モデナの食卓


硬派イタリア人ステファノの超シンプルレシピとモデナ+信州生活
by mimicarpi
mimiのプロフィ-ル
イタリア、モデナ近郊の田舎町カルピからイタリア人の夫ステファノと、息子のルイジを連れて日本へ移住してきました。現在、二つのアルプスに囲まれた南信州に中古住宅を購入、イタリア気分が楽しめる宿を作ろうと改装中。日本にいても家庭内はイタリア語、食事も毎食イタリアンです。

モデナのロマニカで勉強しました。留学やイタリア生活に質問などありましたら、お気軽にメ-ル下さい。
mimicarpi@excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

日本生活1年を振り返って

日本に来たのは去年の春だった。

1月からの移住計画が、震災の影響で一度イタリアへ避難したり、そのため、就職を決めていた農家さんとのお話を一度白紙に戻したり、ただでさえ、少ない移住資金をイタリアとの往復でさらに使ってしまい、もう移住なんてあきらめたほうがいいのかも、とも何度も思った。

私はとりあえず1年フルタイムで働いてみたが、ホテルの仕事は同僚も良い人たちで、何とかやってこれた。(こちらももちろん大変なことは沢山あったけど)
小さなリゾートホテルではあるけれど、たまにはイタリア人や中国人が来て、語学を活かせるチャンスもあるし、フルタイム勤務は大変だけど、今では家事はほとんどステファノがしているので、(というか、お互い休みの日はその人が家事担当。それ以外は一緒にする感じ)なんとかなっている。

ステファノは大きな農業法人でバイトを週3回からはじめたが、夏以降はほとんど平日毎日働かせてもらえるようになり、収入も安定してきた。
去年は一年目で、その会社の人手が必要なところでの仕事、(お米やお蕎麦、ネギ、ペペロンチーノの収穫、農具の修理、薪割り、肥料作りなど?)もうなんでもやっていた。
彼なりに学ぶところは多かったらしいし、社長さんもステファノにとてもよくしてくれていて、夢へ向かって大きく前進しているようだ。
今年は直売所の近くにあるハウス内にイタリアのトマト作り、露地のペペロンチーノの増産、イタリア野菜とハーブ畑をまかせてもらえるらしく、将来は自分でイタリア野菜をつくりたいステファノにはピッタリの仕事だと思う。

ちなみにこの農業法人さんの企画で、ステファノはイタリアの家庭料理講座を2回ほどした。
今月、もう一度やるようで、これも収入的にも彼のモチベーション的にも結構良いものなので、本当にありがたいと思う。
ステファノの夢である農家+ホテル経営の夢については、農業については順調にすすんでいると思う。
農家だけでは食べていけそうにないから、しようと言っていたホテル計画については、遠い道のりだ。今はとにかく家探し中。

月4万円で家、蔵、竹林、棚田つきの家があって、ステファノはそこが一番気に入っているようだが、私は職場まで車で30分近くかかることと、家の前の道が小型自動車しか通れない幅で、(うちのオンボロファンカーゴでギリギリな感じ)雪とかが降ったら通勤できなさそうなのが怖くてあまり乗り気ではない。しかも地すべり警戒区域だし。(田舎の傾斜地はみんなそうみたいだけど)
たとえそういう家を借りても、お風呂とかトイレは手を入れないと人を泊めるのは難しそうだと思うし、まあ、色々考えるところはある。

まあ、ステファノが気に入る家がみつかったら

1 農家民宿(イタリア野菜が買える田舎のベッド&ブレックファースト)
2 1日一組限定の完全予約制農家レストラン(僻地なので希望すれば格安で泊まれる)
3 農家のカフェ

のどれかができたら、という感じで話している。
あくまで副業的にするので営業時間が長いカフェは厳しいね、というのが私たちの考え。
私も当分今の仕事を続けたいしね。
d0140003_7361024.jpg

ルイジはすっかり日本人!節分で鬼のお面つくりました。後ろで鬼を演じるステファノ。お面よりコワイ、、、
[PR]
by mimicarpi | 2012-03-11 07:40 | 日本移住 | Comments(10)
Commented by chizuko at 2012-03-11 09:47 x
きゃーすてき!そんなところ泊まりに行きたい!!隠れた人気スポットになって、予約がなかなか取れなくなりそう~。
Commented by Bolognamica at 2012-03-11 20:17
お久しぶりです、mimiさん。
もう1年になるんですね~・・・色々変化の多い1年で濃厚で思い出深いアッという間の1年だったのでは?^^
mimiさん達が日本へお試し移住・・というのを聞いた時は、すごくビックリしましたけれど、でもちゃんと確実に一歩一歩前進されているのがすごいです。
ステファノさんも日本の生活に馴染まれているようですし、仕事も見つけられて、しかもイタリア家庭料理のコルソまで!すごい!
これは結構人気出るのではないでしょうか?実際イタリア人から直接教わるわけですし、ステファノさんの人柄も人気を呼びそうですョ♪
いつかmimiさん達の夢が叶って、ほんとchizukoさん↑もおっしゃってるように、オシャレな雑誌とかに紹介されていそうな感じがします~
遠くボローニャから応援しています!
Commented by Mari at 2012-03-15 12:24 x
お互い引っ越して、もうじき1年だね。こちらも家族ですっかり田舎生活に溶け込んでいます。今月末に島内でもう少し広い家に引越し予定。その前に1週間ほど東京に帰京します。また、会える日を楽しみにしています。
Commented by eriko at 2012-03-20 22:56 x
mimiさん、何度か私のBlogにもコメントありがとうございました。
日本に来てからのこの1年、本当に色んな事があったんですね。
一番はやはりあの震災ですね。
イタリアに一時帰国したりしながらも、わずか1年で
良くここまで生活の基盤を整えられましたね。
やっと今年から本当の意味での日本生活が始まる私達には、ホント、羨ましい限り。
ステファノさんも週3回のバイトから、今ではしっかり仕事を任されて
イタリア家庭料理のコルソまで担当されているとは!!!
でも、一番頑張ったのはmimiさんですよね。
ルイジ君もすっかり日本男児になって~~
私としては是非①の農業民宿をやってもらいたいです。
近い将来、mimiさん達の夢が叶いますように!
私達も頑張ります♪
Commented by mimicarpi at 2012-03-23 15:48
chizukoさん
ステキかどうかは??ですが、東京出身の私には本当に考えられない立地条件の借家が結構あることにびっくり!
竹林とか山林って一体?
Commented by mimicarpi at 2012-03-23 16:11
Bolognamicaさん
ご無沙汰しております。
主人は言葉ができないわりにはがんばっていると思います。本当に。イタリア料理のコルソはこんな簡単でいいの?っていうようなメニューばかりですが、好評なようで、、主人も楽しんでいるので、ありがたいことです。
オシャレな雑誌に出るのは夢のまた夢ですが、まずは住みやすい一戸建てに引越しを目指してがんばります。
Commented by mimicarpi at 2012-03-23 16:13
Mariさん
本当にもう1年ですね。
引越しうらやましい。私たちも今のマンションが手狭で早く引っ越したくて、引っ越したくて。うまくタイミングがあったら東京で会いたいですね。ルイジの日本語の上達を見てほしい。
Commented by mimicarpi at 2012-03-23 16:28
erikoさん
コメントありがとうございます。
イタリアへ嫁いだ時の100倍、忍耐力が必要だったイタリア夫と2歳児を連れての日本移住。(しかも実家から遠く離れた土地へ)1年間、何度ももうイタリア(か東京)へ帰りたいと泣きました。(笑)やっと少しは落ち着いてきましたが、erikoさんはこれから、ご主人が慣れるまでのサポートなど、本当に大変だと思います。(ブログ読ませて頂いて勝手に共感してます)どうかムリせずがんばって下さい。のんびりしたくなったら、長野にも遊びに来て下さいね。
お互い、夢にむかってがんばりましょう。
Commented by kyuena at 2012-03-30 05:11 x
この1年、おつかれさま!移住前後から更新が減って「元気にやっているかな」と思っていたけれど、Mimiさんらしく見知らぬ土地で着々と生活を基盤に乗せているようで安心しました。最初の1年は慣れの1年だよね・・・GJ。これからも体に気をつけてがんばって!
Commented by mimicarpi at 2012-05-11 10:34
kyuenaさん
お疲れ様ー。慣れの1年、そちらはどうでしたか?私もどうしてるかな?って時々思ってるよ。帰って来る時は連絡してね。
<< 駒ヶ根周辺の国際結婚カップル 地下鉄博物館 >>


検索
最新のトラックバック
クラシックなトラクター
from トラックドライバーの日常
寒波襲来
from 森の国
逆子を治す体操
from 逆子を治す体操
ロールケーキ好きが作るロ..
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧