モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:イタリアン以外( 11 )

高菜バンザイ

最近、モデナに来られたご夫婦から日本土産に高菜明太なるものをもらった。
高菜は元々かなり好きだったので、とってもうれしかった。
ステファノは和食に興味ないし、全て私がランチに独り占め、、ふふふ。
で、早速、高菜ラ-メンと高菜チャ-ハンをランチに、、
d0140003_15352283.jpg

チャ-シュ-がわりに前日の豚肉のロ-ストを薄切りにして、、ネギを切らしていたのが残念、、
d0140003_1537332.jpg

チャ-ハンは卵と豚肉を加えて。

東京の実家で母がよく高菜と豚肉の炒め物を作ってくれた。
あれ、ラ-メンにのせてもおいしいし、中華粥にもよく合うし万能おかずだったよなあ、、
と懐かしく思い出しながら美味しくいただきました、、

Kさん、本当にありがとうございました。
ちなみに今日のランチはコシヒカリの高菜おにぎりと豚汁の予定です。

で、日本米を炊いたついでにルイジにもあげてみたら驚くほど食べた。
実は彼も日本米好き?
d0140003_154652.jpg

超ご機嫌時の笑顔。こういう日本の会社員、いる気がする。若い課長くらいの年齢で、、
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2009-10-22 15:48 | イタリアン以外

肉包(肉まん)

ここ数日、本格的に冬という感じで寒い。
今朝はまた雪が降っているし、、。うう、ス-パ-以外に出かけたくない感じだ。
昨日は晴れてはいたけれど、やっぱり結構寒かったので、餃子とほとんど同じ材料でできる肉まんを作った。
d0140003_16301746.jpg

皮の材料
小麦粉200g
ドライイースト(ピザ用ビール酵母1袋7gの半分を使用)
砂糖10g
塩 少々
サラダ油(オリーブオイルで代用)大さじ1


肉まん、、日本でも冬になるとよく作り、「これ寒い日に井の頭公園の入り口まで自転車で持っていって売ったら儲かるかもね」と考えたりした。
日本で作っていたときは隠し味に中国の甘味噌を入れてコクを出したが、中国食品をなるべく避けている今の私はイタリアのサルシッチャとポロネギ、日本のゴマ油、醤油、酒、生姜で味付け。あっさり味にしあげて酢醤油か醤油+からしで飲茶風に午後のおやつにした。
ステファノも少し食べて「悪くないよ」と言っていたが、餃子のほうが好きみたいだ。
ちなみにフィノッキオの葉っぱを畑からちぎってきて作った豚肉とフィノッキオの餃子は結構気に入ったみたいで、私が食べていると、「1つ頂戴」とか言ってくることもある。

しかし彼にとっての好物はやっぱりエミリア料理。
昨日の夕飯は大量に買ったほうれん草とがあったので、ホウレン草、リコッタ、それにプロシュ-トを小さな生パスタで巻き込んでパシャメルをかけてオ-ブンで焼いたロゼッタを作った。
こちらに対してのステファノのコメントは「美味しい!!明日のお弁当もこれにして」とのこと。
中華を食べた時と明らかに目の輝きが違うのだ。

将来日本に住む気のようだが、エミリア料理が食べられないと、この人発狂するんじゃないのかな?と少し心配になる。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-11-28 16:57 | イタリアン以外

超簡単イタリア風餃子

実は先週ステファノが「ラザニアが食べたいなあ」と言っていたので、久々にラザニアとタリアテッレを打ったのだが、小麦粉料理を始めたついでに餃子でも作るか、と思い立ち、冷蔵庫にあったサルシッチャ(イタリアのソ-セ-ジ)とポロネギで餃子を作ったらひどく美味しくて感激した。
イタリア在住の方が餃子が食べたくなった場合にはとっても簡単にできると思うので、作り方をご紹介。

材料

小麦粉200グラム
熱湯140cc

あん
サルシッチャ5本
ポロネギ1本
醤油
生姜

ごま油

d0140003_14916100.jpgd0140003_149432.jpg










私が一人でお昼に食べるために作ったので盛り付けも雑だけど、味は良かった、、。写真撮るならもっとキレイに作ればよかったなあ。
作り方
1 ボ-ルに小麦粉と熱湯を入れこねる。
なめらかになったら細かくちぎり、濡れ布巾をかけて30分寝かせる。

2 サルシッチャを皮から出し、醤油、生姜、酒、ごま油など好みの調味料で味付けして練る。日本では中国の甘味噌(テンメンジャン)や紹興酒を入れて味付けしていたが、ここでは中国人商店から買い物する勇気がないので、日本から持参した醤油、ごま油、日本酒で味付けした。でもサルシッチャ自体味があるので、味付けしなくても美味しいはず。

3 2で味付けした肉にポロネギのみじん切り(もしくは薄い輪切り)を加えて混ぜる

4 1で寝かせておいた生地を縦長の筒状にして端から細かくちぎっていく。私はこの分量で30-35個作る。ちぎった生地を麺棒で丸く伸ばして皮のできあがり。
生地をパスタマシーンで伸ばして丸い型でぬく方法もあるけれど、この生地はかなり軟らかいから私は麺棒で伸ばしたほうがラク。

5 餡を皮で包んでフライパンで焼くか熱湯で煮てできあがり。

家にあるものですぐできる簡単イタリア風餃子。サルシッチャを使ったせいか、和食が好きじゃないステファノも「美味しい」と食べてくれた。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-10-15 01:56 | イタリアン以外

カニクリームコロッケと冬瓜と蟹の煮物

最近朝夕はすっかり涼しくなってきたので、オーブンを使う料理もできるなあ、と久々にステファノのの好きなラザニアを作った。
d0140003_2053858.jpg

自家製トマトソースを使って大量にラグーを作り、パシャメルも、少し多めに作っておいて、ラグーは翌日タリアテッレと合わせ、残りのパシャメルには母のお土産、たらば蟹缶の蟹を入れて蟹クリームコロッケにした。
d0140003_2091097.jpg

蟹缶は大きいので、やはり全てはコロッケに使わず、残りの蟹をとなりのパキスタン人からもらった冬瓜(なぜか彼らは畑で冬瓜を作っている)の煮物に使った。
冬瓜をダシで煮て、冷やしたところに蟹の餡をちょっとかけて食べる。すごく美味しい。ステファノは以前蟹とキュウリサラダを食べさせたら「へんな味」とコメントしたので、冬瓜のみ。蟹のとろみ餡かけはつけてあげない。でも美味しいと喜んで食べているので、まあ良しとしよう。安あがりな夫だ。彼は私が日本に帰国している時もパキスタン3兄弟から冬瓜をもらい、グリルにして食べたそうだが、今では煮物のほうが美味しいと言っている。ヘンなところで和食好き??
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-09-06 20:21 | イタリアン以外

中国のお酢と冷やし中華

あいかわらず暑い日が続くモデナ、、夏になるとジリジリと肌を焼く太陽の感触がインドを彷彿とさせて、いつもインドに旅行したくなる。
楽しいインド旅行。子供が何歳になったら行けるのだろう、、。

そんなインド妄想以外にここ数日私の頭から離れなかったのは、「冷やし中華」。
冷やし中華って日本の夏って感じがして、一度イメ-ジするともうすごい勢いで食べたくなる。
(私だけでしょうか?)
特にゴマダレの冷やし中華だ食べたいけれど、家では毎日大量にとれるトマトやキュウリを消費する義務もあるので、やっぱりお醤油と酢ベ-スのタレで!と思い、早速近所の中華食材屋さんにお酢を買いに走った、、。
(うちにあるワインビネガ-やバルサミコではやっぱり和食には合わないので)

友人に「ボロ-ニャの中国食材屋さんにはミツカン酢も売っていた」という情報を聞いていたので、きっとカルピにもあるだろう、と踏んだのだが、結果は、、黒酢しかなかった。
カルピやモデナの中国人って圧倒的に上海周辺地域の人が多いんだけど、このカルピの「中国百貨店」PC、携帯から道教の神様の飾り物、鍋、炊飯器、テレビ、中国野菜、漢方薬、欧州華人新聞、豆腐、野菜の種、食材一般も揃っていて、ハウスのチュ-ブワサビも売ってるからミツカン酢もあると思ったけど、甘かった。別に千鳥酢が欲しいなんて贅沢は言わないから、せめてミツカン酢をおいてほしいなあ。

まあ、この黒酢、上海留学時代には小龍包などにつけると日本の酢より美味しかったし、中国風の「黒酢冷やし中華」も美味しいかと思い、早速家で調理してみた。
d0140003_1613617.jpg

キュウリの切り方が私のガサツな性格を物語っている、、。
体重が増加気味なので、野菜メインで玉子なしの冷やし中華。先日打っておいた中華麺で。
しかし、タレが、、やはり中国の酢は主張が強すぎていただけない。このお酢ってこんなに臭かったっけ?それとも腐ってる?
私の舌がイタリアの超ナチュラル味付けになれて変わってしまったのか、今では中国製の調味料のほとんどに不自然な味を感じて食べられなくなってしまった。

本日の教訓、、冷やし中華は「中華」と言えども和食なので、日本の酢を使ったほうが美味しい。日本帰国時に美味しいお酢を買ってこよう。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-13 16:08 | イタリアン以外

土鍋であわびご飯

先日、伯母がお土産に持ってきてくれた「煮貝」こと巨大あわび、、土鍋も手に入れたことだし、母の持ってきたこしひかりで、「あわびご飯」にしました。
d0140003_15113886.jpgd0140003_15245942.jpg










本日のお献立
銀鱈粕漬けホイル焼き
あわびの炊き込みごはん
たらば蟹と自家製キュウリの酢の物
自家製ナスのしぎ焼き
近所の農家のスイカ
自家製アプリコットのトルタ
麦茶

満足満足。そしてはるばる粕漬けやら蟹、ウニ、あわび、米を運んでくれた母や伯母に感謝。
しかし我が家には和食器というものがない。和風のランチョンマットかお盆もほしいところだけど、滅多にしない和食のためにそれらを運ぶのも、面倒だし。
近くに無印があったらなあ。ミラノはいいなあ。

少し早めに12時半頃お昼を食べると、まだ庭からは爽やかな風が吹いてきて、ク-ラ-なんて全く必要ない。
お昼時のキッチンは私の一番好きな場所だ。
こんなとき、ちょっと遊びに来て一緒にご飯を食べてくれる友達が近くにいないのが悲しい。
せっかく和食を作っても一人、、。やっぱり美味しさは誰かと分かち合いたいものだ。
あわびご飯、2合も炊いたので、残りはおにぎりにして、翌日食べることに。

夜、一応ステファノに「あわびご飯」と「キュウリとたらば蟹のサラダ」を食べるか聞いてみたけど、やっぱり断られたので、手打ちタリアテッレを自家製ズッキ-ニとエビのソ-スで食べた。
それにトマトとツナのサラダ。
キュウリとたらば蟹、マヨネ-ズと塩でさっとあえて洋風にしたけど、やっぱり好きじゃなかったらしい。「へんな味がする」ってそりゃ蟹の味だってば、、、ステファノ、、。

子供が生まれたらかわいい和食器を揃えて一緒に和食を食べよう。それが今の私の夢。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-07-09 15:39 | イタリアン以外

東京カフェご飯(イメージ)

今週もステファノは引き続きレッジョの病院でリハビリを受けているので、昼間は家にいない。
私は昼ごはんに好きなものが食べられて、かなりご機嫌。
東京の実家にいた頃、休日なんとなくお散歩で西荻や吉祥寺を歩いて素人臭い入れ替わりの激しいカフェなどのランチメニュ-を見ていたことをなつかしく思い出し、(でも食べていたのはソバとかラ-メンが多かったけど)昨日の昼食のテ-マはカフェご飯にしてみた。
d0140003_157384.jpgd0140003_1572453.jpg











左がピゼッリのポタ-ジュス-プ、右はウニのパスタ。
ウニとか明太子とかのパスタ、私は結構好きだけど、主人に受け入れられるはずもなく、、。
ポタ-ジュやクリ-ムス-プは主人はキライらしいけれど、私は大好き。
このス-プはたっぷりのバタ-でポロネギと玉ネギをしっかりやさしく炒め、そこに大量の庭から採れたピゼッリととろみのためのジャガイモ1つを入れて、2時間かけてとった自家製のブロ-ドを入れてしっかり煮込んだものを裏ごしして作ったもの。
すべて手作り、固形ブイヨン使用なし、仕上げに生クリ-ムを入れてもよし、そのままでも十分美味しい。温かくても美味しいけれど、よいお天気だったので、夏っぽく冷やしていただきました。
ウニのパスタは母の日本みやげの蒸しウニを使用、オリ-ブオイルにニンニクで香り出しをしておいたところにたっぷりのウニと少量のトマトを投入。ウニにエグみがあるようならすこ-しクリ-ムを足すと滑らかになるけれど、今回はけっこういいウニだったようなので、クリ-ムなしで調理。
一人の時はこういうちょっと和洋食もいいかも。
次のカフェご飯はクラブハウスサンドにしようかな、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-06-18 15:19 | イタリアン以外

あわびうどん

先月、母と伯母が遊びに来た時、山ほど日本の食材を持ってきてくれた。
私の好物の魚久の魚の粕漬けや、明太子、ウニ、蟹、、、その中でうれしかったけれど、一番どう料理していいかわからなかったのがコレ。
d0140003_1716838.jpg

写真じゃわかりにくいけれど、かなり大きいです。これ、、。我が家じゃこんな大きなあわび食べたことありません、、。
説明書を読むと、「スライスして酒のつまみに、バタ-で焼いてあわびステ-キ、煮汁を利用してあわびうどんに、、、。」
うどん?パスタマシンがあれば簡単にできるような気がするし、あわびうどんって美味しそう?って訳で、昨日はリハビリに出かけたステファノのいないうちにうどんを打ち、付け合せに庭からとれたピゼッリとたまねぎ、小エビのかきあげを作り、
「あわびうどんとかきあげ丼定食」にしてみました。
あわてて食べたので、写真は撮り忘れました。
夜はそのまま「かきあげうどん」を作って試しにステファノに食べさせてみると、、
警戒しながらも結構食べた、、。
「天ぷら、美味しい」とのコメントも出たし、昨日は私も上機嫌。

しかし今まで夫が「美味しい」と食べた和食はかき揚とタコ焼きのみ。あ、ラ-メンは食べてたか、、、
焼き魚、味噌汁、茶碗蒸しは拒否され、そばとカレ-は「次回からは自分の分はいらないよ」と言われた。
今度から和食が食べたくなったら天ぷらにしようかな、、。
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-06-10 17:28 | イタリアン以外

お好み焼き

ステファノが入院している間、一人だと料理する張り合いもないので、適当なものばかり食べていた。一人だといくら食べても減らないキャベツを処分しようと作ったお好み焼きがとても美味しかったので、ちょっと紹介。
d0140003_3593586.jpg

生地は小麦粉を水でといただけのもの。でも、この日は前日の豚汁の残りがあったので、豚汁の上澄みのダシを生地に足してみたら、それはそれで美味しかった。
クレ-プのように薄く生地をのばしたら大量のキャベツの千切りをのせ、真ん中にくぼみを作り卵を落とす。卵の周りにソ-スで炒めたソバをのせ、豚バラ肉を散らして両面をよく焼いたら出来上がり。
日本から持ってきていたオタフクソ-スと青のりがあったので、よりお好み焼きらしくできあがった。
ちなみに焼きそばはタリアテッレやラザニアを作った時のパスタの余りを細く切って乾燥させておいたもの。それを軽く茹でてからソ-スで炒めた。
日本の焼きそばとほとんど変わらない味になるので、いつも生パスタの端っこで少し自分用の中華麺(?)を作って乾かしておく。
いつもはとろろ昆布と鰹節も生地にかけるのだが、とろろ昆布はつわり?で食べられないので、今回はナシ。
ソ-スがあれば簡単にできる和食,お好み焼き。野菜も沢山食べられるし結構お勧めです。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-05 04:10 | イタリアン以外

牛肉麺食べ比べ

我が家では、ほとんど毎日手作り料理を食べている。
冷凍のお惣菜とかピザとかのたぐいもス-パ-にはあるが購入したことはない。
野菜、肉、小麦粉、卵、米、乾燥パスタ、塩、ハ-ブでほとんどのものが作られているので、化学調味料を使う余地がない。
出来合いのもので購入するのはプロシュ-トやサラミ、チ-ズ類だが、これらもそれほど添加物は含まれていないはずだ。(いいもの買ってるし)
外食もわりとちゃんとしたレストランでするので、日本のコンビニ弁当やファ-ストフ-ド、駄菓子など明らかに体に悪いものを食べる機会はほとんどない。
こうなると、たまにすご-く化学的なものが食べたくなることがある。

例えばよっちゃんイカとか真っ赤な水に入ったすもも漬けとか、カ-ルのチ-ズ味とかすごくいい香りだけど、明らかに化学的な味付けのケンタッキ-フライドチキンとか、インスタント焼きそば(ペヤングかUFO)とかだ。

駄菓子などが手に入るはずもないし、わざわざ遠くまで行って決して安くない金額を払ってハンバ-ガ-を食べる気もしない。そこで登場するのが、中国人商店で売っているインスタントラ-メン。(1個50セントくらい)月に1度くらい食べてしまう。

カルピには「中国百貨店」があり、白菜でもチンゲン菜でも春巻きでも冷凍小龍包でも売っている。百貨店だけあり、PCも炊飯器も売っている。中国語新聞も売っていて、カルピの華人向け求人情報も手に入る。ここで私は中国人だと思われていること間違いなし。
(イタリア語話したことないし)
ここに行くと色々買いたくなるが、(とくにザ-サイとか漬物系)やっぱり危険だと思うので、なるべく我慢している、、が出前一丁はついつい買ってしまう。
(日清製粉がドイツ工場で作っているので少し安全な気がするし)

先日、出前一丁の「海鮮味」を探しに行くと、なぜか売り場には「牛肉麺」しかなかった。
しかも、中国知名度NO1の康師傳、台湾ブランド統一、日本の日清製粉が作る出前一丁の3種類。
d0140003_1645313.jpg

これは気になる。食べ比べを、、と危険を承知で3点とも購入。

まずは中国留学時代、40時間の列車の旅の途中、ぬるいお湯でふやかしてよく食べた中国のラ-メンから、、。と思って味見すると、、。

まずい、、。こんなに強烈な化学調味料だったか?中国は化学調味料天国なのは知ってるけれど、昔の思い出より格段にまずいことに驚愕、、。

その後統一のラ-メンを食べると、適度にエスニックでスパイシ-な香りと別袋に入った野菜などの乾燥した具が豪華でなかなか高得点。

そして出前一丁。日本らしいやさしい甘みのあるス-プでいくらでも食べられそう。麺は一番美味しいけれど、具はネギっぽいものしかない、、。豪華さはゼロ。

味見したあと、久々に化学的なものを食べ過ぎたせいかかなり気持ち悪くなってしまった。
もう当分ラ-メンはいいや。

イタリアで自然な食生活をしていると化学調味料に弱くなる気がする。
大好きな「よっちゃんいか」でも気持ち悪くなるかなあ、、、。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-04-15 17:06 | イタリアン以外


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧