モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ルイジのイタリア語 mamalife

今回のイタリア帰国でとっても良かった変化が一つ。
それはたった2週間の滞在でもルイジのイタリア語が目に見えて上達したこと。

我が家はステファノが日本語を話せないので、家庭内では基本イタリア語で会話している。
でも、ルイジは学校も保育園もバッチリ日本で行ったので、もちろん日本語のほうが得意。
なので三人でいるとき、私に話しかける場合など、どうしても日本語でしゃべってしまう。
何度、三人の時はイタリア語で、と言い聞かせてもほとんど効果ナシ。
しかもほぼステファノ以外とイタリア語を話す機会がないので、たまに、別のイタリア人に話しかけられても、日本語で私に助けを求める始末だった。

今回の帰省はクリスマスシーズンだったので、子供たちもお休みで家にいて、近所の子供と遊ぶことができた。
それにステファノの親戚に沢山会ったので、イタリア語で会話をせざる得なかった。

そのためか、滞在中からルイジはかなりイタリア語を積極的に話はじめ、帰国後もかなり話している。
何よりうれしいのは、イタリア語の寝言を言うようになったこと。

私が大学時代中国語を学んでいたころ、先生に「中国語の夢を見るようになったらそれなりのレベルになってきたと思っていい」と言われたのを覚えている。
確かにある程度不自由なく話せるレベルにならないとその言語をしゃべっている夢は見ないかも。
(私も中国語とイタリア語の夢は見るけれど、英語の夢は見ないし)

来年も何とかして帰らせてあげたい。国際結婚、日本在住、共働き家庭はどうやって時間を作っているのかなあ、、日本の会社、長期休暇とりにくいし、イタリアは遠いし、、


d0140003_13255673.jpg
大きくなったルイジ。もう8歳。フレッチャロッサに乗りたくて、ヴェネツィアから入国してみました。

[PR]
by mimicarpi | 2017-01-31 13:32 | 出産、育児 | Comments(0)
<< 宿開業準備 手続き編1 イタリアへ里帰り1 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧