モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:ロマニカ( 4 )

さよならカルラ

昨日はモデナのイタリア語学校、ロマニカで一緒に勉強していた中国人Dさんが久々にロ-マから戻ったので、ランチの約束をし、モデナの中華料理店へ行った。
このレストランはDさんがウエイトレスをしていたお店で、餃子もちゃんと手作り。冷凍餃子のように農薬の危険もない。麺類は乾燥麺だし、たいした味ではないが、中華丼がけっこう熱々で好きだ。ここはイタリアの中華料理店の中では美味しい方だと思う。
久々に会ったDさんから、また色々強烈な中国人話を聞いたけれど、彼女は基本的にロ-マの生活を楽しんでいて、髪型なども少し垢抜けた(というかイタリアっぽくなった)。
しかし彼女が真っ赤な「one world one china」のTシャツを着ていたのに目が釘付け。
突っ込むとケンカになりそうだから黙っていたけど、彼女も洗脳されてるのかなあ。

Dさんとロマニカの話を色々し、お世話になった先生に会いに行こう、と久々に学校へ向かった。
校長のエリザベッタやプライベ-トレッスンをしていたエレナと話していると、「実は今日は受付のカルラの最後の出勤日で、彼女はイギリスへ帰ることになった」という話を聞いてビックリ!カルラは両親がイギリス人とイタリア人で英語とイタリア語ができ、ロマニカの秘書として、とってもがんばって働いていたのだ。

彼女の勤務時間後に彼女のためにパ-ティ-を用意しているから、来るようにと誘われ、急遽参加することにした。
d0140003_054869.jpg

パ-ティの様子はこんな感じ。
カルラはイタリア人の彼氏を連れてイギリスへ帰ることにしたらしい。
長い間、いつも笑顔でお仕事、お疲れ様。
d0140003_0571048.jpg

左がカルラ。右は教師のエレナ。彼氏はイレズミを入れる仕事をしている。彼女も全身にタトゥーが入っていて、「日本でプ-ルに行けないよ」と日本人学生にいつも言われていた。

カルラは退職し、スザンナとアンナ(教師)は産休中。
エリザベッタとオリアナはいつも大忙しのようだ。

ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-05-18 01:07 | ロマニカ | Comments(9)

スザンナの赤ちゃんとベビーシッターの仕事

昨日はモデナのイタリア語学校、ロマニカで会話の授業を担当してくれていた教師、スザンナのお家へお邪魔することになっていた。
スザンナはただいま育休中。去年12月に出産して今年8月まで休むと言っていたが、産休あわせると1年休むんじゃないかな?
日本でこれだけ休むのは難しいだろうと思う。

スザンナは老けて見える人が多いイタリア人の中ではとても若く見えるかわいい先生で、新婚旅行では日本へ行った親日家。
緑茶もせんべいも大好きらしい。
キッチンの入り口には暖簾があったし、、。

昨日はお天気もよかったのでモデナ在住のお友達とパルマ在住のお友達とバ-ルの野外席で軽くパスタを食べ、3時過ぎからスザンナのお家に向かった。
d0140003_15281834.jpg

これがスザンナの娘、アンナちゃん。ご主人は南の出身だということは聞いていたが、スザンナより濃い髪や目の色はご主人似?それに相当毛深かった、、。
「私も妊娠したかも-」という話をしていたら、「保育園の空きが少なく、入れない可能性が高いから入れなかったらベビ-シッタ-しない?」と誘われた。
もし妊娠していて、自分の子供が生まれるなら、どうせ働きに出れないし、知り合いの子供を預かってベビ-シッタ-するのもいいバイトかも?
ブログランキング参加中。クリックよろしくお願いします。→ 人気ブログランキングへ
[PR]
by mimicarpi | 2008-04-17 15:37 | ロマニカ | Comments(2)

友達

私がイタリアに来てすぐ、まだイタリア語も話せなかった頃、一番に友達になったのは、同じモデナのイタリア語学校、ロマニカに通う友達だった。
私たちのクラスはモンゴル人と中国人と日本人の3名のみ。それもそのはず、超初級クラスで、冠詞から勉強するのはアジア人くらいだもんね。

モンゴル人のGさんはモンゴルの大学で英語講師をしつつ、外国人向けガイドもこなす働き者。3ヶ月留学し、イタリア語を習得した現在はイタリア語でもガイドをしている。
Dさんは中国で大学の法学部を卒業しているエリ-ト。大学卒業までは、モデナ郊外の工場で働いている両親の仕送りで何不自由なく育ったお嬢様だ。

私たち3人は仲良く、学校では(みんな英語が話せたけれど)イタリア語で話し、放課後はよく一緒に食事をして、モデナの町を散策した。
Gさんは帰国してしまってメ-ルのやり取りのみの付き合いだけれど、Dさんは数少ないイタリア在住の友人の一人だ。

在学当時、Dさんはロマニカの1ヶ月の学費は中国の大学の1年分の学費だと言って、両親に負担をかけないために学校近くの中華レストランに就職。住み込みでウエイトレスを始めた。
自分で稼いだお金で学費を払い、交通費の必要ない学校近くに住み込んだDさんを見て、私は感心した。すごい実行力だなあ。

その後、ロマニカでイタリア語を大分習得したDさんはロ-マにある中国人経営の洋服の問屋に就職。そのお店には様々な洋服のサンプルがあり、世界中のバイヤ-?が洋服を買いにくるので、英語もイタリア語も上達すると、彼女は現在の仕事に満足している。

そんな風に書けば彼女のイタリア生活は順風満帆で、苦労がなさそうだが、彼女はかなり苦労もしている。ちなみに今住んでいる家は3LDKタイプのアパ-トだが、中国人17人との同居らしい。以前遊びに行ったモデナのレストラン従業員用アパ-トは3家族同居なのに、トイレのドアがなかったしなあ。

そんな彼女から、久々に電話があった。
モデナのレストラン時代のお客さんだった工場の社長が中国語のできる従業員を探しているとのこと。仕事は広東省にある自社工場との連絡係らしい。
年末、モデナに戻った彼女に「秘書失格」話をしていたので、気にかけてくれたらしい。ありがたいことだ。

この話を受けるか受けないかはともかく、こうして離れても気遣ってくれる友達がいることはとてもありがたい。
実際、語学もできず、田舎の家に閉じこもって生活していたら、友達を探すのも一苦労だ。
イタリアに来てすぐロマニカで勉強を始めたお陰で、Dさんを始め、沢山の友人と知り合えた。
ちなみに1月は諸手続きや来客が多く、多忙だったので、学校は休んでしまったが、ボロ-ニャ小旅行に快く参加させてくれたり、本当に親切な学校だと思う。
d0140003_18343548.jpg

写真は学校の前で毎週火曜日に開かれるBio(有機食品)の市場。
午前中授業を受けて、すぐ買い物して帰れる主婦の味方です。
[PR]
by mimicarpi | 2008-01-19 18:43 | ロマニカ | Comments(4)

ボロ-ニャ小旅行

昨日はモデナのイタリア語学校、ロマニカの課外活動で、ボロ-ニャへ行ってきた。
モデナからボロ-ニャへは電車で約20分。午後の小旅行も十分楽しめる。

ボロ-ニャへは我が夫、ステファノと何回か行ったことがある。彼は一般人なので、それほど町について知っている訳ではなく、ただぶらぶらとチェントロを散策しただけだった。その時ステファノが教えてくれた裏話といえば
d0140003_1673013.jpg
ボロ-ニャのシンボル、このネプチュ-ン像はある角度から見ると大変恥ずかしい様子に見えちゃうんだよね、、、。ふっふっふ、、、
という中学生並みの解説だけだった。
(いやステファノの名誉のために言っておくと、私の印象に残ったのがそれだけだったのかもしれない。)
学校ではもちろん、そんな低俗な解説はしないで、とても面白い話を沢山聞けた。





この日の引率はエレナというとってもフレンドリ-な先生。
d0140003_16115753.jpg


この日一番印象に残った場所はサンステファノという教会。
チェントロの少し奥まったところにあって、いくつかの古い教会が一緒に建っていた。
その中の聖職者の居住スペ-スはとても静かで、あのダンテもボロ-ニャ滞在時、ここで思索にふけったという「ボロ-ニャで一番静かな場所」らしい。
しかもあのプロディ首相の家はこのすぐ近くだとか。
d0140003_1615249.jpg


他にも、美しい人妻が夫に内緒で愛人と密約をするのに使ったといわれる内緒話ができる不思議な壁や、お金持ちの娘に一目ぼれした農民がその父親から結婚の条件として提示された「ボロ-ニャで1番高い塔」を建てる話など、ウソか本当かわからないけれど、イタリアらしい人間くさい逸話を聞きながら、ボロ-ニャの町を散策した。

語学学校に通うと、語学だけでなく、色々学べて本当に金額以上の価値があると思う。
[PR]
by mimicarpi | 2008-01-16 16:32 | ロマニカ | Comments(4)


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧