?

やっぱり子育て中でも少しでも仕事ができると気が晴れていい。
お財布も潤うしね、、。

しかしステファノが「年間2000ユ-ロ以上収入があったら年末に納税することになると思うよ。多分500ユ-ロくらいじゃない?」と言っていて恐ろしくなった。
今年は結構仕事が順調だからもうほとんど2000ユ-ロ近く収入があったような、、。
学校からの収入は税引き後の金額だと聞いているのだが、それでもさらに払うのかなあ?
次回のレッスン時に学校に聞いてみようっと。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-04-27 20:18 | 仕事 | Comments(4)

日本語を教えたい

中国語教師をはじめて2ヶ月が過ぎ、大分仕事にも慣れて余裕が出てきた。
膝の手術後、自宅療養中のステファノ、、収入は少しダウンしているし、私の車を購入しなきゃいけないし、生まれる子供のことも考えないといけないし、我が家の経済状態を考えると少しでも稼いで生活の足しにしたい。

そこで、先日から悩んでいた中国語グル-プレッスン、週2回、5ヶ月コ-スの仕事を引き受けることにした。
このレッスンでは6人のグル-プに教えることになるらしいのだが、この仕事を引き受けると、日本への帰国も8月の夏休みか出産予定日1ヶ月前くらいにしかできなくなるので、どうしようかな、と結構悩んでいたのだ。英語のレッスンと違って、私が休んだら代講できる教師もいない、、。責任重大だ。

最近イタリア人に「仕事は?」と聞かれると、「パ-トタイムで日本語と中国語教師」と答えていたけれど、週4回中国語教師となると、「日本語教師」を職業と答えていいのか疑問に思う、、。
日本語教師養成講座に通ったのに、なぜ中国語レッスンしかできないのだろう?
ちょっと悲しい気持ちになっていたら、日本語レッスンの話も持ち上がった。
もし時間帯がうまく調整できれば、是非日本語を教えたい。私は日本人なんだし。

教師の仕事は時給はいいが、レッスンの時間は短いし、あまり沢山稼ぐことはできない。
それでもがんばって少しでも稼いで、せめて買ってもらう車のガソリン代くらいは自分で出せたらいいなあ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-19 19:35 | 仕事 | Comments(14)

仕事について

イタリアに来て9ヶ月。
生活にも慣れ、モデナの学校にも通わなくなり、暇を持て余し始めた。
ステファノの膝の手術が今月末に決まった今、切実に車の運転の必要性を感じるが、免許が届かないので、まだ車を購入できずにいる。
今までは「車がない」のを理由に就職活動を本気でしなかったが、私専用にオ-トマ車を買ってくれるというステファノの手前、車が来たら就職活動をしなければならないだろう。
d0140003_16285490.jpg

(ちなみにこの車を買うことに大体決定した。イタリアでもっとも安いオ-トマ車。フィアットの車は割引きがないけれど、シトロエンは結構引いてくれるので、、。)

実際モデナ郊外のセラミック工場にも「車買ったら働いてほしいから電話ちょうだい」と言われたままだし、働き口が見つかるかもしれない。

しかし、本当にフルタイムの仕事を見つけるべきなのか、、ちょっと悩む。
(いや、見つからないかもしれないのに悩んでもしょうがないけれど)

ステファノのご両親は亡くなっているので、子守を頼める親戚はいない。もし子供ができたら、私が家にいないといけない状況になるのは100%間違いない。
そう考えると、パ-トでの仕事を探したほうがいい気がする。レストランのランチタイムのみの仕事とか、今している語学教師のバイトとか。
語学教師のバイトはなかなか楽しい。夜働かなければならないが、家から車で10分の場所だし、7時から8時までなので、夕飯は8時半から食べればいいし。(イタリア夏時間では8時半は標準的な夕飯の時間だと思う)

中国語を教え始めて1ヶ月が過ぎた。
私の生徒は38歳の女性で、よく中国に出張するエンジニア。
中国人の友達も多く、話す機会も多いので、実用的な会話を中心に教えている。
大学生などにクラスで教えるのとは違って生徒は実践的な会話力を短期間で身につけるために、高い学費を払って来ているのだから、しっかり成果を出してあげたい、と思っている。

イタリア人に中国語を教えるのは初めてだが、やはり発音と文字が難しいようだが、文法の簡単さには感動していた。
私も中国語、英語、イタリア語を勉強したが、文法の複雑さはイタリア語が一番だ。
中国語の動詞は変化がほとんどないので、(稀にある語尾変化は別として)本当に単純だ。
文法説明の時間は本当に短時間ですむため、大部分の時間を文字と発音矯正にあて、さらに漢字カ-ドや写真や絵教材を使って楽しい会話練習をさせているので、生徒もとても喜んでくれているようで、学校からまた、「20時間と40時間のグル-プレッスンについて考えてみてくれ」と言われている。

とりあえず授業計画表を作って持っていくことになったが、日本語の授業計画表も作ってみて、学校へ持ち込んでみようかな。(本当は日本語のほうが教えたいから)
もしくは「20時間で学ぶ日本語、中国語」を計画して発音、文字説明、挨拶まで両方の言語の入門編をレッスンして、その後好きな言語を選ばせるきっかけにするのも面白いと思うから、企画を持ち込んでみようかとも思う。

フルタイムの仕事を探したくないから、逃げ道としている気もするけれど、語学教師は子供を産んでも一番続けやすそうだから、可能性を模索してみたい。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-04-09 16:06 | 仕事 | Comments(5)

新しい生活(教師の仕事)

日本から帰って来て10日。
時差ボケもすっかり良くなり、イタリアの生活ペ-スを取り戻しつつある。

先週から週2回、中国語のレッスンを始め、ネイティブではないけれど、教えることについては素人ではないと思っているので、CD教材を使って徹底的に4声を叩き込み、手作りカ-ド教材で漢字を「視覚」で覚えてもらうように楽しい授業を心がけている。
(以前ビジネスマンに日本語を教えていた経験があるし、一応日本語教授法も受講したので、一応全くの素人ではないのだ。)
学生はビジネスで中国に滞在する機会がある女性なので、聞く、話す能力向上を中心に、よく見かける看板などに使う文字は書けなくても多少は「見てわかる」ようにしてあげたいと思っている。

日本語の授業も始めたいのだけれど、まだ学校のほうで学生と時間数などを調整中のようだ。正直、中国語のほうが需要も多く、学校は「中国語のグル-プレッスン」をしたいらしく、何時間でコ-スを組むかなど色々相談されているけれど、イタリア人の理解度や進度の標準がわからないので、まず今の学生の授業で様子を見てから企画するよう少し時間をもらった。
しかしここ、イタリアでも中国ブ-ムはすさまじい。
10年前なら中国語を学びたいビジネスマンなんて皆無だっただろう。
日本でも私が中国語を始めた15年前は、大学の中文科には毛沢東ファンか三国志ファン(ゲ-ム、アニメやマンガの中国古典作品ファン含む)しかいなかったので、サ-クルなどにも誘ってもらえない「オタク集団」扱いだったが、今ではキレイなOLも英語の次に中国語を勉強したりしているようだ。
イタリアでも工場や貿易、運輸などの会社で中国語人材求人を見かけるようになった。
グル-プレッスンをはじめたら、需要はきっとあるだろう。
実際イタリア人学生に教えてみて、私のイタリア語力でも十分文法説明などは理解してもらえることがわかったので、ある程度慣れたら話をもらっているグループレッスンにも挑戦してみたい。

ちなみにイタリアで語学教師のバイトを考えている方の参考になれば、ということで、一応待遇なども書いておくと、私の登録している学校は外国人講師とパ-トタイム契約をしてくれて、税金は学校で納めてもらい、税引き後の手取額が1時間18ユ-ロから。
ヨ-ロッパ言語は15ユ-ロかららしい。
もっと高い時給を要求すれば、学生の払う学費が跳ね上がるので、コマ数を稼ぐのが難しくなる仕組みらしい。
現在、1レッスン90分で授業したいるのだが、個人でするよりいいなと思う点は、キャンセルは24時間前というル-ルがあり、直前キャンセルなどはしっかり支払われることと、学校が40時間、100時間とまとめて申し込み(支払い)を受けてくれているので、学生が気分次第で急に来なくなったりすることが少ないことだ。(ラテン民族相手にこれはありがたい)

個人で教えれば時給はもっと稼げるのだが、直前キャンセルや行方不明者(連絡なしキャンセル後音信普通など)が出ることはまず間違いないし、お金の管理(取立て)や税金の支払いの問題もある。しかも家で教えるケ-スが多くなりそうだが、他人を家にいれるのはちょっと怖い、、。(イタリアではカフェレッスンはないらしく、みんなイヤがるらしい)

それに学校に行くと他の教師(大部分が英語教師)と接する機会もあるので、友達もできるかも。

そんな訳で、今は週2回のバイトと週1回の乗馬教室、さらに週2回市主催のイタリア語学校へ通う生活をしている。
こんなに自由でいいのだろうか?ありがとう。ステファノ。
もっと沢山教えて、いつか家にお金を入れられるよう、がんばります。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-03-04 19:59 | 仕事 | Comments(7)

初めての仕事 いろいろ

日本に来てから、仕事で毎日忙しく飛び回っている。
ロマニカの代理でイタリア語学校やエージェントを訪問して、学校の紹介をする仕事は、私が今までしてきた仕事「ホテルの法人セールス」と基本的にはあまり変わらないので、楽しく働いていた。
ところが先日、試練が訪れた。留学担当者がイタリア人で日本語ができない、というのだ。

台湾では中国語と日本語でセールスをしてきた。初めての会社訪問は上司(副部長)と一緒に出かけて、日本企業の秘書をしている台湾の女性にホテルの説明をして、、、。
少し緊張はしたけれど、中国語学科出身で中国留学も1年経験していたので、まあそれなりに流暢に話せたと思う。
しかし今回は結婚して半年、イタリア語学習歴もトータル半年程度の私がいきなり一人でイタリア人訪問、、、。ちょっとドキドキしたけれど、がんばって行ってみた。
まあ、会ってしまえば図太い神経の私、話したいことはすべて話し、決めたいことはすべて決められた。ほっ、、初めてのイタリア語でセールス、大成功!

仕事が来るときは色々続いてくるもので、今日は「至急」扱いで日本語の翻訳チェックとタイピングの仕事が入り、初翻訳チェックも終了。そのうえ、前々から話があった「中国語教師」のオファーがあり、悩んだ末、受けてみようかと思っている。
生徒は若い女性で仕事のために中国語を勉強したいらしいが、学習経験はゼロ。
中級以上に教えるのは無理だけど、初心者になら教えられるかも、、。
私は発音が完璧ではないので、発音練習のためのCDや教材をみつくろって帰るつもりだ。

現在、イタリアではやはり中国生産のものが増えており、沢山の工場が原材料などを中国から買い付けていたり、生産の一部を中国でして、イタリアで仕上げをしたりしている。
そのため貿易や工場の仕事では中国語の需要がかなり増えているらしい。
この為、教師、翻訳者登録している学校で「中国語教師、絶対できるわよ。イタリア人だってフランス語学科卒業したら初級者にはフランス語教えてるのよ。やりなさい」と今までも散々薦められてきた。

日本語教授法は勉強したけれど、中国語は、、と悩んでいたけれど、何事も経験だし、イタリアに中国人は多いけれど、彼らのうち正しい北京語を話すのはほんの一握り。
大都市や有名大学のある都市へ行けばそういう中国人もいるが、モデナ周辺の中国人は出稼ぎ移民が中心だ。
第二世代は読み書きが弱いし、第一世代で大学まで出た移民なんてほとんどいないので、みな方言で話しているのが実情だ。
イタリア在住の中国人の友人に「低学歴の出稼ぎ中国人に比べたらあなたの中国語は完璧に近い」と後押しされ、少し勇気が出てきた。

イタリアで中国語教師をする日本人、、、??めずらしいだろうな。

ランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-02-17 00:40 | 仕事 | Comments(4)

イタリアで働きたい!

前回の「イタリアで結婚したら」で仕事を持つことについて書いたら、私の仕事に興味を持ってくださった方がいるので、今回はリクエストにお答えして、私の仕事についてちょっと書こうと思う。

私はステファノと7月7日に結婚した。
結婚前に3ヶ月弱学校に通ったので、少しだけイタリア語がわかるようになり、ステファノとも英語でなく、イタリア語で会話し始めた頃だった。

その後、10月に知人から仕事の話をもらった。職種は秘書。メインで使う言語はイタリア語で、英語、中国語、日本語の対応もある、との話だった。
私の今までの仕事経験は日本マ-ケット担当のセ-ルスと中国語圏担当のマ-ケティング業務。秘書の経験はない、と言ったのだが、ボスは「マ-ケティングもお願いしたいし」と大乗り気。
10月は試用期間で、11月に私は一時帰国の予定があったので、12月に帰国したら、試用期間を続けつつ、契約準備をして、2008年1月からフルタイムで正式採用してくれるとの話だった。
ところが12月は業務も忙しく、契約手続きの話は全く出なかった。

そして、日々与えられたた業務をこなすうちに、会社が求めているのは98%の秘書業務と2%のマ-ケティング業務だということに気づき、悩んだ。
拘束時間もつらかった。
職場はモデナ。我が家はカルピの田舎。
電車とバスの接続が悪いと帰宅が20時になることもしばしば。ステファノは18時には帰宅して、私の帰りを待っていた。

養ってもらって、これはないよなあ。

12月の仕事納めの日に、ボスと話し合う機会があった。
「あなた、本当に秘書経験者?このままじゃ一人前になるまで6ヶ月はかかりそうだけど、3ヶ月でがんばれる?特にイタリア語と英語とPCスキル」
私、秘書経験がないって念を押したのに、、ひ、、ひどい。
でも、そのまま辞めたらただの働き損だと思って、私はこう切り出してみた。

「すみません、私、秘書の経験は全くないって履歴書にも書きましたよね。得意分野はマ-ケティングとセ-ルスです。秘書のポストに私はむいていないと思います。ごめんなさい。でも、もしよかったら、在宅でいいので、中国、日本向けのマ-ケティング業務を請け負わせてもらえませんか?」

この提案が受け入れられて、今、この会社から少しだけ仕事を請け負うことに成功した。

8時間拘束の仕事と主婦業の両立のつらさに参ってしまった私はできればフリ-で働きたいと思い、他にフリ-でできそうなもう一つの仕事「日本語教師」を実行することにした。
手始めに地元の大手英語学校に履歴書と日本語教師養成講座の修了書を持ち込んでみた。
実は日本語を台湾、香港のリッチな出張ビジネスマンに教えるバイトをしていたことがある私は、以前日本で日本語教師養成講座を受講していたのだ。

この学校からは現在日本語と中国語レッスンの依頼が来ていて、詳細を打ち合わせ中だ。

何事も試してみるものだなあ。

そんな訳で、私のイタリアでの初仕事、秘書は見事に失敗に終わったが、現在はフリ-で働き始めたところだ。
もちろん条件の良い仕事があれば、8時間フルタイムで働いてみたいと思うけれど、好きなお料理も満足にできない、掃除もできない、あの頃の生活を思い出すと少し怖い。

今は収入は少ないけれど、夢を持って、日々楽しく生活できることをステファノに感謝しつつ、自分の仕事のスタイルを探していきたいと思っている。

と、いう訳でモデナ近郊で、日本語、中国語関係の業務がありましたら、是非お仕事下さい。
[PR]
by mimicarpi | 2008-01-16 07:22 | 仕事 | Comments(6)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧